ダイエット

立ち仕事は脚が太くなる?・・・について

足のケア

皆さんこんにちは

パーソナルトレーナーの野上です

今日はジムのお客様とした会話についてご紹介したいと思います。

質問
「野上さん、俺の知り合いに立ち仕事の女の子がいるんだけど、立ち仕事だと足に筋肉がついて脚が太くなるっていってたけど、それってほんとにあるの?」
野上鉄夫
「いえ、立ち仕事だからといって筋肉で太くなるということはまずないと思います。

おそらくそれは「むくみ」のレベルの話だと思います。

むくみをとれば脚は細くなると思いますよ」

質問
「じゃあ、立ち仕事の子でも脚は細くなるの?」
野上鉄夫
「はい、ただし脂肪が落ちるのではなく、むくみがとれて脚が細くなるというパターンです。

よくエステなんかで脚が細くなったという感じのパターンがこれですね」

というやりとりでした。

立ち仕事は脚に筋肉がついて太くなる?

まず、このやりとりのうち「立ち仕事は脚に筋肉がついて太くなる」を思いっきり否定している部分からの説明ですが・・・・

基本から説明します!

筋肉が太くなるには いつも言っているように「ある程度以上の負荷」が必要となります。

これを「過負荷の原則」といいます

これは1回あげるのがギリギリ・・・という重さ100とした場合、67%以上の負荷が筋肥大には適切とされています。

この筋肥大に対しての必要な負荷に「立つ」という作業が筋肉に与える負荷は、・・・・

とてもじゃないですがそんなレベルには達することはありません(^^;

つまり「立つ」「歩く」という作業では何時間それを行ったところで「筋肥大」というのは起こらないと言えるのです。

でもよくいいますよね・・・・

・・・・立ち仕事だと脚が太くなるって・・・・

これは「筋肉」で太くなっているとはちょっと上記の理由から言い難いです。

ではなにで太くなっているのかというと・・・・

前述したとおり「むくみ」の可能性が高いのです。

むくみ・・とは「リンパ」の部分が大きく関係してきます。

リンパとは「血」とはまた別の「リンパ管」を流れる液体のことです。

血の場合は心臓がポンプの役目をして、ある一定周期の間に血液が流れてくれる性質をもちます。

しかしリンパにはそういう絶対的なポンプの役割を果たすものがないんです。

そして立ち仕事の方に関しては、この「リンパ」が脚を代表とする各種液体(血も)下半身に溜まりやすく、また上体に帰ってきづらいのです。

そして脚が「むくむ」状態に陥り、結果「脚が太くなる」んです。

この場合、エステのようなマッサージをすると、リンパ液が溜まっていた脚から解放されるのでサイズ的には「一時的に細くなる」ことになります。

もちろんこれは「脚の内部の液体が無くなった」ことによって細くなったわけで、けっして「脚についていた脂肪が無くなった」というわけではありません。

しばらく時間が経てばまた、脚に様々な液体は溜まっていきます。

なので根本的に脚が細くなったというわけではありません。

ただし、そうはいっても女性にとって「脚の太さ」は脂肪だろうがリンパだろうがなんでもいいからなくなって細くなってもらいたいというところが本音だと思います(^^;

リンパは心臓のような絶対的なポンプがない分、筋肉の収縮によるポンプの作用がとても重要になります。

したがって立ち仕事の方も、ウォーキング、ジョギングのように脚の筋肉の定期的な収縮により老廃物を強制的に流す作業はとても有効と言えます。

もっと筋肉がついちゃう・・・・なんて心配は無用です!

ぜひいろいろ脚の筋肉を収縮したいただいて「むくみ」を解消していただければと思います!

ちなみにこの場合は、セルフマッサージでも細くなります!

十分に脚の代謝を回復させるようにしましょう!

ただし先述したようにマッサージなどでは一時的ですので、根本から細くするためには、食事と運動はしっかり行うようにしましょうね!

立ち仕事でお悩みの方・・・ぜひご参考にしてください!

次のページでは ジョギングやウォーキングで足が太くならないか?について、色々とお話ししたいと思います。

次のページへ >

オススメ

YouTube Fitnetssfield
チャンネル登録者数1万人突破!

インストラクター&パーソナルトレーナー歴30年の野上が、ブログでは書ききれなかった情報をYouTubeの動画で分かりやすく解説しています。

\ チャンネル登録お願いします /

YouTubeチャンネルはこちら

-ダイエット
-, ,

© 2020 Fitnessfield(フィットネスフィールド)