スピード・アジリティ

足裏の筋力とスピードとの関係について

足の裏のケアなど

足裏の筋力とスピードとの関係について

皆さんこんにちは

パーソナルトレーナーの野上です

何かのスポーツをしていて、スピードアップのために身体を色々と鍛えているという方も多いと思います。

そのためのトレーニングとして、ウエィトトレーニングや、ダッシュ、ジャッンプ系のトレーニングなどを行っている方も多いでしょう。

しかし、そのような方たちも「足の裏」に関して気を配っている方となると、だいぶ数が少なくなるように思います。

ましてや、足の裏の筋トレをしているなんていう方はとても少ないのではないでしょうか?

いやいや、だって、足の裏なんて鍛えてもスピードとそんなに関係ないでしょ!と思われる方もいるかもしれません。

これですね・・・・・あるんですよ!

しかも、実は多いに!

先行研究によりますが、足の裏の筋肉・・・

足底内在筋を4週間以上の期間に渡って鍛える介入によって、

  • 片足立位時の同的バランス能力の向上
  • 垂直跳びの向上
  • 片足幅跳びの向上
  • 50m走のタイムの向上

などが見られたそうです。

なぜ、足の裏を鍛えるとこれらスポーツに必要なスピードやジャンプ力が向上するのか?です

まず、足底内在筋を鍛える事によって重心をコントロールする能力が向上します。

足の裏というのは立っている時に身体を支える場所であり、ここが鍛えられているということは、そのまま足部の安定化を意味します。

運動中の重心位置は、下半身の筋力発揮に影響を及ぼします。

また、足の裏のアーチ・・特に土踏まずの部分のアーチが足底の筋力不足により潰れていると、土踏まずも当然潰れて地面につきやすくなります。

すると自然と膝が内側に倒れてしまい、膝にねじれが生じ膝を痛めやすくしてしまいます。

また、膝にまっすぐパワーが入力されないので筋力を素早く発揮するにしても当然「ロス」が生じ、結果バフォーマンスに悪影響が出ます。

なのでスピード、ジャンプ力向上のためには足の裏のアーチがしっかり保てていることはとても大切なのです。

足の裏の「3本のアーチ」

そんな足の裏のアーチですがみなさん足の裏に「3本のアーチ」があることをご存知でしょうか?

  • カカトから親指付け根の母趾球(ぼしきゅう)にかけての縦のアーチ
  • カカトから小指付け根にかけての縦のアーチ
  • 母趾球(ぼしきゅう)から小指付け根)にかけての横のアーチ

この3点を3角形に結んで、それぞれの線が横からみて弓なりにアーチを描いています。

そのアーチがうまくしなって、体重や移動に伴う足にかかる衝撃を吸収してくれているのです。

このアーチが両足どちらか・・・三角形が2個あるので、合計6本のアーチのうちどれか一つでも狂っていたら・・・・

その崩れを足首、膝、股関節、骨盤と、上に行くに従ってどんどん代償作用しなければならなくなってしまいます!

「代償作用」について

代償作用というものがあります。

これは、身体のどこかが弱ったり機能を果たさなくなると、他の場所がその代わりの作用をする事をいいます。

「骨盤」のゆがみをその上の「体幹」でバランスをとり、さらにそこで崩れたバランスを「首(頭)」で最終調整して首が痛んでしまう・・

と想像していただくと分かっていただけると思います。

つまり、首の痛みの原因が、首にあるのではなくそれは代償作用の結果であり、本来は「骨盤のゆがみ」を身体の筋肉がいろいろ補正していった結果だったりするのです。

次のページへ >

オススメ

YouTube Fitnetssfield
チャンネル登録者数1万人突破!

インストラクター&パーソナルトレーナー歴30年の野上が、ブログでは書ききれなかった情報をYouTubeの動画で分かりやすく解説しています。

\ チャンネル登録お願いします /

YouTubeチャンネルはこちら

-スピード・アジリティ
-, , , ,

© 2020 Fitnessfield(フィットネスフィールド)