食事について

実は好相性! ダイエットと「お肉」の素敵な関係

焼き肉を太らず食べる方法

皆さんこんにちは

パーソナルトレーナーの野上です

今日は、「実は好相性! ダイエットと「お肉」の素敵な関係」というテーマでお届けしたいと思います。

ダイエットをしているときに「焼肉」!

なんか、やっちゃダメなパターンの典型のように思われている方も多いと思います。

そんな食生活したら、せっかく苦労してダイエットしたのに一気にリバウンドしちゃう!

そんな風に思われている方も少なくないでしょう。

しかし、僕は、ダイエットしている方の食事の指導として「お肉を食べちゃダメです」とか「焼肉ダメですよ!」なんていう指導はいたしません。

というか、むしろ「お肉」や「お魚」は積極的に食べてくださいね!という指導をいたしております。

今日はその辺の根拠について、色々とご紹介したいと思います。

なぜダイエットとお肉は相性が良いのか?

リバウンド防止

まず、ダイエットにおいて、リバウンドの大きな原因の一つに「筋肉の減少」が挙げられます。

どうしても体重が減る時というのは、筋肉も同時になくなりがちです。

そして筋肉が少なくなれば、当然1日に消費するカロリーも少なくなります。

一日に消費するカロリーが少なくなれば、当然リバウンドしやすくなりますが、これを防ぐためにできるだけタンパク質を普段から多く摂取する必要があります。

そう・・そのために「お肉を食べる」ということは、とても大切なことなのです。

しかしカルビや霜降り肉のように、白い部分が多い肉もありますが、この白い部分は「脂肪」です。

できるだけ赤身の肉を食べていただかないと「タンパク質」の摂取ではなく「脂肪の摂取」となってしまいますので、その点は注意が必要です。

牛もも肉や鶏肉など低カロリーで高タンパク質のものを摂取したいものです。

代謝の面から見てみると

次に、代謝の面から見てみると、羊肉や牛もも肉などには「カルニチン」という栄養が多く含まれています。

このカルニチンはサプリメントにもなっている位、脂肪の燃焼には大事な役割を果たします。

カルニチンは体内の脂肪を「ミトコンドリア」というところまで運んで燃やしてくれる働きを持っています。

ミトコンドリアとは、細胞の各所の細胞内にある「かまど」のようなものです。

脂肪という名の「薪」を、どんどん「かまど」に運んで燃やしてくれる物質・・・

それがカルニチンです!

つまりこれらの肉を食べると、脂肪が燃えやすい身体になるということが言えるのです。

美容

また、美容にも「お肉」が効くケースがあります。

コラーゲン・・・ご存知の方も多いと思います。

美肌を作るのに欠かせないものであります(^^)

これもお肉に含まれています。

特に多いのが意外かもしれませんが、なんと「手羽先」に多いのです(^^)

コラーゲンをたくさん食べて、それが直接皮膚に行くのか?という問題は残りますが(^^;

コラーケンに特徴的な3種のアミノ酸は、食べ物のコラーゲンから供給されやすいのも事実です。

そしてこの3種類のアミノ酸のうち1種類は体内で合成するにはビタミンCが不可欠です。

また、皮膚を健全に保つにはビタミンAも必要です。

美容面で手羽先を食べる場合は、この辺も頭に入れておくと良いでしょう。

アンチエイジング

ダイエット・美容ときて、さらにもう一つ効果があるのが・・・・

アンチエイジングです。

これに効くのは「豚レバー」です。

細胞内でエネルギーを生み出して、細胞レベルで活性化を狙うコエンザイムQ10が含まれています。

さらに老化を防ぐ抗酸化酵素を作る「亜鉛」「セレン」「銅」などの微妙ミネラルと、同じく抗酸化作用を保つビタミンAが含まれています。

んー・・・かなり万能でお勧めな食材です!!(^^)

リアルに僕はダイエットをしているお客様に普段のおかずに赤身系のお肉はどんどん進めています。

ぜひ、ダイエット中だからと言って「お肉を食べない」なんてことのないようにしてもらいたいと思います!

次のページへ >

オススメ

YouTube Fitnetssfield
チャンネル登録者数1万人突破!

インストラクター&パーソナルトレーナー歴30年の野上が、ブログでは書ききれなかった情報をYouTubeの動画で分かりやすく解説しています。

\ チャンネル登録お願いします /

YouTubeチャンネルはこちら

-食事について
-, , , ,

© 2021 Fitnessfield(フィットネスフィールド)