野菜

パーソナルトレーナーオススメの通年野菜 5選

食事誘導性熱産出(DIT)

パーソナルトレーナーオススメの通年野菜 5選

皆さんこんにちは!

野菜は「旬」が大切ですが、今の日本では通年取れる野菜も数多くあります。

今日は通年食卓に並べたい野菜を色々とご紹介したいと思います。

キャベツ

キャベツには、なんとっても「健胃作用」が期待されます。

ビタミンUという、ビタミン様物質は胃壁の粘膜を再生したり、胃炎や胃潰瘍を回復させる作用があると言われています。

ちなみにビタミンUの別名は胃薬でおなじみのキャベジンです(笑)

また外部と芯に近い部分にはビタミンCが豊富です。

食物繊維も多く、便通もよくしてくれますし、有害な物質を速やかに排出してくれます。

脂肪燃焼作用のあるビタミンB1、B2も含まれておりますので、ダイエット食としてお勧めです!

量をしっかりとれる野菜ですので、ぜひ沢山食べてみてはいかがでしょうか?

玉ねぎ

自分ごとで恐縮ですが・・・バーベキューする時の一番の好物が玉ねぎです。

時々、肉よりうまいんじゃないか?と思う位焼き肉のタレがかかった玉ねぎ・・・・たまりません!

こんな思い入れから、ここで取り上げさせていただきました(笑)

で、この玉ねぎですが、ちょうど旬が秋から冬の今の時期に当たります。

切った時に涙が出るのは、切った時に繊維が壊れる事によって揮発する香り成分、硫化アリルのせいです。

ちなみに、この硫化アリルはビタミンB1の吸収を助けて代謝をアップさせ、血糖値を下げる働きがある事で知られています。

さらにコレステロールの代謝をうながして血液をさらさらにし、動脈硬化、高血圧の予防にも役立ちます。

ちなみにこの硫化アリル、加熱すると糖度の高い物質に変化するので、血液さらさら効果を狙うなら生で食べていただく事がお勧めです。

・・・・バーベキューじゃだめか・・・・(独り言です)

ちなみに玉ねぎは紙袋やネットに入れて風通しの良い所に保存し、切る時に涙を出しにくくするには冷やしておくとよいです。

健康診断シーズンにはぴったりの野菜ですので、ぜひ生でサラダ等にして沢山食べて血液をさらさらにしましょう!

もやし

もやしっこという言葉があるように、ひょろひょろとした印象がある野菜ですが、実はけっこう侮れないです。

もやしは、豆や種の状態ではほとんど含まれないビタミンCが発芽することによって格段に増えるのが特徴です。

ほかにも、疲労回復の効果のあるアミノ酸の一種アスパラギン酸、ビタミンB郡、カリウム、カルシウム、鉄などのビタミン、ミネラルがバランスよく含まれています。

食物繊維も豊富です!

旬も通年大丈夫なので、沢山食べてほしいですね!

もやしの根の部分は短い方が良く、長いものは古いものなのでご参考にして下さい。

セロリ

香りが独特ですが、これは健胃作用のあるフラボノイド類のセセリンや、キサントトキン、またはアビインという精油成分によるものです

アビインには精神を安定させ不眠や、イライラをおさえる鎮静作用があるといわれています。

また、結構ビタミンやミネラルのバランスがいいんです。

苦みを敬遠する方も多いと思いますがその昔は薬用に利用されていたようなので薬と思って摂取してみてはいかがでしょうか?

また緑が濃い葉の部分はカロテンが豊富に含まれていますのでこちらも捨てずに利用しましょう。

ジャガイモ

野菜?

そう、立派な野菜なんです!

といっても主成分は他の野菜と違い、炭水化物!

主に主食として取り扱われる事が多いんです。

でも侮るなかれ! (誰が侮っているんだか・・・)

ビタミンCはなんとリンゴの9倍もあります。!

ちょっとびっくり!

しかも、そのビタミンCがでんぷんに包まれているので、ある程度なら長期の保存や加熱にも損失が少ないのです。

ジャガイモの芽には毒があるとよく言われますが、それは本当です。

緑色に変色した部分にも同じ毒素が含まれていますので、そういった部分は必ず切除して下さい。

他に、ビタミンB1、カリウム、ナイアシン等が含まれます。

ただしダイエット中には、これをサラダ代わり(例えばポテトサラダ)にしてしまうと、糖質(炭水化物)を、取りすぎてしまうので気をつけるようにしましょう!

さらにもちろんポテトフライ(ポテトチップス)はなしです!

野菜としてではなく立派なジャンクフードですので!

色々と通年「旬」と言える野菜も数多くあるのがわかっていただけたと思います。

野菜を多く食べていきたいという方はよろしければご参考にしてください(^^)

ではでは!

オススメ

YouTube Fitnetssfield
チャンネル登録者数1万人突破!

インストラクター&パーソナルトレーナー歴30年の野上が、ブログでは書ききれなかった情報をYouTubeの動画で分かりやすく解説しています。

\ チャンネル登録お願いします /

YouTubeチャンネルはこちら

-野菜
-

© 2021 Fitnessfield(フィットネスフィールド)