スピード・アジリティ

ダッシュ力を向上させる!!!

短距離の全速力ダッシュ

皆さんこんにちは!

パーソナルトレーナーの野上です

今日は「ダッシュ力を向上させるために」というテーマで書かせていただこうと思います。

ダッシュ・・・・いろいろなスポーツに必要不可欠な動作です!

まず、ダッシュと一口に言ってもいろいろとあります。

100mくらいまでの短距離走は「ダッシュ」と呼ばれることも多いのではないでしょうか?

そして、50m、30m、10m、5m、3m、そして卓球やバレーボールの横へのダッシュやバスケやサッカーでドリブルで相手を一瞬に抜くのはわずか1mのダッシュです。

しかしその「1mのスピード」が非常に重要な場合も、スポーツには多々あります。

そして、このダッシュは解析していくといくつかのフェーズに分かれます。

一つは「スタート」局面です。

これは10m以内のダッシュのことです。

次に「加速」局面があります。

これは10m~30mの身体をより加速させるための距離の局面です。

最後は「最大スピード」局面です。

これは30m以上の、トップスピードを維持する局面になります。

そして、もう一つの大事な局面があります。

えっ?スタートして、加速して、トップスピードに達して、他にまだ何があるの?と思われる方も多いと思いますが、大事な局面があるのです。

「反応局面」

それは「反応局面」と言われるものです。

これは、視覚・聴覚などの刺激によって、行動を起こすまでの「反応時間の短さ」を指すと思っていただいてよろしいと思います。

相手の強烈なサーブに対して、目で球がどちらに来るのかを見極め、身体をそちらに向かって動かそうと脳が指令を出すまでの時間です。

テニス・パレーボール・卓球などにとっては、生命線とも言える「スピード」と言えます。

また、短距離走や、水泳などにもこの「反応局面」はとても重要な役割を果たします。

そしてこの「反応局面」は大きく二つの種類に分かれます。

「単純反応」と「選択反応」

一つはあらかじめ決められた行動を合図によって素早く正確に行う「単純反応」

もう一つは、予測が困難な行動をその場の状況に応じて的確に判断して素早く行動に移す、複雑化された「選択反応」というものがあります!

前者が水泳や陸上競技のスタートシーンで、後者が球技におけるシーンであることはすぐにわかっていただけると思います。

この反応スピードは、スプリントの距離が短ければ短いほど重要性を増すといわれています。

また時として、スプリントスピードそのものよりも、反応時間の短さの方が重要であると言われることもあります。

面白い報告としては、スプリントスピードと反応時間には相関関係は見られないそうです。

つまり、フィジカルで劣っている選手も、反応時間が短ければ相手に十分に勝てるチャンスが生まれてくるということなんですね(^^)

じゃこれらの反応時間を短くするトレーニングとは何かというと・・・・

まず肝心なのは単純反応もそうですが、よりいろいろやらなくてはいけないのは「選択反応」の方です。

球技においては、いろいろな姿勢であったり動作スピードからいろいろな方向に素早く反応しなければなりません。

そこで、立位姿勢、歩行、ジョギング、サイドステップから、誰かに不規則に「合図」(拍手など)を出してもらい、合図が出たら素早く決められた方向に動く・・・といったトレーニングが基本になります。

ミニコーンを置いて複雑なパターンのダッシュを行っている最中や、ラダートレーニングで複雑なステップを行っている最中に、旗を上げます。

例えば赤い旗だったら右へ、白い旗だったら左へとダッシュさせたりするトレーニングも比較的ポピュラーです。

ギアを使ったトレーニングの代表は「クレージーボール」です。

これは地面にバウンドした際、どちらに飛ぶのかわからないボールで、これをワンバウンドで投げてキャッチするトレーニングは反応時間の向上にとても役立つといわれています。

もちろんダッシュのスタートや加速・トップスピードを向上させるためのフイジカルトレーニングはとても大切ですが「反応時間」の短縮に時間をかける練習を、年間通じて定期的に行っているケースって案外少ないのではないでしょうか?

時としてフイジカルの差を上回る効果を発揮する「反応時間の短縮」!

是非フィジカルでどうしても勝てないけど、ライバルに負けたくない!!

・・・という方は真剣に取り組んでみてはいかがでしょうか?

次のページではスタート局面についてお話ししたいと思います。

次のページへ >

オススメ

YouTube Fitnetssfield
チャンネル登録者数1万人突破!

インストラクター&パーソナルトレーナー歴30年の野上が、ブログでは書ききれなかった情報をYouTubeの動画で分かりやすく解説しています。

\ チャンネル登録お願いします /

YouTubeチャンネルはこちら

-スピード・アジリティ
-,

© 2020 Fitnessfield(フィットネスフィールド)