疲れ・疲労回復

乳酸菌を目的別で選ぼう!

乳酸菌の選び方

皆さんこんにちは

パーソナルトレーナーの野上です

今日は「乳酸菌を目的別で選ぼう」というテーマでお届けしたいと思います。

毎日健康のためにヨーグルトを食べている・・・・という方も多いと思います。

ヨーグルトの乳酸菌が、腸内を健康にしてくれ、健康にいいだろう・・・と・・・

それ自体は間違っていませんし、とても手軽に食べられるので、朝、食欲がないという方もヨーグルトを朝食に食べているという方もいらっしゃるでしょう!

そんな、食べやすく、健康にもいい「ヨーグルト」ですが、その乳酸菌が実はいくつか種類があり、その種類によって効果が異なるとしたらどうでしょう?

その目的別に乳酸菌を選び分けていますでしょうか?(^^)

今日はその辺について少しお話しししたいと思います。

まず、肝心の乳酸菌ですが、実は「乳酸菌」という名の特定の菌はありません。

乳酸菌とは、発酵によって糖類から大量の乳酸を作り出し、かつ悪臭の原因となるような腐敗物質を作らない菌の「総称」です。

そして、乳酸菌には数多くの種類があります。

まず、大雑把に動物由来のものと植物由来のものと二つに分かれます。

ヨーグルト・チーズなどと言ったものは動物由来です。

そしてぬか漬けやキムチ、味噌、醤油などは植物由来で、実は果物や野菜の表面にも生息していたりします。

乳酸菌を「目的別で摂取する」場合の大きな目的はもちろん「腸内環境をよくする」事です。

そして腸内環境を良くした結果、副次的に健康に色々といい影響を与えるわけですが、それが割と色々とあり乳酸菌の種類によって色々と変わる部分があるんです。

では乳酸菌を摂取することによって、どんないい影響があるのか?そのためにはどんな種類の乳酸菌を摂取したらいいのか?ですが・・・・

乳酸菌を摂取すると、どんないい影響があるのか?

免疫力

まず「免疫力の向上」があげられます。

病原菌やウイルスなどから身体を守るのは基本的に白血球の仕事です。

さらに外部からの異物を食べるNK細胞などの免疫細胞があります。

これは、ヨーグルトを毎日摂取すると活性化されることがわかっています。

では、どんな種類の乳酸菌が免疫能力を向上させるかですが、

  • 1073R-1
  • シロタ株
  • ラブレ菌

などの乳酸菌が免疫力向上に役立つと言われています。

コレステロール

次の目的ですが、乳酸菌を摂取すると「コレステロール」にもいい影響を与えます。

乳酸菌は腸管の中でコレステロールを吸着して、体の外に押し出すと言った働きがあります。

ではどんな乳酸菌がコレステロールにいい影響を与えるのか?ですが、

  • ラブレ菌
  • BT2928
  • GCL1176

となっています。

「胃がん」の予防

乳酸菌の種類がなんかいろいろあって効果も違うのはなんとなくわかったけど、知っている名前の乳酸菌の代表格、LG21とかはどんな効果があるの?

なんて思われる方もいらっしゃると思います。

これはですね・・・「胃がん」の予防に効果があるんです。

胃がんの原因の一つに「ビロリ菌」への感染があります。

一説によると日本人の半数がビロリ菌に感染しているという数字があるくらいです。

このビロリ菌は乳酸菌によって胃から追い出されることが確認されています。

その代表格が「LG21」なのです。

他にも

  • LC1
  • BF1株
  • ロイテリ菌

などが、同じようにビロリ菌を胃から外に出す効果が確認されています。

目的によって摂取する乳酸菌は色々と変わるものなのです。

花粉症のアレルギーをお持ちではないですか?

みなさん花粉症のアレルギーをお持ちではないですか?

