栄養・サプリメント

パーソナルトレーナーオススメの夏野菜 8選

Vitamin(ビタミン)の摂取

皆さんこんにちは!

パーソナルトレーナーの野上です。

野菜は「旬」がとても大切です。

今回は「夏野菜」を皆様に色々とご紹介していきたいと思います。

「トマト」

ヨーロッパではトマトが赤くなると医者が青くなると言われる位ポピュラーな野菜です。
一時「トマトダイエット」が流行ったのを覚えている方も多いと思います。
ちょっと古い話ですが、「明日のジョー」で力石透も減量の時に夕食でトマトを一個だけ食べるというシーンがありましたね。
・・・・古過ぎ?
そのトマトなんですがね栄養価的にはやはり「リコピン」が有名ですね。
これは、βカロテンの約2倍の抗酸化作用があると言われており、要するにアンチエイジング作用がとても期待できるという事なんです。
その他に、ビタミンB6、ビタミンC、カリウム、βカロテン等が豊富に含まれています。
また、この時期が旬なので、今の時期に食していただく事が、栄養価的にも良い状態のトマトを食べれるのでお勧めです。

よいトマトの見分け方は、下手が鮮やかな緑色でみずみずしくピンとしているものがよいです。
また、ずしりと重量感のあるものは果肉が詰まっている証拠です。
野菜サラダで生で食してもよいですし、ジュース、イタリアンのトマトソースなど、いろいろな手段で食せるのも魅力的です。
ただし、トマトダイエットは個人的にはお勧めできません。
このブログでも何度も書いてますが、食はいろいろなものを食べる事がとても大事なんです。

ある一つの食材をかたよって食べる事は、その食材がどんなに優れた食材であっても長期的に見るとあまりいい事ではないんです。
トマト・・・沢山食べていただきたいですが、これ「だけ」たべるということはしないようにして下さい。

夏野菜の代表「キュウリ」

キュウリは95%以上が水分で出来ています。

栄養素としては、ビタミンC、カリウム、βカロテンなどが含まれています。

比較的カリウムがおおく含まれており、このカリウム利尿作用があるものですから、夏のむくみ解決などには役立ちます。
気をつけなければならないのは、キュウリに含まれているアスコルビナーゼという酵素で、この酵素にはビタミンCを破壊する働きがあるんです。
そして、切ったりすり下ろしたりするとその作用が活性化してしまうんです。
つまり、他の野菜と混ぜて使う時には他の野菜のビタミンCまだ破壊してしまうので注意が必要なんですね。
アスコルビナーゼは、熱や酸に弱いので、酢の入ったドレッシングやレモン汁をかける等の工夫をして下さい。

レタス

レタスの語源は、ラテン語で「乳」だそうです。
これは、収穫したての新鮮なレタスの葉を切ると苦みのある白い液体が出て来るそうです。
これは、サボニン様物質と呼ばれるもので、食欲増進、肝臓や腎臓の働きの強化、さらに鎮静作用があると言われているそうです。
スーパーのサラダには残念ながらそこまでの効果は期待できないですが、抗酸化作用のある、ビタミンC、E、ミネラルそして、カルシウム等はやはり効率的に摂取できます。

レタスは、軽い程甘みがあって、葉の色は淡い方がよいです。また、葉の巻きがあまりしっかりしていない方がよりベターです。

一年中食べられる野菜ですが、旬は4月から8月となります。

そして、サラダでレタスを食べる時は、いつもtweetしますが、かけるドレッシングには気を使いましょう。
レタス自体は太らないですが、ドレッシングのカロリーで太るというケースは良く見られるので・・・。
お気をつけください!

