ダイエット

水を飲んだだけで太っちゃう? ダイエットの「都市伝説」の数々をメッタ切り!

体脂肪率について

皆さんこんにちは

パーソナルトレーナーの野上です
夏の時期などでは、運動時の水分補給が非常に大事になってきます。
しかしこの時に良く聞くのが゜「私、水を飲んだだけで太っちゃうんです」という台詞です。

水を飲んだだけで太っちゃう?

えー、はっきり言いますが、「水は脂肪になりません!」

つまり水を飲んでも太りはしないという事です!
完全に勘違いです!
だって体重が増えちゃうし・・というかたもいると思いますが、そりゃたしかに口から物を入れればその入れた分の質量分は増えるのは当たり前です。
問題は、口から入れた物が脂肪に変わるかどうかです。
水は脂肪には変わりません!
たまにつぶやきますが、水が油にかわれるのであれば、海の水をとっくにガソリンに変えてこんなにガソリンは高くならないというかただ同然になる事間違い無しでしよう!
どう化学変化してもH2O・・水は油に科学変化なんかするわけがないんです!
なので、水太りという単語を気にして夏の時期の運動で水分補給を怠るような事は絶対にしないようにしましょう!
ただし糖分の入っている物は別で、糖分は過剰摂取すれば当然脂肪に変わります。
ここはダイエットしている方には気をつけていただきたいポイントです。
そしてさらにちょっと突っ込もうと思うのですが、ただの水だけだったら基本0カロリーてず

したがって0のものを100万摂取したって0×100万は0です。
脂肪は1g9Kcal(運動時7.2Kcal換算)なので、0の物が9Kcalの物に変換する事などあり得ないんです。
ではダイエットの時は0カロリーのものを飲んでいればいいのかというと、それだけだとちょっと問題があるのです。
どういうことかというと、水分だけを過剰に摂取すると、かなり簡単に言わせてもらえれば「血が薄くなる」とでもいいましょうか、まあ体液が薄くなると言い換えてもいいかもしれません。

つまり、汗が沢山出た状態で、水分だけ補給して、その他の成分を補給しないと体内の水分だけが増えて、身体の中の体液全般がうすくなってしまう状態になるんです。
とくにダイエット時は食事の量もかなり制限される方が多いので、必要な微量栄養成分が十分に摂取されておらず、結果体液も薄くなる可能性が高いんです。
なのでこの時期にダイエットをしている時の水分補給としてお勧めなのは、0カロリーをうたっているスポーツドリンクです!
スポーツドリンクであればナトリウムや微量ミネラルなどの必要成分を確保しつつ水分補給ができます。

また、カロリーは制限されているので、脂肪に変換するといった心配は回避出来ます。
水やお茶だけ飲む、糖分の多い清涼飲料水を飲むというよりはかなり身体的な部分を考慮した場合にお勧めなんです。

水分は喉が渇いてから飲むのでは実は水分補給としては手遅れなので、つねにマメに摂取していただき、夏に向けてダイエットしている方は「運動中」はもちろんのこと、実は「運動前」から水分摂取しておく事がとても大事です。

その他ダイエットの「都市伝説」の数々をメッタ切り!

特保について

僕がわりと愛用している(笑)、ビール風味清涼飲料水のノンアルコール飲料に、なにやら特保が認められた商品が出たそうです。
サッポロビールから出たそうなんですが、んー、ちょっとどうなのかなあ・・・と思いますが・・・特保自体はまあともかく・・・
僕がいいたいの事は、特保はそれ自体劇的な効果があるというものではないというのをちゃんと理解する必要があります。
よくある勘違いとして、「特保を飲んでいれば瘦せる」ということは、国もメーカーも全く認めていません!
にもかかわらず、「特保を選んでいれば、なんとなくやせそう」というイメージをもたれている方とても多いですよね。
まず言い切れるのは、そんな効果はないし、誰もそんなことを言ってはいない!ということです。
では、何の効果があるの?という話しになりそうですが、よくあるのは「中性脂肪の「上昇を防ぐ」」とか、糖質の吸収を「緩やかにする」という表記ですね。
もっとも簡単な表現で言うと・・・やや太りづらくなるかも・・・くらいな感じですね(苦笑)
つまり、いまより体重や脂肪を「減らす」のではなく「増やさない」・・までもいかずに「増えづらくなるかも」という位のニュアンスが一番近いでしょう。
なので、過剰な期待をするのはやめつつも、「「増えづらくなる」のならそれでもいい! 」 とわかった上で飲料するのが正しい取り組み方だと思います!
まちがっても「これ飲んでたら少しずつでも「瘦せる」だろう」なんて期待して飲まないようにしましょう!

その他いくつかの質疑応答をご紹介

Q
最近、ラジオ番組の影響で、「甘酒ダイエット」なるものが人気のようです。

私の中では一品モノダイエットで良いものは無いというイメージがあるのですが、この方法って、どの程度の効果があるものなのでしょうか?

