ストレッチ・柔軟

パーソナルトレーナーお勧めのランニングの為の各種動的ストレッチをご紹介 

ブルガリアンスクワットとランジの違い

皆さんこんにちは!

パーソナルトレーナー野上です!!

今日は動きながら行なう「動的ストレッチ」についてご紹介したいと思います。

動的ストレッチとは、文字通り動きながら行なうストレッチです。

スボーツのアップには「静的ストレッチ」より「動的ストレッチ」の方が優れている側面が多々あります。

そして「動的ストレッチ」は、最初は簡単な動作から行い、なれてきたらより「複合的な動作」に移動していく事が大切です!

この「複合的な動作」には大きく二つのメリットが存在します。

まずエクササイズの組み合わせが無数に存在し、柔軟性プログラムが単調にならないという利点があります。

もう一つの利点はより多くの筋群を伸ばす事が出来るので同じストレッチを繰り返して行なうよりも時間的な効率が高い事が上げられます。

動的ストレッチのメリット

次に動的ストレッチは静的ストレッチに比べて優れている点はどういう点か?ですが・・

まず静的ストレッチの特徴というのは、

  • じっとしているため筋肉の温度が上がらない
  • 静的ストレッチは筋肉内の血管拡張の反応に影響を及ぼさない
  • 受動的な活動であるため、筋肉内の筋原繊維の活動は最小限となっている

という点が挙げられます。

つまり、ウォーミングアップとしておこな場合、静的ストレッチは動的ストレッチに比べ身体が暖まりにくいのです。

ランジウォーク各種ご紹介

続いて実際の動的なストレッチを色々とご紹介していきたいと思います。

ランジウォーク

手を頭の後ろで組んで立ちます。

そのまま片足を大きく踏み出して、腰を深く沈めます。

次にその体勢から、もう片方の足を前に大きく踏み出して、また腰を深く沈めます。

こうして交互に足を大きく踏み出しては低く体勢を沈めていくを繰り返しながら前方に歩いていきます。

腰を沈めはするものの、後ろ足の膝は地面にはつかないようにしましょう。

また踏み出した方の足は、膝がつま先より前に行かないようにします。

上体は常にまっすぐかやや胸を張った状態をキープしながら行なうようにしましょう。

上半身を足が踏み込むたびに前傾しないように注意して下さい。

この運動は腸腰筋、大腿直筋、大臀筋、ハムストリングスのストレッチになります。

ちょっと慣れないうちはふらふらするかもしれないですがぜひチャレンジしてみて下さい!

レッグランジ(Leg Lunge)のエクササイズ

次のページへ >

オススメ

YouTube Fitnetssfield
チャンネル登録者数1万人突破!

インストラクター&パーソナルトレーナー歴30年の野上が、ブログでは書ききれなかった情報をYouTubeの動画で分かりやすく解説しています。

\ チャンネル登録お願いします /

YouTubeチャンネルはこちら

-ストレッチ・柔軟
-,

© 2020 Fitnessfield(フィットネスフィールド)