ランニング・長距離のスピード

硬いアスファルトの上ばかりで走っていると怪我をしやすい? &着地について

着地

皆さんこんにちは

パーソナルトレーナーの野上です

今日は、まず「硬いアスファルトの上ばかりで走っていると怪我をしやすい?」というテーマでお届けしたいと思います。

「硬いアスファルトの上ばかりで走っていると怪我をしやすい?」

サッカーでは芝生の上を、野球では土の上を、陸上競技のトラック競技ではタータンの上を走ることが多いですよね。

しかし一般のランナー、もしくはマラソン競技などではアスフフルトの上を走ることが多いと思います。

そして、昔からよく言われることがあります。

硬いアスファルトの上を走っていると怪我をしやすいと・・・

でも疑問に思ったことありませんか?

んなこと言ってたら、マラソンランナーみんな膝逝っちゃうんじゃね?と

実は固い路面で走ると怪我をするという事実を科学的に証明した研究はほとんどないそうです。

そしてその逆とも言えることですが、驚くべきことに人は走る固さがどのようなものであっても衝撃が同じようになるように、そのストライドを調整しながら走っていることが多くの研究で証明され始めているそうです。

着地面の固さの違いを身体が自動的に調整しているという驚くべき主張は1990年代に初めて提示されました。

実験の結果、被験者のランナーは筋肉の収縮程度や膝を曲げる角度をわずかに変えることで、どのような固さの地面で走っても上下動が同じになるよう、無意識に調整して走っていたことが明らかになったそうです。

着地の衝撃を自動的に調整していれば・・・・

そりゃ、硬いアスフアルトの上を何時間も走ったとしてもその衝撃は芝生の上を走っているのと同じだということになります。

そうなると怪我の発生率を立証できないなんてことは、十分うなずける話だと思います。

研究事例

ただ、もちろんいろんな研究があります。

そしてその結果が割とバラバラなのもこの世界ではよくあるというか、むしろそれが普通な話だったりします。

例えば2002年にフロリダの大学で行われた衝撃を感知する中敷を使用して実験したところアスファルト・コンクリート・芝生・人工トラックの上でランナーの足にかかる力に相違はなかったそうです

しかし、2010年にブラジルで行われた実験ではアスファルトと芝生の上ではストライドごとに12%の圧力の違い(もちろんアスファルトの方が高い)があったそうです。

ただしこの12%の差はアスファルトと芝生の表面の固さの違いから比べれば驚くほど少ない数値だということです。

アスファルト走ってるけど膝痛くなったことなんてないよなー・・・・

とおそらく大抵のシティランナーは同じように思っているのではないでしょうか?

ただし、このような指摘もあります。

綺麗で平坦なアスファルトコースを走っていると、膝や筋肉の同じところばかりに連続して負担がかかるので、怪我をしやすいと・・・・

しかし、あまりにも凸凹しているとそれはそれで足首を痛めてしまう可能性も高くなります・・・

つまり「ある程度」着地面に、やや変化がある方が足の筋肉が色々と動員されていき、また、着地の衝撃も変化を伴うので負担がかかる部分が分散されやすくなり怪我をしづらくなるのです。

また普段と違う環境でトレーニングをすると筋肉が準備ができていなくゲガをしやすいという説もあります。

常にアスファルトの上でトレーニングしている人は、筋肉やストライドがそれに慣れている「仕様」になっています。

そう言う方がいきなり芝生の上であったりクロスカントリートレーニングをしたりすると、着地の衝撃の吸収がアスファルトを走るのに慣れきってしまっている筋肉や関節にかえって負荷がかかるので、その導入は慎重にすべきです。

もちろんこの逆も然りで (特にこちらの方が問題になる可能性が高いと思いますが)、普段芝生や土のグランドの上で走っている人がアスファルトの上を長距離走ると、やはり普段とは膝への衝撃の具合が違って筋肉にいつもと違う負荷がかかり痛めてしまうというものです。

おそらく「硬い道路で走ると膝を痛める」というのは、普段グランドで走っていた体育会系の学生などが、時折アスファルトの上を走った時に感じる違和感を持ち上げてこのように言われるようになったのでは?と個人的には思っています。

普段からロードワークやマラソンレースのための練習で、普段からアスファルトの上を走っているという方は、硬い路面で走っていると膝を痛めるという話はあまり気にしなくてもいいと思います。

しかし、ランニングシューズはある程度しっかりしたものを履かれることもお勧めしておきます(^^)

次のページでは、そんな足の怪我と密接に関係してくる「着地」について色々とお話ししたいと思います。

次のページへ >

オススメ

YouTube Fitnetssfield
チャンネル登録者数1万人突破!

インストラクター&パーソナルトレーナー歴30年の野上が、ブログでは書ききれなかった情報をYouTubeの動画で分かりやすく解説しています。

\ チャンネル登録お願いします /

YouTubeチャンネルはこちら

-ランニング・長距離のスピード
-,

© 2021 Fitnessfield(フィットネスフィールド)