米麹で、アルコールは無しです。

A
朝食でカロリーコントロールしようとしている時点でダメです(汗)

夕食をこれに置き換えたら効果はでると思いますが、それならブロテインの方がまだ栄養パランスはいいですね!

質疑応答2
Q
最近、高温反復浴というのを知ったのですが、1セットの入浴で300〜400キロカロリー消費できるというのですが、そんなことってありえますかね??

意見聞かせてください!!
A
完全に「嘘」ですね(^^) ありえません!
Q
効果があるという口コミも、一時的に水分が減って体重が減ったように思うだけですよねぇ。。。

A
そのとおりですね(^^)

消費カロリーはMETSというもので計算されるのですが、入浴は安静時を1とすると、1.5倍の消費カロリーです。

ここから計算すると体重50kgの方が300Kcal減らす場合4時間以上入らなかければならなくなります。

質疑応答3
Q
腹筋はよくしていて、お腹はあまりでてないのですが、骨盤の上(背中側)にすごくぷよぷよの脂肪ががっちりあるんですが、体幹トレをしていたら消えていくのでしょうか。

A
いえ、体幹トレーニングでそれは消えないです。

ウォーキング等の有酸素運動の他、食事のコントロールをする事が大事です(^^)

質疑応答4
Q
顔の下半分だけ脂肪がつきはじめて顔の筋トレとか舌回し運動とかいろいろやってますが脂肪は落ちません
原因と改善点を教えてほしいです
A
顔の筋トレも舌回しも脂肪にはなんの影響もありません。

その時間ウォーキングをした方がはるかに脂肪はなくなります。
という、もう、ダイエット都市伝説のオンパレードですね(苦笑)

申し訳ないですが、全部ダメ出しです(笑)

まず質疑応答1ですが、典型的な「単品ダイエット」です。
この単品ダイエットは朝食を甘酒に変えると言う物らしいのですが、はっきり言ってアホです!
ダイエットの基本は「一番高カロリーな夕食をどう対処するか?」が最大のポイントです。
朝食を抜くよりは甘酒でも口にした方がいいですが、そもそもそれではカロリーの収支(摂取カロリーと消費カロリーの差)は生まれませんので瘦せる訳はありません。
応答の様に一番高カロリーな夕食を「置き換える」のなら一定の効果があると思いますが、それなら他の栄養素もバランスよくとれるプロテインダイエットの方がまだいいです。
質疑応答2は、これまたよくある「入浴系」です(笑)
これは質疑応答に詳しく書きましたが、お風呂の消費カロリーというのは決まっていますし、温度が多少高くなった所で消費カロリーが2倍3倍になる事はありません。
なぜなら消費カロリーを稼ぐには「筋肉が動く」ことが必要なんです。
筋肉を動かす為にカロリーが必要と言っても過言ではないですし、入浴では筋肉の動きようがないですのでカロリーは消費されません!
完全に「嘘」の領域です!

次応答3と4は、同じ種類の質問で、「動かした場所の脂肪が落ちる訳ではない」という原則を用いて終了! です。
脂肪が落ちるときと言うのは、血管の中の血糖値が下がった時に、その血糖値を正常値に保つ為に血管の周りにある脂肪が血管内に溶けてエネルギーに変換されていくと思って下さい。
血管は、全身を巡っているんですよ?

みなさんできますか?
ある一定区間のどこかの血管の周りだけの血糖値を下げるなんて芸当が。
心臓はドキドキ動いていますから、血管内の血も、そりゃ結構なスピードで全身を駆け巡っています!
その駆け巡っている血のどこかの区間だけの血糖値を下げるなんて事100%無理ですし、どこかの区間の脂肪だけを溶けださせるなんて芸当も当然出来ません!
だから、動かした場所と脂肪が落ちる場所は関係がないのです!
全身の血糖値を下げさせるためには、局所的な運動より、全身運動の方が減りやすいに決まっていますよね?
だから全身を動かす「有酸素運動」を「長く」行なう必要があるんです!
後はもちろん食事対策も必要なのは言う迄もありませんが・・・。

世の中にはいろいろな「都市伝説ダイエット」が沢山ありますが、あまり惑わされないように気をつけて下さいね
(苦笑)
まあ、悩ましいのは「どんな(間違った)ダイエットであっても1万人に1人位は成功した人がいる(しかも実はそのダイエット法が直接原因ではない)」という点です。
そして、そのわずかな成功体験が一人歩きする・・意図的に・・詐欺的に一人歩きして、人々の耳に入ってしまう事です。
みなさん、充分にお気をつけ下さい!
ではでは!

 

オススメ

YouTube Fitnetssfield
チャンネル登録者数1万人突破!

インストラクター&パーソナルトレーナー歴30年の野上が、ブログでは書ききれなかった情報をYouTubeの動画で分かりやすく解説しています。

\ チャンネル登録お願いします /

YouTubeチャンネルはこちら

-ダイエット
-,

© 2020 Fitnessfield(フィットネスフィールド)