痩せテク・代謝・腸内環境・ホルモン

ダイエットの強い味方! 「痩せるホルモン」を一挙紹介!

ダイエット ウエスト測定

「痩せるホルモン」を一挙紹介!

皆さんこんにちは

パーソナルトレーナーの野上です。

今日は数あるホルモンの中から、ダイエットに深く関わるホルモンをいろいろとご紹介していきたいと思います。

「レプチン」

これは1994年にホルモンと肥満が関係があるという事を世に知らしめた有名なホルモンです。

レプチンの仕事は、簡単に言うと食欲を抑制する役目があります。

また全身の細胞内でエネルギーを代謝しているミトコンドリアという器官を活性化して、基礎代謝&消費カロリーを底上げする役割ももっています。

そもそも「レプチン」というのはギリシャ語でなんと「やせる」という単語からとられたものです。

また発見当初は夢の「やせぐすり」が誕生するという期待感が高まりましたが、肥満者にはなんとこのレプチンが効かないレプチン抵抗性がおこると判明しました。

とはいえ、きちんと効く人にはきちんと効くレプチン!!

その分泌を正常に促すには、しっかりとした睡眠が必要です。

寝る子は育つならぬ寝る子は痩せる?

なにはともあれ、ちょっとレプチンというホルモンがあって、ダイエットには結構大事な役割を果たしているんだなー位に覚えておいてもらいたいものです。

「レプチン」を上手く活用するには

食欲を抑えてくれる働きをもつレプチンですが、肥満症の方はこのレプチンの効き目が悪くなる「レプチン抵抗性」というものがおこってしまいます

ではそのレプチンを上手く使うにはどうすれば良いのか?です。

これはレプチンを効かせたかったら痩せろ!!!・・という事になります。

??????

何言ってんの?

その痩せる為にレプチンを使わなくちゃならないんでしょ?となりまよね(^^;

こうなると卵が先か鶏が先かなんてレベルのお話になると思います。

まず皮下脂肪が多い方は、減量でレプチン抵抗性を打破する事が先決です。

しかし、まだレプチンは効いていないので食欲はある状態なんですけど・・・となると思います、

その為のダイエットとしては、これは「食べながら痩せる」という高等テクニックを使うしかありません。

つまり物は食べるものの、カロリーの低い食材や、カロリーの低い調理方法を用いる事が大事になるんです。

そして食べながらにして痩せた場合に初めてレプチンが効いてくるように身体が変化してきます。

こうなると食欲が徐々に抑えられてくるので、食事の内容を「量」から「質」へ変化させて良くなっていきます。

ただしこでもう一つ大事な事は、減量すると体内のレプチンの濃度って下がってしまうのです

いくら効き目が良くなってきても、量が減ってしまっては、効く物も効かなくなってしまいます。

データで言うとレプチンの減少は減量期間が短い程急で、12日間で体重を20%減らすと血中のレプチン濃度は4分の1まで減ってしまうというデータがあります

こうなると食欲のコントロールはとてもむずかしくなってしまうのです。

こうならない為にはどうするかというと、これも「食べる」といことが大事になってきます。

絶食や急な食事制限をして短期間で痩せてしまうという事を防ぐ為に、食べながら徐々に体重を減らして行くと言う手法が、のちのちリバウンドという面を含めても安全にダイエットが成功する確率が高くなるのです。

次のページへ >

オススメ

YouTube Fitnetssfield
チャンネル登録者数1万人突破!

インストラクター&パーソナルトレーナー歴30年の野上が、ブログでは書ききれなかった情報をYouTubeの動画で分かりやすく解説しています。

\ チャンネル登録お願いします /

YouTubeチャンネルはこちら

-痩せテク・代謝・腸内環境・ホルモン
-,

© 2021 Fitnessfield(フィットネスフィールド)