都市伝説やその他

ダイエット!もんでも痩せない理由

マッサージ

皆さんこんにちは

パーソナルトレーナーの野上です。

今回は「モンでも痩せない理由」というテーマで色々と詳しくご説明していきたいと思います。

なんとなくお腹の脂肪をマッサージすると脂肪が落ちると思っている方はとてもたくさんいます。

正直インストラクターにもリンパマッサージと称してこれをやる方もよく見られます。

しかし、痩せるということを「脂肪が落ちる」と定義した場合、お腹はいくらマッサージしても脂肪が落ちることはありません。

今日はその辺についてご紹介していきたいと思います。

脂肪はどんな時に落ちるのか?

まず人はどういう状態になったらやせるのか?です。

これは摂取カロリーと消費カロリーの「差」が出来た時にはじめて、その差を埋めようとして人間は脂肪を使用して痩せていきます。

・・・・これだけです・・・・・

・・・・シンブルでしょ?

これ以外は「脂肪吸引」するしかありません。

ではどうやったらこの「差」を効果的に作れるかにかかってきます!

ちなみに、もんでも、たたいても、さすっても、何か塗っても無駄です!

この「差」を有効に作れる程のインパクトはありません!

脂肪を1g消費するのに必要なカロリーは7,2kcalです。

つまり脂肪を100g無くしたかったら720kcal、脂肪を1Kg消費したかったら7200kcalが必要になります。

ちなみに、一般的な方の1日の消費カロリーは女性で2000Kcal、男性で2500Kcalくらいだと思って下さい。
(もちろん個人差は大です)

つまり一日で脂肪を100g無くしたかったら(100g×30日で、1ヶ月3Kg減のペースの場合)、一日で720Kcalの「摂取カロリーと消費カロリーの差」が必要だという事になります。

脂肪を落とすのには「摂取カロリー」と「消費カロリー」の差しかありえません。

もんでも痩せない理由!

人の消費カロリーというのは実は計算で簡単に出すことが出来ます。

じっとしている時の消費カロリーは、1時間当たり「体重×1.05」です。

体重50kgの方が1時間じっとしてたら約50kcalを消費します。

60kgの方なら約60kcal、70kgの方なら約70kcalとなります。(×1/05ですが)

ではお腹をもんでいる時にこれが増えるかという話です・・・

これは・・・増えません!

リラックスして寝た状態である以上、消費カロリーの面からはその状態は安静時と何ら変わりません。

もちろん外力が加わってそれに筋肉が反応などしていれば若干は上がりますがそれがどうしたの?てくらいそれは低いレベルです。

同じ時間散歩でもしていただいた方が、(散歩じゃなくスーパーへ買い物でもよい)はるかに消費カロリーは多いのです。

ちなみに散歩なら安静時の3倍の消費カロリーがあります

人にマッサージをうけている状態ではせいぜい1.数倍というところでしかないでしょう。

ちなみにこれはマッサージを「受けている場合」です!

もし自分の手でマッサージをしているのであれば、それはそれなりの運動になるので(力を込めたり丁寧に脚などをマッサージしている場合)そちらのダイエット効果は期待できるかもしれません。

よく「マッサージによって代謝が上がり」なんて広告文字を見かけますが、あれもあてにしないでください。

代謝が上がる効果は否定しませんが、基礎代謝の数字を明らかに押し上げるなんてことはありません。

嘘だと思うなら、体組成測定器などでマッサージ前と後で基礎代謝が明らかに上がるか試していただくと良いです(^^)

基本的に出てくる数字は変わりません。

もし変わった数字が出ても測定誤差の範囲のはずです。

もちろんマッサージによる疲労回復効果、リラクゼーション効果、怪我の予防の効果を否定するわけではありません。

もんだら、その部分の脂肪が落ちやすくなるとかの効果はないですということだけ述べたかったのです。

ここを誤解されている方がとても多いので(^^;

次のページへ >

オススメ

YouTube Fitnetssfield
チャンネル登録者数1万人突破!

インストラクター&パーソナルトレーナー歴30年の野上が、ブログでは書ききれなかった情報をYouTubeの動画で分かりやすく解説しています。

\ チャンネル登録お願いします /

YouTubeチャンネルはこちら

-都市伝説やその他
-,

© 2021 Fitnessfield(フィットネスフィールド)