2019年09月04日

痛みの震源地トリガーポイントに対するケア 中臀筋編

みなさんこんばんは!


毎週火曜日は「肩こり・腰痛」をテーマにお届けいたしております。


今日は、痛みの震源地トリガーポイントに対するケア 中臀筋編というテーマでお届けしたいと思います。


以前、大臀筋・小臀筋にトリガーポイントがある場合についてご紹介したことがありますが、今日は中臀筋です。


筋肉に詳しくない方も多いと思いますので、前提知識としてご説明させていただくと、お尻・・臀部には大まかに3つの筋肉があります。

・大臀筋

・中臀筋

・小臀筋


の3つです。

みんなお尻の筋肉なので、同じような働きをするのかというと、実はそれぞれ働きは微妙に違います。


まず、一番大きい大臀筋ですが、これは、走ったり歩いたりする時に太ももの骨を後ろに運ぶ時に使われる、いわば「エンジン」のような役割を果たします。


この筋肉が強ければ強いほど力強く走ったり歩いたりできるわけです。


これに対して中臀筋、さらにその横にある小臀筋は、走ったり、歩いたりする時に、骨盤が左右に振れるのを防ぐ働きがあります。


着地の時にどうしても骨盤は、外側に「振れる」作用が働きます。


これをいかに安定させるのか?は、人が動こうとする時にとても大切なポイントになります。


中臀筋は小臀筋よりも少し内側についていて、その名の通り、小臀筋よりは少し大きい筋肉です。


そのため骨盤を安定させる働きも小臀筋よりは大きいパワーを使えます。


その反面トリガーポイントも小臀筋よりできやすい可能性も高いです。


では、中臀筋はどこにトリガーポイントができやすいのか?ですが、小臀筋よりは、少し上の、骨盤の付着物近辺にトリガーポイントができやすいのが特徴です。


IMG_5856.jpeg


小臀筋の場合は、それより少し外側、やや下にできやすかったので、微妙に違うといえば違います。


痛みが出るポイントは、小臀筋とそれほど変割らず、臀部周辺を中心に痛みが出ます。


IMG_5857.jpeg



これは大臀筋、中臀筋、小臀筋とも共通で言えることですが、通常痛みの震源地であるトリガーポイントと、実際に痛いところは、違う箇所になることが多いです。


しかし、臀部の筋肉群に関しては、トリガーポイントと痛みが出るところはかなり似通っています。


また、小臀筋、中臀筋とも、足を外側に広げる時に使われる筋肉です。


これは言い換えれば「o脚」の人は、この筋肉が常に緊張していることになるので、この骨盤外側の筋肉にトリガーポイントができる可能性は高いです。


では、対策としてはどんな対策があるのか?です。


ストレッチとしては、足を伸ばして座り、そのまま片膝を立てて、足を組み、その組んだ足に手をかけて体幹をひねるストレッチが基本になります。


体幹をひねるストレッチではあるものの、組んだ足に手をかけて力を入れる時に、中臀筋もストレッチされます。


10秒を数セット行うのを目安に実施してください。


IMG_5859.jpeg



マッサージとしては、椅子に座り、お尻の中央やや外側を親指で押すようにしましょう。


これを10秒ほどグッと押していただき、それを数セット繰り返すようにしてください。


IMG_5858.jpeg



なかなか、大臀筋・中臀筋・小臀筋と同じ臀部の筋肉で痛みが出る範囲も似通っているので、どこの筋肉にトリガーポイントができているのかちょっとわかりづらいと思います。


そういう時は、大臀筋・中臀筋・小臀筋それぞれ全てに今までご紹介したケアを実施していけば概ね全てを網羅できます(^^)


大きな筋肉で場所も少し広いですので、ぜひ色々な対策をとって筋肉のケアに当ててください(^^)


臀部周辺に痛みが出るという方はよろしければご参考にしてください(^^)


ではでは!!!

posted by てっちゃん at 00:11| 腰痛