ランニング

「体幹で走る」について

女性ランニング

みなさんこんにちは!

パーソナルトレーナーの野上です

今日は「体幹で走る」というテーマでお話ししようと思います。

まあ、確かに大げさな言い回しと言うかキャッチーさを狙った物であるとは思います。

そもそも走ると言う作業は「脚」で走る物なので、「体幹で走る」という表現は、そういう意味ではちよっと大げさだといえますが(^^;、

正確な表現をすると「体幹を効率よく使って走る」になると思います(^^)

「横隔膜」の癒着を剥がす

では、体幹を効率よく使うとはどういう事なのでしょうか?

まずは「横隔膜」に注目したいと思います。

体には「癒着」と言うものが発生します

癒着には「皮膚の癒着」「筋肉の癒着」などがあります。

それぞれの組織間の癒着が激しいと、組織と組織の間に本来生まれるはずの「滑走」が生まれづらく、組織間の抵抗が生まれ、それが足かせとなって動きが鈍くなったり可動域が狭まったりするものなのです。

それと横隔膜とどう関係があるのか?というと「双対の動き」といわれるものがあります。

双対の動きと言うのは、右足を前に出したときは、右手が後ろに来ると言う身体の上半身と下半身間に多少の「ねじれ」を伴いながら動作を行なうことをいいます。
(注! 本当に多少です。盛大にねじって走っては行けません!むしろ固定するくらいでちょうどいいです!)

この「ねじれ」をスムーズに行なううえで抵抗になりやすいのが「横隔膜」と周辺組織との「癒着」になのです。

この周辺の動きが悪いと体幹の自然な「ねじれ」に抵抗となり、「無駄なエネルギー」を使ってしまう事になります。

「いかにエネルギーを無駄なくつかって長距離を走るか」は近年の長距離走においてはとても大事なポイントになります。

とはいっても、横隔膜なんて身体の中のほうにあるんだから、癒着を剥がすなんてできないでしょう?と思われる方もいると思います。

これ実はやろうとすれば出来るんです。

本来これは二人一組になっておこなうものなのですが、セルフで行なう方法としては、まず両腕を胸の前で組んで頂きます。

そのまま両足でかるく連続してジャンプしていただくのですが、この時に下半身を一回一回左右に向きを変えるように、下半身を捻りながら軽い連続ジャンプを行なっていただきます。

そして上半身は下半身と「逆の方向」に一回一回大きく捻りを加えるようにしてみて下さい。

レースや普段のトレーニングのウォーミングアップとして取り入れていただけるといいと思います。

下半身と上半身を動かしながら「横隔膜の所を中心として(境目として)身体に連続してねじりをいれてあげて、周辺組織との癒着をスムーズにして頂くんです。

この辺の動きがスムーズになると、双対の動きで費やされるエネルギーを省エネ化できる期待が見込めます。

ぜひ普段のランの練習時からアップの時に取り入れて体幹のねじりをスムーズに行なえるようにしてみて下さい(^^)

次のページへ >

オススメ

YouTube Fitnetssfield
チャンネル登録者数1万人突破!

インストラクター&パーソナルトレーナー歴30年の野上が、ブログでは書ききれなかった情報をYouTubeの動画で分かりやすく解説しています。

\ チャンネル登録お願いします /

YouTubeチャンネルはこちら

-ランニング
-,

© 2020 Fitnessfield(フィットネスフィールド)