野菜の王様をご紹介します

野菜の王様、その名は・・・・モロヘイヤです!
何が王様なんだですって?
モロヘイヤの語源は、アラビア語の「ムルキーヤ」ださうです。
これは、王様の野菜という意味だそうで、その昔エジプト王の重い病気を治したといういわれがあるそうです。

まあ、それでどれくらい凄い野菜かというと、βーカロテンは、にんじんの1割増、緑黄色野菜の中ではダントツトップです。

ビタミン12はホウレンソウの約20倍、カルシウムは7倍とビタミンミネラルの宝庫なんです。
さすが王様の野菜!
また、ムチンというネバネバした成分も含んでおり、これは人の身体の呼吸器官や、目の粘膜、肝臓の機能サポートに有効だと言われております。
日本に輸入されたのは1980年だと比較的歴史は浅いですが、その栄養の豊富さであっという間に全国区になったそうです。
保存方法は、湿らせたキッチンペーパーに包み、ビニール袋に入れて野菜室に入れるようにして下さい。

インゲン

スープや、和食の副菜とジャンルを問わずに味わえるオールマイティな野菜ですが、β-カロテン、ビタミンB郡が豊富な緑黄色野菜の代表でもあります。
また、疲労回復物質でもあるアスパラギン酸も含まれています。

さやの先がしおれているのは鮮度が悪い証拠です。

またビニールに入れて冷蔵庫の野菜室で2〜3日は持ちますのでいろいろな料理に混ぜて召し上がって下さい。
僕も実はインゲンちょっと苦手なんですが、出されれば食べます!(そういうレベル苦笑)
ただ、やはり何かいろいろな料理(スープ等)に混ざってる方が食べやすいですね。
あくまで個人的意見ですが・・・(笑)

沖縄代表

沖縄代表・・・・そうゴーヤで行こうと思います。
実は僕も食べたのは10年程前に沖縄旅行に行ったその時だけで、後にも先にも食した事がないのですが・・。
なんとこのゴーヤ、ビタミンCの含有量はトマトの5倍なんです。
しかも、ゴーヤのビタミンCって炒めたりしても失われにくいのが特徴なんです。
独特の苦み成分には、胃を刺激して食欲を増進させる働きがあります。
長寿で有名な沖縄代表名産、健康を語る上でははずせませんね。

変わった所をご紹介

・・・・らっきょう・・・・・です。
はい、僕もカレーを食べる時によく食べます(^-^)

らっきょうは、玉ねぎと同じで機能成分でもある揮発性のイオウ化合物を多く含んでいます。
この成分が糖質の代謝を助ける働きをもつビタミンB1の吸収を高めます。

よく、らっきょうを食べると血液がさらさらになると言われますが、実はこれは本当で、このビタミンB1の吸収が高められる事に寄り、血液さらさら効果が期待できるんですね。また、侮れないのが食物繊維で非常に繊維も多く含んでいますので、美容にも良いと言えますね。

なかなか、単体で食べる機会は少ないかも知れませんが、カレー等の時には積極的に摂取して下さい。

珍しいお野菜をご紹介

ヨーロッパの野菜料理では定番らしいのですが・・・・ズッキーニです。
一見キュウリのように見えますが実はカボチャの仲間です。
ちなみにカボチャは緑黄色野菜ですが、これは淡色野菜です。

βーカロテンを豊富に含み、ビタミンCの含有量も多いのです。
これらは、免疫力を強化する働きがあり、風邪の予防、粘膜の保護、美肌作りにも効果が期待できます。
また、カリウムを多く含んでおり、体内の余分なナトリウムを排出させるのでむくみの防止にも役立ちます。
そして、なにより、もやし並みの超低カロリーが魅力です。
実は夏が旬の野菜なんですがとても魅力的な野菜なのであえてご紹介させていただきました。

 

いかがだったでしょうか?

ぜひ「旬」の野菜を色々と食べる習慣をつけましょう!

よろしければご参考にしてください(^^9

ではでは!!!

オススメ

YouTube Fitnetssfield
チャンネル登録者数1万人突破!

インストラクター&パーソナルトレーナー歴30年の野上が、ブログでは書ききれなかった情報をYouTubeの動画で分かりやすく解説しています。

\ チャンネル登録お願いします /

YouTubeチャンネルはこちら

-栄養・サプリメント
-

© 2020 Fitnessfield(フィットネスフィールド)