スピード・アジリティ

青少年の身体の成長とスピード向上の関係について その1

2019年8月6日

青少年の身体の成長とスピード

みなさんこんばんは

毎週月曜日は「スピード・ジャンプ力向上」というテーマでお届けいたしております。

今日は「青少年の身体の成長とスピード向上の関係について」というテーマでお届けしたいと思います。

よーいドン!

の号令の後、運動会の徒競走を全力で走ったという経験は誰にでもあると思います。

学校の体力テストで、短距離のタイムを計ったこともみなさんあるでしょう。

毎年のようにそれを行っていると、子供の頃はどんどんタイムが上がっていったと思います。

これは、身体の成長と密接に関係があるのは誰にでも想像がつくと思います。

その証拠に身体の成長は成人につかづくに連れていつかは止まり、それに伴いやがてタイムの向上というのは見られなくなっていくのが普通だと思います。

ここで、こう思いませんか?

身体の成長と、短距離のスピード向上にどんな因果関係があるのか?・・・と・・・

今日はその辺について、色々とご紹介していきたいと思います。

まず、ここで大前提のお話をすると、短距離のタイムの向上と身体の成長は、非直線的に伸びていくということです。

身体の成長は、20歳まで一定のスビードで伸びていくわけではありません。

成長期と言われる時期に急激に身長が伸び、それ以外の時期も伸びるには伸びるものの、その伸びというのは中学生くらいに訪れる成長期ほどではありません。

また、短距離のタイムの伸びもそうです。

小さい頃からタイムの伸びを見ていると、毎年同じような割合でタイムが縮んでいくのかというと、そんなことはありません。

ある年に一気にタイムが縮んだという経験をされた方がほとんどだと思います。

おっ・・・つまり、タイムの伸びと身体の成長は完全にリンクしているのか?なんてここで思う方も多いと思います。

思春期に成長のピークを迎える時期をPHVと呼びます。(Perk Height Velocity)

概ねこれは、12歳から縫う歳で迎える方が多いですが、もちろん人によってこれは個人差があります。

このPHVに対して、スプリントスピードの向上はどのようにリンクするのか?です。

これ完全に一致しているような気がする方も多いと思うのですが、実は研究によってバラバラだったりします(^^;

とある研究では、スプリントスピードの向上のピークはPHVの8〜18ヶ月前に生じるという研究があります。

しかし、別の研究ではスプリントスピートの向上のピークはPHVと全く同じであったという報告もあります。

そしてまた別の研究ではスプリントスピートの向上のピークはPHVの12ヶ月前には低下が見られたという報告も上がっているんです。

・・・・・ん?

つまり、あんまり変わんないってこと?

というか関係ないってこと?

という感じですよね(^^;

この点からいうと、スプリントスピードの向上のピークは確かにPHVの前後に来ることは確かなものの、完全にリンクしているわけではないというくらいに捉えていた方が良いと思います。

たた、それでもスプリントスピードの向上のピークはPHVの前後に来ることは確かなので、その点は誤解のないようにしてください。

ただ、「具体的にいつ」というところまではっきりしていないというだけの話です。

次回も、ちょっとこの「青少年のスピード向上」をテーマにお届けしたいと思います。

よろしければおたのしみにしてください(^^)

ではでは!

-スピード・アジリティ
-

Copyright© Fitnessfield(フィットネスフィールド) , 2019 All Rights Reserved.