疲れ・疲労回復

遠赤外線サウナは芯から温まる・・・は嘘!サウナの効用について色々語ってみた!

サウナ風呂の健康効果について

皆さんこんにちは!

パーソナルトレーナーの野上です

今日は「サウナの効用」というテーマでお届けしようと思います。

フィットネスクラブにおいて、よく使われる言葉に「サウナ会員」という単語があります(^^;

マシンもスタジオもプールも使わず「サウナのみ」に入りに来る会員の方々です(^^)

体育会系の学生さんからは「せっかくジムにお金を払ってトレーニングにいってるのにありえないでしょ」と思われる方も多いと思います(^^;

しかしこの「サウナ会員」の会員数は、どのフィットネスクラブにおいても売り上げに上とても重要な位置を占めるくらい非常に多数の方がいらっしゃいます(^^)

僕のブログをご覧いただいている方なら、散々「サウナでは脂肪は落ちない!」ということを書いたりつぶやいたりしているので、その「サウナのダイェット上」の効果に関してはほとんどないことはご存知だとは思います(^^;

しかしサウナにはなんの効果もないのか?・・・というと、実はそんなこともないのです!

サウナの効果

まずサウナで得られる一番大きな効果は「血流がよくなる」ことです。

あれだけ暑い環境にいれば、汗がダラダラと流れ、心臓もドキドキしますよね。

血管も大抵の方は浮き出てきます。

血流が良くなるということは、血管の伸縮が激しくなるということです。

サウナに入り、血管が開いたあとに冷水のシャワーを浴びたり水風呂に入ったりすると血管は急激に収縮します。

そして、その後は血管が開きやすくなります(^^)(投手のアイシングと同じ)

サウナで血管を拡張し、そのあと水風呂に入ったり水のシャワーを浴びて血管をキュッと閉めたりを繰り返すことによって血管を伸縮させると、血管内の血液の流れに対する「ずり応力」が一時的に高まります。

その刺激で血管内皮細胞から分泌される一酸化炭素が血管を拡張して、血管の老化を防ぎ運動で発生する有害な活性酸素をブロックする効果が見込めるそうです。

(鹿児島大学大学院医歯学総合研究科より)

「人は血管とともに老いる」という言葉があります。

この血管年齢の老化の防止に必要なのはもちろん運動ですが、実は「サウナ」はそういった意味では効果があるのです!

スポーツクラブに通っている方は、サウナを使っている方多いと思いますが(蛇足ですが僕はサウナ苦手です(^^;)、血管年齢のためには有効なんだなあと、自信を持ってご利用していただきたいと思います。

次のページでは最近よく耳にする「活性酸素」と「サウナ」の関係についてご紹介したいと思います。

次のページへ >

オススメ

YouTube Fitnetssfield
チャンネル登録者数1万人突破!

インストラクター&パーソナルトレーナー歴30年の野上が、ブログでは書ききれなかった情報をYouTubeの動画で分かりやすく解説しています。

\ チャンネル登録お願いします /

YouTubeチャンネルはこちら

-疲れ・疲労回復
-, ,

© 2020 Fitnessfield(フィットネスフィールド)