乳酸菌には花粉症の症状を軽減してくれるものがあるんです。

花粉症の方は花粉やタンパク質などのアレルゲンの吸収を抑えるIgA抗体が少ない傾向にあります。

これらを増やしてくれる乳酸菌があります。

また、外から入ってくる花粉と結びつくヒスタミンなどの科学物質を分泌し、アレルギー症状を引き起こすIgE抗体を減らす働きのある乳酸菌もあります。

ダブルの作用で花粉をセープするというわけです。

そんな働きのある乳酸菌は、

  • LGG
  • GCL1176株
  • BB536
  • L-55株
  • KW3110株

という乳酸菌です。

花粉症に悩んでいる方、多くいらっしゃると思いますが、ぜひ頭に入れておきましょう!

ダイエットに効く乳酸菌

えっ? ヨーグルトでダイエットできるの?

なんて声が聞こえてきそうですが・・(^^;

そもそも、ヨーグルトって腸内の善玉菌を増やして、腐敗物を貯めないようにする目的で摂取するものです。

つまり宿便を減らすことにより、ウエストをすっきり見せる効果が期待できるわけです。

さらに乳酸菌には内臓脂肪を減らす効果があることも見逃せません。

そんなダイエット目的でとる場合に適した乳酸菌は

  • SBT2055株
  • LGG

というに乳酸菌になります。

ちなみに「便秘」に効く乳酸菌は、

  • LB81
  • BB536
  • BE80
  • LKM-512
  • HNO19株
  • ガゼリ菌SP株

となります。

ぜひ、ヨーグルトでダイエット効果を狙いたい!

そんな方は是非覚えておいてください(^^)

ストレスにさらされている方も多いと思いますが

まず、ストレスがかかると、腸の動きが悪くなって悪玉菌が増えます。

悪玉菌が増えると免疫力の低下などが起きます。

乳酸菌にはストレスホルモンの増加の防止に効果があることがわかっています。

こういう場合にオススメなのは

  • CP2305株
  • BE80
  • ラブレ菌

という乳酸菌です。

また、ヨーグルトに含まれるカルシウムにもストレスを解消させてくれる働きがあります。

ぜひ仕事前の朝食時だけでなく、仕事終わりの夕食後のデザートにもこれらの乳酸菌を摂取してみてはいかがでしょうか?

血圧

ストレスがかかると、血圧が上がる・・・・

そんな方いらっしゃいませんか?(^^;

昔の漫画だと、お父さんが怒るシーンだと「お父さん血圧が・・」とお父さんを心配するお母さんの姿がよく描かれていたものですが(^^;

ヨーグルトに含まれる「カリウム」という物質は、血管内のナトリウム(塩分)を外に排出してくれる働きがあります。

それによって血圧が下がりやすくなります!やっばり血圧には塩分が大きく関わってきます!

また、ヨーグルトの作る「ラクトトリペプチド」という物質は、血圧上昇にに働く酵素の邪魔をしたり、血管年齢を若返らせる働きがあります。

そんな高血圧対策に効果のある乳酸菌は

  • アミールS
  • LC1
  • CM4株

となっています。

日本人の塩分摂取量の推奨量は、厚生労働省の推奨ではなんと1日6gほどとなっています。

これはものすごく少ない数値です。

一般的な生活をしているとこの数値を達成するのは結構難しい数値です。

特に日本では地方に行くと、どうしても漬物が多くそのため塩分過多となりやすい国民性となっています。

そのため高血圧の方が多いお国柄なので、ちょっとこれらの乳酸菌のことを頭に入れ乳酸菌を多く摂取する生活を始めてみてはいかがでしょうか?

次のページへ >

オススメ

YouTube Fitnetssfield
チャンネル登録者数1万人突破!

インストラクター&パーソナルトレーナー歴30年の野上が、ブログでは書ききれなかった情報をYouTubeの動画で分かりやすく解説しています。

\ チャンネル登録お願いします /

YouTubeチャンネルはこちら

-疲れ・疲労回復
-, , ,

© 2020 Fitnessfield(フィットネスフィールド)