姿勢・身体の歪み

ランニングシューズ(トレーニングシューズ)の「正しい」選び方

ランニングシューズ

足に合ったランニングシューズ選びの基本

みなさんこんにちは

パーソナルトレーナーの野上です

今日はランニングシューズ全般の選び方の基本についてお話ししたいと思います。

自分の走りにあったシューズをいかに選べるか?は、正しい走りのフォームを考える上でもかなり大切です。

間違ったシューズを選ぶと「ゆがんだ走り」を誘発させやすくなってしまいます。

そんなことにならないためにも、正しいシューズの選び方をご紹介したいと思います。

ジョギングを趣味にされている方も多いと思います。

また、これからちょっと走ってみようかな・・・なんていう方もいらっしゃるかもしれません。

そしてそういう方の中には当然、かっこいいシューズやウェアを揃えるなど、形から入ってモチベーションを上げる方もいるでしょう。

しかし、心機一転せっかく新しく買ったランニングシューズが自分に合わなかったら・・・

悲しいですよね(TT)

そこで、「足に合ったランニングシューズの選び方」というテーマでお届けしたいと思います。

自分の足の形から選ぶ

まず、1番の基本は、自分の足の「形」です。

なかなか自分の足の形をしげしげとチェックしたことがあるという方は少ないと思います。

ここでのポイントは、「親指の長さ」です。

足の親指が、隣の人差し指に対して「長い」のか、「短い」のか・・・

はたまた同じ長さなのか・・・

まずはここをチェックします。

  • 足の親指が隣の人差し指より長い形を「エジプト型」と言います
  • 足の親指が隣の人差し指と同じ長さの形を「ギリシャ型」と言います
  • 足の親指が隣の人差し指と同じ長さの形を「スクエア型」と言います

これをチエックしたら、次にチエックするのは「靴」です。

シューズの形から選ぶ

靴の一番先端が、どの位置にあるのかをチェックします。

え? ランニングシューズって、全部同じ形じゃないの?と思われている方も多いかもしれませんが、これ実は違いがあります。

ランニングシューズには

  • カーブ型
  • セミカーブ型
  • ストレート型

があります。

カープ型の方が先端は内側に入り、セミカーブ型・ストレート型となるにつれ、先端はどんどん中央によってきます。

まだ他にも考えなければならない要素はあるものの、この場合基本は、

  • 「エジプト型」→・カーブ型
  • 「ギリシャ型」→・セミカーブ型
  • 「スクエア型」→・ストレート型

と選ぶことが基本になります。

自分の走り方から選ぶ

次に考えなければならないのは「着地のパターン」です。

走りの着地は概ね3パターンあります。

  • かかとから着地する
  • つま先から着地する
  • フラットに着地する

です。

「走る速度」と「シューズの性格」が合っているのか?

まず、よく言われることですが、ランニングシューズを選ぶときにポイントになるのは、「走る速度」と「シューズの性格」が合っているのかどうかです。

走る速度と、着地に関しては密接な関係があります。

一般的には、スピードが遅い初心者ランナーはかかと着地になることが多く、スピードが上がってくるうちに、フラット着地や、つま先着地になってくるものです。

ただ、これには例外もたくさんあり、一流のアスリートランナーの中にもかかと着地で走る方もたくさんいるので一概には言えないところはあります。

また、シューズのタイプとしては、

底が厚く、重さも安定性重視のために重たく作られているのが「ジョギングシューズ「」です

底の厚みはそこそこで、安定性よりもやや軽量性に重点を置いているのが「ランニングシューズ」となります。

そして、軽量性と地面からの反発力を最大限に利用できるように底がかなり薄く作られているのが「レーシングシューズ」になります。

そしてここで難しいのが「かかと着地の方はジョギングシューズとはいかない」点です。

というのもジョギングシューズの中にもいろいろな「形」があります。

特に見てもらいたいのは「かかとの形」です。

シューズを横から見たときに「かかとの部分が張り出している」シューズをよく見かけます。

かかと着地の方が、このようにかかとが張り出しているシューズを使用すると、着地のたびにそこがぶつかりシューズの中で足がずれてしまうのです。

かかと着地の方は、ソールのかかと部分が張り出しているシューズは選ばない方が良いです。

ではどれをチョイスしたらいいのか?ですが、先ほどのスピードと着地よりも、より相関性の高いチョイスの仕方があります。

それは「ストライドに合わせる」です。

ストライドの幅が狭いタイプのランナーは「ジョギングシューズ」をチョイスした方が良いでしょう。

そこから少しずつ、ストライド幅が広くなるにつれ、ランニングシューズ、レーシングシューズとなっていくと良いでしょう。

ただ、ストライド幅とは、やはりスピードと直結するので、ランニングの速度で換算すると、

  • キロ6分台で走る方はジョギングシューズ
  • キロ5分台で走る方は、ランニングシューズ
  • キロ4分台で走る方はレーシングシューズ

を選んだ方が、速度レンジとシューズのマッチンクが良いと言えます。

また、先ほどのかかと張り出しのないシューズを初心者が履くと、それだけでストライドが広くなり走りのスピードが早くなる方もいます。

この辺は、まさにシューズ選びが実は難しく、大切であるという点を表しているポイントだと思います

次のページへ >

オススメ

YouTube Fitnetssfield
チャンネル登録者数1万人突破!

インストラクター&パーソナルトレーナー歴30年の野上が、ブログでは書ききれなかった情報をYouTubeの動画で分かりやすく解説しています。

\ チャンネル登録お願いします /

YouTubeチャンネルはこちら

-姿勢・身体の歪み
-, , ,

© 2020 Fitnessfield(フィットネスフィールド)