スピード・アジリティ

スピードアップ かなり大事! 速く走る為に必要な筋肉、そして不要な筋肉は?

女性トレッドミルでの有酸素運動

みなさんこんにちは!

パーソナルトレーナーの野上です!

今回は、スピードを語る上で少し筋肉チックなお話をしたいと思います。

走る!という場合に必要な筋肉ってなんだと思います?

走るという動作はいろいろな筋肉を使います。

しかし実は突き詰めて行くと、全ての筋肉が「太く」ある必要はない!!

というか場合によっては「全ての筋肉が太い」と走る動作において「不利に働く事がある」のです。

これは「筋肉むきむきじゃスピードがなくなる」なんてイメージ先行の都市伝説レベルの話ではありません!!

速く走る為に必要な筋肉

速く走るのに大きく太く発達した方がいい筋肉はあります!(^^)

そしてあまりついていない方が有利な筋肉もあります(^^;

これはどういうことかというと「慣性」の面で考えて頂くといいんです。

走る時に勢いよく動くのはもちろん「脚」と「腕」ですよね?

この先端に重りをつけたら速く動けるでしょうか?

例えばダンベルを持つとか、超重い靴を履くとか(^^;

速く動けないですよね?(^^;

それを筋肉に置き換えてみると・・・・・・

先端に近い、前腕とふくらはぎは「あまり太くない」方がいいのです!

腕はともかくふくらはぎ?・・・・

と考えている方も多いと思います。

実はそうなんです!!!!

これはですね・・・走るのに特化した動物、チーターとか、馬のサラブレットの身体を見てもらうとわかるのです。

これらの動物は、脚を動かす大ももの筋肉や、胸や肩周り(4本脚なので)、そしてお尻の筋肉はめちゃくちゃ発達しています。

しかし・・・・脚の先端に向かっていくと筋肉は細くなっていきます。

脚を回転させる筋肉はいくら太くてもそれは「身体の中心近く」にその筋肉があるので回転スピードを阻害することはありません。

そして回転スピードを支えるエンジンの役割をするため、これらは発達していた方が良いのです。

逆にふくらはぎや前腕が太く筋肉がついていると、それらは腕や「脚の回転」になんの寄与もしない筋肉です。

そして重ければ回転そのものに対して「重し」になってしまい、スピードに対しての足かせになってしまいます。

いやいや、野上さん、ふくらはぎは使うでしょう・・・

って声が聞こえてきそうですが・・・

ふくらはぎの筋肉は確かに使います(^^)

ただし太くなくてもいいんです。

つまり筋肥大を起こすようなトーニングは必要ありません!!

ふくらはぎはジャンプ系のプライオメトリックトレーニングという伸張反射をつかうトレーニングによって、鍛えていくほうがいいのです。

ちょっと衝撃の事実かもしれないですが・・・・・(^^;

つまり、身体中央部分は太くてもよく(筋肉でです!!)、先端にいくにしたがって細くなって行く身体つきの方が、実は加速、回転によるトップスヒードには共に有利と言えるのです。

次のページへ >

オススメ

YouTube Fitnetssfield
チャンネル登録者数1万人突破!

インストラクター&パーソナルトレーナー歴30年の野上が、ブログでは書ききれなかった情報をYouTubeの動画で分かりやすく解説しています。

\ チャンネル登録お願いします /

YouTubeチャンネルはこちら

-スピード・アジリティ
-,

© 2020 Fitnessfield(フィットネスフィールド)