栄養・サプリメント

パーソナルトレーナーオススメの冬野菜 10選

野菜(ベジタブル)

皆さんこんにちは

パーソナルトレーナーの野上です。

野菜は「旬」がとても大切です。

今回は「冬野菜」について色々とご紹介したいと思います。

プロッコリー

ブロッコリーは、栄養、機能成分とも豊富な野菜となります。
ビタミンC、β-カロテン、食物繊維がとても豊富で、また、体内の解毒作用を持つステフォラファンもふくまれる野菜なんです。
また、よく、一日350gを摂取しましょうという言葉を交わす耳にしますが、ブロッコリーのような比較的重量のある野菜で摂取していくと、目標値を達成しやすくなります。

また、今でこそ当たり前のように食卓に並ぶことのおおいブロッコリーですが、実は日本の食卓に並ぶ歴史はかなり浅く、なんと1980年代から一般にたべられるようになったそうです。
そういえば子供の頃ブロッコリーって食べた記憶がない・・・・。
カリフラワーと同じ鼻野菜で、つぼみの部分だけでなく、茎や葉にも栄養があり、とくに茎には食物繊維が豊富に含まれています。
また、プロッコリーを食べる時の注意点は、「マヨネーズ」ですね。
定番だとも言えますが、ブロッコリー自体はよくても、マヨネーズは最強に太るドレッシングの一つです。
食べ方には十分にお気をつけ下さい。

にんじん

緑黄色野菜の王様ですね。
なんといっても、にんじんと言えば、まずはβーカロテンです。

βカロテンとは、活性酸素などによって細胞が傷つけられるのを防ぐ抗酸化作用があるんです。
身体の中では脂肪組織にとけ込み必要に応じてビタミンAに変換いたします。
にんじん50gで、一日の必要量がとれますので、ぜひアンチエイジングの為にも、マメに摂取して下さい。

ちなみに、皮の近くに含有量が多くなっているので、皮は薄くむくようにしましょう!

小松菜

これ、実は、僕の職場のある草加市の名産でもあるんです。
なので、地元ではなんとかこの地元の名産品を盛り上げようと、小松菜バーガーや、やっぱり超有名、草加せんべいにちなんで、小松菜せんべい汁というのもあるんです。
みなさん知っていました?
地元のお祭りをやると、地元の業者さんが出店していたりするので、草加のお祭りにお越し頂く時はちょっと探してみるのもたのしいかも知れませんよ?
で、この小松菜・・・侮れないんです。
実は栄養満載なんです!
ビタミン、ミネラルを豊富に含み、特にカルシウムはなんとほうれん草の3〜3.5倍の含有量を誇ります。
また、骨の形成を助けるビタミンK、造血作用にかかわる葉酸も豊富に含まれています。
また、特筆すべきなのは、ビタミンCの損失率の低さです。
冷蔵庫の野菜室で一週間ほど保存したときほうれん草は含有率が2割くらい迄減ってしまうのに対し、小松菜は8割以上残存しているんです。
また、野菜というのはほとんど輸入品種なのに対し、この野菜は数少ない日本原産なんですね。
どうです、ちょっと凄くないですか?
これからの季節が旬となってまいりますので、ぜひ沢山摂取して下さいね。

キャベツ

キャベツには、なんとっても「健胃作用」が期待されます。
ビタミンUという、ビタミン様物質は、胃壁の粘膜を再生したり、胃炎や胃潰瘍を回復させる作用があると言われています。

ちなみに、ビタミンUの別名は胃薬でおなじみのキャベジンです(笑)
また、外部と芯に近い部分にはビタミンCが豊富です。

食物繊維も多く、便通もよくしてくれますし、有害な物質を速やかに排出してくれます。
脂肪燃焼作用のあるビタミンB1、B2も含まれておりますので、ダイエット食としてはわりとお勧めなんですね。
ぜひ、量をしっかりとれる野菜ですので、沢山食べてみてはいかがでしょうか?

