食事について

「脂肪を燃やす食べ物がある!」について

ランニングの時に使われるエネルギー

皆さんこんにちは

パーソナルトレーナーの野上です

今日は「炭水化物を燃やすスイッチ」というテーマでお届けしたいと思います。

いやいやいや、食べて痩せるって・・・・

なんかどこかのインチキサプリメントの宣伝みたいに・・・(^^;

野上さんらしくもない・・・・

いつも、運動と食事のコントロール・・・・

つまり摂取カロリーと消費カロリーをコントロールして脂肪を燃やすとかばっかり言ってるくせに!

そんなの本当はないんでしょ?

なんて思われているかもですが(^^;

(自分で書いて、ひどいなあと思ってます(TT) )

いやいや、あるって言えばあるんですよ!

いや、本当に!

炭水化物を燃やすスイッチ

ライザップですっかりお馴染みとなった「低炭水化物ダイエット」!

このブログをご覧のみなさまもダイエットをしている方なら「夜の炭水化物の摂取を控えている」という方、多いのではないでしょうか?

日本人は摂取カロリーの60%くらいは夕食で取っています。

その中でも特に炭水化物は脂肪になりやすいので、その炭水化物の摂取の多い、「夜のご飯」を控える・・・んーまずダイエットの基本ですね(^^)

しかし、朝食・昼食含めて炭水化物もしくは、糖質を1日中全く取らないなんて事は、例えば大会前のボディビルダーやフィジークの選手じゃないかぎりは、ほぼ不可能ですよね・・・(^^;

もちろん炭水化物はみなさんご存知の通り、身体を動かすために必要な「エネルギー」でもあります。

そう・・エネルギーなんです(^^)

そして摂取した炭水化物や糖質が、そのまま単体でエネルギーとして使われる・・・・

なんていうことは実はありません。

炭水化物や糖質をエネルギーとして燃やすのに必要な着火剤とでも言いましょうか、スイッチとでも言いましようか・・・

そのような栄養があります。

TCA回路

人間の細胞内にはTCA回路というものがあります。

人造人間が、何かのチップを身体中に埋め込まれているみたいな名前ですが(^^:

脂肪燃焼のキーポイントは、TCA回路というものにあります。

ミトコンドリアという細胞の中にあるこの回路は、脂肪を取り込んで様々な科学変化を起こすことで、エネルギーを作り出しています!

そして・・・・

よく「脂肪を燃焼させる」という言葉を耳にすると思いますが・・・

実は身体の中で脂肪が燃えるのはこの回路の中だけなんです!

ミトコンドリアって全身のいろいろなところにあるので、まあある意味「全身で燃やしている」とも言えますが・・

ヒトには、肝臓、腎臓、筋肉、脳などの代謝の活発な細胞に数百、数千個のミトコンドリアが存在し細胞質の約40%を占めています。

そして平均では1細胞中に300-400個のミトコンドリアが存在し、全身で体重の10%を占めているそうです(^^)

脂肪を燃やす三つのエネルギー

このTCA回路内でエネルギーを作る特により効率よくエネルギーを作り出すの時に「三つのエネルギー」があるととても燃えやすくなります。

一つはビタミンB群と言われるものです。

これが少ないとTCA回路がうまく回らず、脂肪を使いにくくなって脂肪燃焼の効率が落ちるんです!

ビタミンB群を多く含む食品として代表選手は「豚肉」です!

なんかビタミンて聞くと野菜を思い浮かべがちですが、実は「お肉系」に多く含まれているビタミンです。

ちなみに豚肉のヒレにはビタミンB1、レバーにはビタミンB2が豊富に含まれています。

ビタミンB1はニラやニンニク、玉ねぎなどに含まれるアリシンというものと一緒にとるとさらに吸収率がアップするのでオススメです!

ぼくはよくダイエットしている方にも「ダイエット中でも赤身のお肉やレバー類は積極的に食べてくださいね」と、お客様に言っています(^^)

そして、実は二つ目の栄養ですが、こちらの方があまり知られていなくてですね・・・・(^^;

どんな栄養価というと「マグネシウム」と言われているものがあります。

マグネシウムはこの回路の「スイッチを入れる」ような役割があります。

炭水化物や糖質を効率よくエネルギーに変換するための回路のスイッチがうまく入らないと・・・・

エネルギー余っちゃいますよね(^^;

なので、割と大事な栄養素だったりします。

でもマグネシウムなんて何に入っているかわかんないよ・・・という方も多いと思います。

マグネシウムは

  • アーモンド
  • ひじき
  • 大豆
  • きな粉

などに多く含まれています(^^)

最後3つめですが、これはCoQ10・・コエンザイムQ10というやつです。

よく昼間のテレビショッピングで宣伝していますよね(^^; あれです!

何もテレビの片棒を担ぐつもりはないですが、CoQ10は、食品でとるよりサプリメントでとることがオススメになります。

ここで肝心なのは高いものでなくて大丈夫です!

糖質は最終的には電子伝達系というエネルギー回路に取り込まれ最も大きなエネルギーを発揮します。

CoQ10はこの電子伝達系に関与いたします。

炭水化物や糖質をエネルギーに効率よく変換することができれば、無駄なく炭水化物や糖質を燃やしていけることができます。

摂取した炭水化物や糖質を余らせて脂肪に変えないように、しっかりとこれらの栄養を摂取してダイエットに励んでいただきたいと思います(^^)

脂肪の燃焼を助けてくれる食材がある・・・・

しかもインチキなしに!

ぜひ普段の食事から、これらの食事を心がけていただいてご自身のダイエットに役立ててください!

よろしければご参考に(^^)

ではでは!

オススメ

YouTube Fitnetssfield
チャンネル登録者数1万人突破!

インストラクター&パーソナルトレーナー歴30年の野上が、ブログでは書ききれなかった情報をYouTubeの動画で分かりやすく解説しています。

\ チャンネル登録お願いします /

YouTubeチャンネルはこちら

-食事について
-, , , ,

© 2021 Fitnessfield(フィットネスフィールド)