筋力トレーニング

僕がスミスマシンでのベンチブレスをお勧めしない理由

スミスマシン(Smith Machine)

皆さんこんにちは

パーソナルトレーナーの野上です

今日はまず皆様とのやり取りからご紹介したいと思います。

質問
ベンチプレス関連でお聞きしたいのですが、よくバーベルを上げる時に真っ直ぐではなく、少し弧を描くように上げろと言われるのはどの様な理由からでしょうか?もしよろしければ教えて下さい。
野上鉄夫
と言うより、あげる軌道自体がそもそも「孤」ですから・・・意識をそれに近づける意味もあるのかもですね(^^)
質問
そうなんですね!返信ありがとうございます

というものでした。

そうなんですよねー・・・・・・

いろいろと誤解ありますよねー・・・・(^^;

だから「スミスマシンは嫌い」なんですよねー・・・・(TT)

「スミスマシンは嫌い」なんですよねー・・・・(TT)

えーっと・・・失礼しました。

えーっとですね・・・・何から話そうかな・・・・

ます、簡潔に言いたいことを言わせてもらうと「筋トレの動作は全て「まっすぐに動いている動作なんか一つもない!」のです。

例えばこのやりとりに上げられた「ベンチプレス」がいい例です。

バーベルでベンチプレスする場合、ラックからバーを外してホールドするときは、腕は床と垂直になっていると思います。

腕の付け根は「肩」です。

肩からまっすぐ90度に腕を伸ばしているとも言えます。

でも、バーを下ろしていくと、バーは普通「胸」に下ろしますよね?

つまり「肩」よりは「やや下」にバーを下ろしていくわけです。

でも上げて腕を伸ばしたら、やっぱりスタートポジションは同じなわけで・・・・

そう、つまりベンチプレスは腕を床と90度の軌道でまっすぐ上げ下げしているわけではなく「斜め」の軌道・・・・

もっと正確に言えば「孤」を描いているんです。

これは何もベンチプレスだけでなく、例えば「腕立て伏せ」もそうで、つま先を支点に上体は「円」の動きをしていますよね?

なので「腕をまっすぐ下に伸ばしているようで腕立ての軌道も「孤」を描いているのです。

スクワットもバーベルの軌道を横から正確に見ると、決して「まっすぐ上げ下げ」しているわけではなく、緩やかに「孤」を描きながらバーが動いているものです。

人間の動きは「骨」と「骨」をつなぐ関節が「円」の動きをしています。

それが組み合わさって、さも「まっすぐ」動作をしているように見えるものなのですが、実は「まっすぐ動いている軌道」なんて一つもないんです。

「スミスマシン」は、バーベルのようにプレートを左右につけて「軌道をまっすぐに動作する」マシンですが、このスミスマシンの動きは、正直、人間工学を全く無視したトレーニングマシンであると思っています。

慣れてしまえばそうでもないのでしょうが、正直それでも「不自然」なトレーニングだなあ・・・

と、スミスマシンを使うたびに痛感します(^^;

できれば、バーベル、ダンベル・・・

はたまたスミスマシンでトレーニングするくらいなら、まだマシントレーニングの方が軌道的に自然と思われるマシンが多数あります。

出来ればそう言った「自然の軌道」でトレーニングをすすめて頂きたいなあ・・・・

なんて思う次第でございます。

他のジムで実際に見た風景

以前ティップネス氷川台店というところに行ってきた話です。

僕が気になったのはフリーウェイトエリアでのちょっと変わった光景についてです。

氷川店は、ベンチ台が一つとスミスマシン1台、アジャストベンチ1台、ダンベルが20Kg迄というティップネスではごく標準的なフリーウェイトのラインナップなのですが、僕にはちょっと理解出来ない光景が・・。

行った時間が昼間だったのですが、(夜から仕事なので)年齢が明らかに60代から70代くらいの、いわばシニア層の方達がもう6人くらい集まっていました。

そして全員ウェイトベルトとグローブを身につけて代わる代わるベンチプレスをわいわいと楽しげに会話されながら行っているのは、微笑ましくてとてもいいのですが・・・・

それが、全部スミスマシンでやっているんです(^^;

隣のバーベルのベンチ台はだれも行おうとはしていません。

しばらく様子を見て、まあ、空いているなら使わせもらおうと、いつものメニューを普通のベンチプレス台で行います。

そしてまあ、僕がやっている重量に触発されたのかどうかわかりませんが「今日は重いのチャレンジするねえ」などと会話しながら、可動域10〜15cm程のスミスマシンベンチプレスをお互いにやりながら談笑しています(苦笑)

もう、ほんとティップネスのメンバーさんはなんでベンチプレスをちゃんと胸迄おろさないんでろう?と(--;

そんなに少しでも重いプレートつけて自慢したいのかしら?

そんなトレーニングしてもたいした効果は上がらないのに・・・

ええ、横でちゃんと模範のベンチプレスを淡々とやってやりましたよ・・

ちよっといらいらしながら・・・

(間違ったトレーニングを目の前でやられて何も言えないこのストレスはもはや職業病?)

次のページへ >

オススメ

YouTube Fitnetssfield
チャンネル登録者数1万人突破!

インストラクター&パーソナルトレーナー歴30年の野上が、ブログでは書ききれなかった情報をYouTubeの動画で分かりやすく解説しています。

\ チャンネル登録お願いします /

YouTubeチャンネルはこちら

-筋力トレーニング
-, , ,

© 2020 Fitnessfield(フィットネスフィールド)