ストレッチ・柔軟

ストレッチ より効かせるにはどうすればいいの?

ストレッチ

ストレッチ より効かせるにはどうすればいいの?

皆さんこんにちは!

パーソナルトレーナーの野上です。

今日はストレッチです。

ストレッチをより効かせる為には?というテーマで色々とご紹介させていただきたいと思います。

「テコの原理」を上手く利用する

ストレッチの効果は身体を柔らかくする他に、筋肉や精神のリラックス効果を期待して行なっている方も少なくないと思います。

しかしストレッチをしていて、何となく身体に力が入ってしまい、リラックスどころか力んで疲れてしまうと方もいらっしゃいます。

これは、わざわざ力が入ってしまう姿勢でストレッチをしているからなんです。

特に腕や足を手で引っ張ったり押したりするストレッチの場合によく見られます。

妙に引っ張る、もしくは押す時に力が入ってしまっていませんか?

ポイントはこの時に「テコの原理」を上手く利用してあげる事が大事です。

例えば手を胸の方に引っ張ってストレッチをする場合、だいたい肘の所を押してストレッチする方が多いと思います。

しかし、より小さい力で引っ張りたければ、支点から遠い手首のあたりを持って引っ張ると良いのです。

脚も同じで、足首を引っ張って膝を曲げ大腿四頭筋のストレッチをしたい場合足首をもつ方が多いと思いますが、より先端に近い場所をもっていただくと小さな力で引っ張る事が出来ます。

ただしこの時問題なのは、より先端を押したり引いたりすると、途中に一つ関節が入ってしまい(先の場合は、肘や膝足首)、その関節が曲がってしまってポイントとなる支点部分のストレッチが今ひとつなんてことにもなりかねません。

そんな事も頭に入れつつ、でも支点から遠い部分に力を入れた方が小さな力でストレッチできるということも忘れずにストレッチを行なうとより自分にあったストレッチのフォームのやり方が見つかると思います。

逆転の発想

なにが逆転?? ・・・・ですよね(^-^)

みなさまはストレッチというと、脚を伸ばして座りそのまま身体を前に倒していく動作を思い浮かべると思います。

しかし、このやり方ですと身体の固い方はすぐに「いててててっ」となると思います。

そこで逆転の発想。

例えばこの動作であれば脚は伸ばさずに曲げておき身体を予め前屈させます。

そして身体はそのまま「脚」(膝)をのばしていくストレッチのやり方もあるのです。

こちらのやり方は身体の固い方や、シニアそうの方にはとてもお勧めです。

またストレッチによる怪我の防止等にも効果があります。

応用バージョンとして、例えばしゃがんで両方の手の平を床につけた状態になります。

そのまま膝を伸ばして立ち上がっていきます。

しかし手の平は床につけたままです。

どうでしょう?

立った状態から、膝を伸ばしたまま指先を床につけていくお決まりのストレッチ動作よりも安全にできそうな感じがしませんか?

このように「関節を曲げた状態から徐々に伸ばして筋肉を伸ばす」というストレッチのやり方もあるのです。

ちょっと発送を転換していただいてストレッチしていただくと新たなやり方も見えて来ると思いますので、ぜひご参考に(^-^)

次のページでは身体の場所別で色々な手法をご紹介します!!

次のページへ >

オススメ

YouTube Fitnetssfield
チャンネル登録者数1万人突破!

インストラクター&パーソナルトレーナー歴30年の野上が、ブログでは書ききれなかった情報をYouTubeの動画で分かりやすく解説しています。

\ チャンネル登録お願いします /

YouTubeチャンネルはこちら

-ストレッチ・柔軟
-,

© 2021 Fitnessfield(フィットネスフィールド)