スポーツの為の体幹トレーニング

相撲の体幹トレについて

相撲のトレーニング(稽古)

相撲の体幹トレについて

皆さんこんにちは

パーソナルトレーナーの野上です

今日は「相撲の体幹トレ」というテーマでお届けしようと思います。

相撲・・・皆さんご存知、日本の国技でございます!(^^)

相撲には独自の文化というか、相撲独特トレーニング方法があるのは皆さんもご存知だと思います。

今日は「体幹トレーニング」の視点から、これらの独自のトレーニングを見てみたいと思います。

「四股(シコ)」

まず相撲は「四股に始まり四股に終わる」と言われているくらい大事なものです。

慣れていない方がこれをやると、足がピーンと伸びず、膝が曲がったまま足を上げてしまい、腰もどこか屁っ放り腰に・・・・

背中もなんとなく猫背・・・となりがちですよね(^^;

まず四股は「片足で全身のパランスをとりながら足を横に伸ばし上げていく」動作になります。

この時上半身は斜めに傾け、あげた足とバランスをとります。

皆さん立った状態で腹筋や脇腹に手を当てて、片足で立って上半身を斜め横に倒して行ってみたください。

触っている腹筋や脇腹の筋肉が「ぐっ」と力が入るのがわかると思います。

片足一本で重い足を高く上げる・・・・そしてバランスを体幹の筋肉で取る・・・

これは専門用語でいうと「不安定なサーフェイス」上のトレーニングと言えます。

つまり、土台がフラフラする環境でトレーニングすることにより、そのフラフラを抑えるために色々な筋肉が動員されるという目的のトレーニングです。

バランスボール、JOBA、BOSU、バランスブレードなどが、この目的で使用される器具です。

またそもそも「足を上げる」時点ですでにレッグレイズ同様体幹トレーニングになります(^^)

レッグレイズとは「足上げ腹筋」のことで、主に下腹部を鍛えるトレーニングなのです。

しかし、四股の場合足は「横」に足をあげます。

足を上げるのは腸腰筋という筋肉の役割です。

しかし縦ではなく横に上げることによってレッグレイズとはまた違った負荷のかかり方をします。

この時脇腹の腹斜筋系がとてもよく使われます。

軸足は骨盤の横にある中臀筋や小臀筋といった骨盤を安定させるための筋肉と、太ももの内側についている内転筋がそれぞれバランスをとるために色々と動員されています。

普通に腹筋運動をしたり、足上げ腹筋をしたり、静的体幹トレーニング代表のプランクをするのとはまた違った体幹トレーニングになっているんです(^^)

体力作りやダイエットのために、室内でまず腹筋しよう・・・という方がいざ腹筋をしようとしたら、強度が高くてあまり回数ができないとか、辛くて続けられない・・・

そんな方も結構いらっしゃると思います。

そのような方は、まず四股を踏むトレーニングから始めてみてはいかがでしょうか?

四股は足腰をメインとする運動でもりますし、スクワットや腹筋のような筋肉に直接的に負荷をかけるトレーニングよりも筋肉への負担が分散させやすいので、初心者の方でも割と回数できる方は多いと思います。

こういった運動からから運動習慣をつけたり、身体を動かすことに慣れていくのは「あり」だと思いますがどうでしょうか?(^^)

次のページへ >

オススメ

YouTube Fitnetssfield
チャンネル登録者数1万人突破!

インストラクター&パーソナルトレーナー歴30年の野上が、ブログでは書ききれなかった情報をYouTubeの動画で分かりやすく解説しています。

\ チャンネル登録お願いします /

YouTubeチャンネルはこちら

-スポーツの為の体幹トレーニング
-,

© 2021 Fitnessfield(フィットネスフィールド)