ダイエット

ダイエットを相談するインストラクターの簡単な選び方

トレーナーやインストラクターについて

皆さんこんにちは

パーソナルトレーナーの野上です

このブログをご覧いただけている方の中にはダイエットに励む皆さんも多いと思います。

ジムに駆け込む方も少なくないと思いますが、実はスポーツクラブって、学生のアルバイトスタッフが現場の主戦力になっている所が多かったりします。

別にそれを否定するつもりはないのですが、問題は、そのさしせまった皆さんの要望に「きちんと」「的確に」相談に乗ってもらえるくらいの知識がそのスタッフに備わっているかどうかは皆さんにとっては切実な問題です。

ダイエットを相談するインストラクターの簡単な選び方

お金を払ってジムに行って、一番の基本であるダイエットの相談に対応できないスタッフに間違った・・・とまでは言いませんが、適当な・・・んーこれも語弊があるかしら・・・その場しのぎ的な・・・

んー、何言ってもひどいな・・・(^^;

そんな対応をさせられないように(これ実は冗談で言ってないですよ、リアルにこういう場面多いです)、皆さんが「この人なら私のダイエットを相談して大丈夫だ」と自衛手段として覚えておく知識が必要だ!という事をいいたいのです。

そしてその知識は簡単ですので是非覚えておきましょう!(^^)

次の質問をダイエットを相談しようとしているインストラクターやトレーナーに言ってみて下さい。

「〇〇さん、糖って1g何キロカロリーあるんですか?」と!!!!

「4キロカロリーですよ」となんの迷いも躊躇もなく速攻「即答」できればOKです!

もしそうでなければ、皆さんが「ことダイエットにおいて」はそのスタッフに相談しても完全に「無駄」です。

「えーっと4カロリー? あっ4キロカロリー?だったかな?」でも無駄です。

ちょっとでも考える仕草があってはダメです。

もう何の間も空かずに即答以外はすべてダメです!!

はっきりと言い切ります!!

ダイエットに必要なカロリー計算の初歩の初歩、ようするにアルファベットのAを知らない人に英語の相談をするのと完全に同じです。

英語を教えられる人が「A」を指されてこれなんて読むんですか?と聞かれて「んーと、エーかな?」なんて言いますか?

ないですよね?  そんなの!

そう言うスタッフはどうすれば(どうやれば)実は脂肪がなくなるのかなんて絶対に知りません!

ただどこかの誰かに簡単にならった「有酸素運動をしていただければ脂肪がエネルギーで消費されてなくなるんですよ」と言うセリフをオウムのように繰り返して言うだけです。

そして、それ以上突っ込んで質問しても、おそらくでてくるのは「その場しのぎ対応」です。

あとはせいぜい「筋トレをすれば代謝が上がるので脂肪が落ちます」位まででしょう。
(どれだけ代謝が上がるんですか?なんて意地の悪い質問はやめましょうね(^^; 何にも答えられないですから(^^; ちなみに基礎代謝と活動代謝に分けて答えられたらたいしたものです。)

まず、とにかくジムで「ダイエット」を相談する際はかならずこの質問をそのスタッフに投げかけてみて下さい。

ダメだったらこの質問に躊躇なく答えられるスタッフを、そのジムの中で見つけるようにしましょう!

ちなみにダイエット以外の、例えばベンチの記録を伸ばしたいとか、フルマラソン走れるようになりたいとかいう場合は全く別です!

今回「えっと・・・」と対応したそういうスタッフも自分の得意分野の質問には的確に答えられるスキルを持っているかもしれないですので。

あくまで「ダイエット」についての指導員の力量を知る簡単な質疑のひとつです。

次のページへ >

オススメ

YouTube Fitnetssfield
チャンネル登録者数1万人突破!

インストラクター&パーソナルトレーナー歴30年の野上が、ブログでは書ききれなかった情報をYouTubeの動画で分かりやすく解説しています。

\ チャンネル登録お願いします /

YouTubeチャンネルはこちら

-ダイエット
-,

© 2021 Fitnessfield(フィットネスフィールド)