ストレッチ・柔軟

トレーニングやストレッチで「怪我は治るのか?」について!

怪我を早く治す方法について

トレーニングやストレッチで「怪我は治るのか?」について!

皆さんこんにちは

パーソナルトレーナーの野上です

今日はみなさんとのやりとりについて詳しくご紹介していこうと思います(^^)

今日はみなさん割と誤解を生んでいるのでは?と思うテーマでお話ししたいと思います。

それは・・・・・

トレーニングやストレッチで「怪我は治るのか?」というテーマです。

この質問はかなり頂く頻度の高い質問です。まずそれらをご紹介します

一つ目のやりとりは

質問
こんにちは。

野上さんに伺っても皆無のことかもしれないのですが、4月1日から左腕が痛くて、自分の体の方に引き寄せるのがとても痛くて同月下旬に整形外科に行ったら肩関節周囲炎みたいなものかなと言われました。

リハビリを続けていますが一進一退です。

(肩関節周囲炎とは所謂五十肩の様なのですが私はそんな年はいってません(汗))

今月頭くらいは調子がよくリハビリも行かなくていいかと思っていたのに少し二の腕の運動を再開したら再発しました。

家で出来るストレッチ等ありますか?

野上鉄夫
残念ですが、ストレッチでは治らないと思います。

まずは「安静」と「固定」あとは「痛くない範囲(を探しながら)で稼働させる」ことが最も早く回復できると思います。お大事にしてください。

というものでした。

二つ目は

質問
こんばんは。私は先日のサッカーの試合で足をつってしまいました

そこで質問なのですが、足をつらないようにするトレーニングはどのようにすればいいのでしょうか??

野上鉄夫
トレーニングではなく、水分とミネラルを事前に充分補給しておきましょう(^^)

というものでした。

三つ目は

質問
僕野球やってるんですが7ヶ月前くらいから肩の痛みがとれなくてこまってま

MRIに入った結果肩に水がたまっていて筋肉が炎症起こしてると言われました実際水はまだ取ってないんですが痛み止めの注射ならしてもらいました

何をしたら治りますか?

野上鉄夫
まず、なにかをやって早く治るということはありません。

通常肩の手術などをしたら4〜6週間の完全固定の後、リハビリが始まります。

リハビリも「早く治す」ためのものではなく「再発の防止」を目的としながら「筋力をもどす」ために行われるもので「治す」ために行われるものではありません。

7ヶ月も経っていまだに炎症があるということは安静にしておらず「なにかをしている」可能性が高いです。

それはただ「治る」のを遅らせているだけだと思った方がいいです。

まず医師の指示に従い、炎症を抑えるのと水を抜くのを最優先にしましょう。

トレーニングが必要なのは「炎症が静まった後」です

四つ目は

質問
突然なんですが....

きょっかくきんえんってどうやったらなおりますか?

ちなみに野球をやってます。

野上鉄夫
棘下筋炎ですね(^^)

筋肉の炎症は「固定」と「安静」が基本です。

運動は「治すため」にはほぼ無力だと思いましょう。

なにかするとそれだけ治りが遅くなるだけです。

ストレッチもダメです。医師の指示に従って炎症がなくなってからリハビリしましょうね(^^)

五つ目は

質問
急にすいません

今週の火曜日に肉離れをしてしまったんですが早くて3週間後遅くても5週間後には復帰したいと思っているんです。

どのようなことをしたらいいですか?痛みなどがとれるまでととれてからのリハビリなどのトレーニングの過程を教えていただけるとありがたいです

野上鉄夫
「固定」と「安静」です。

何時迄に復帰したいと希望を筋肉が聞いてくれる・・・なんてことはありません(^^;

下手に動かすと肉離れが「クセ」になりますよ?

医師の指示に従い運動を開始してよいと言う許可がでてから、徐々にリハビリしましょう(^^)

質問内容は全く違いますが、答えに共通点があるのをお気づきでしょうか?

そう、「トレーニングやストレッチでは治らない」という主旨のことをアドバイスさせていただいています。

これは特に「故障を抱えた」アスリートの方からいただく事の多いパターンのご質問なのですが、かなり誤解を持っている方が多いといつも感じています。

次のページへ >

オススメ

YouTube Fitnetssfield
チャンネル登録者数1万人突破!

インストラクター&パーソナルトレーナー歴30年の野上が、ブログでは書ききれなかった情報をYouTubeの動画で分かりやすく解説しています。

\ チャンネル登録お願いします /

YouTubeチャンネルはこちら

-ストレッチ・柔軟
-, ,

© 2020 Fitnessfield(フィットネスフィールド)