白菜

白菜は、そのままだと、水分を多く含んでいますが、加熱狩ると一気にかさが減るので沢山食べる事ができ、結果食物繊維もたっぷりとれるという便利なお野菜です。

また、ビタミンCは漬けても損失が少なくミネラルも効率よく摂取できるんです。
主な栄養素は、カリウム、葉酸、カルシウム、ビタミンCなどになります。
これからの時期、食物繊維をたくさんとる為にも、しっかりとお鍋などで量をとっていただきたいと思います。

ごぼう

食物繊維とは、第6のえいようそともいわれており、お通じや栄養の吸収などにも大きく影響する栄養素です。
これがとても多く入っているのが、ごぼうで、さらに、イヌリンとい物質が含まれているのですが、これが抗がん作用に、さらに、リクニンという物質も含まれていて、これはコレステロールの抑制、血糖値の急上昇をおさえる作用があるといわれているようです。

生活習慣病に気を使いたい方にはぴったりのお野菜なんですね。
また、ごぼうは11月から1月が旬の時期を迎えますのでちょっと意識してとってみてもよいかも知れません。
もちろん、ダイエットにも強い味方なんです。

よいごぼうの選び方は大きさが均一でまっすぐ伸びている物を選んで下さい。
これからの時期は、いろいろな温かい料理に混ぜると美味しくいだけます。

レンコン

レンコンはビタミン類の他に鉄や銅などのミネラルも豊富に含みます。

また、食物繊維、ムチンも豊富でこれらは、便秘の予防に一役買ってくれます。

また、切ったあとに変色をしますが、これは抗酸化作用のあるタンニンのせいです。カットして保存する場合は、切り口をラップで包むようにして下さい。

旬は11月から3月、冬の野菜なんですね。

これからが旬の野菜になりますのでしっかりと美味しく頂いて下さい。

ダイエットにオススメ「エリンギ」

タイトルにも書いたように、この野菜けっこうダイエットの味方になってくれるお野菜なんです。
というのも、皆さん気にする糖質、脂質の代謝に関わるパントテン酸、さらにタンパク質の代謝に関わる葉酸を含んでいるんです。
12月からが旬の季節となっておりますので、これからちょっと気にしてほしい食材ですね。
冷蔵庫の野菜室へ入れておいても、比較的日持ちもよいのでよろしければご参考にして下さい。

わさび・・・です

野菜?とおもわれると思いますが、立派な植物です。
わさびは、体内の解毒酵素を活性化させる働きが全野菜の中でもトップクラスなんです。
抗菌作用にもすぐれ、胃がんの一因ともいわれるピロリ菌や食中毒菌の増殖をよくせいする作用があります。
ビタミンや食物繊維だけが野菜の効能ではないんですね。

変わった野菜をご紹介

その名は「トレビス」
葉が紫色したキャベツのような外観をした野菜なのですが、じつはキャベツとは全く無関係のキク科の野菜だそうです。

原産地はイタリアで、市場に並ぶものは輸入品も多いとか。
この野菜の最大の土岐町は、その紫色の色素部分にふくまれているアントシアニンです。
この成分はボリフェノールの一種で抗酸化作用と目の保護で知られています。
ブルーベリーで有名になった成分ですね。
クリスマスの夜に華やかないろの野菜のサラダ等はいかがでしょう?
よいクリスマスを(笑)

いろいろな身体の作用をうながす為にいろいろな野菜の特徴を知る事は身体にとても大事な事です。

ぜひご参考にしてください!!

ではでは!

オススメ

YouTube Fitnetssfield
チャンネル登録者数1万人突破!

インストラクター&パーソナルトレーナー歴30年の野上が、ブログでは書ききれなかった情報をYouTubeの動画で分かりやすく解説しています。

\ チャンネル登録お願いします /

YouTubeチャンネルはこちら

-栄養・サプリメント
-

© 2020 Fitnessfield(フィットネスフィールド)