ダイエット

どの脂肪が一番悪い? 脂肪の種類と悪さの順番

2019年4月22日

皆さんこんばんは!

毎週日曜日の夜はダイエットをテーマにお届けいたしております。

今日のテーマは、「どの脂肪が一番悪い? 脂肪の種類と悪さの順番」というテーマでお届けしたいと思います。

ダイエットをしている方にとっては、脂肪が一番の大敵なのはいうまでもありません。

しかし、その脂肪にもいくつかの種類があり、さらに悪さをする順番が違うというのをご存知でしょうか?

今日はそんな脂肪の種類と悪さをする順番について少しお話ししたいと思います。

まず、脂肪にはどんな種類があるのか?です。

フィットネスクラブにおいてある体組成測定器では、まず二つの種類の脂肪が測定できます。

一つは皮下脂肪、そしてもう一つは内臓脂肪です。

僕はよくお客様に、「内臓脂肪ってわかりますか?」と聞くのですが「耳にしたことはある」という程度で、大抵のお客様はこの二つがどのように違うのかわからない方がほとんどです。

ここから先は僕がお客様トークで使っている言葉をそのままご紹介します。

「皮下脂肪と内臓脂肪ですが、皮下脂肪は「つまめる脂肪」、内臓脂肪は「つまめない身体の奥の方にある脂肪」です。

例えば、皮膚であれば、どこでもつまめますよね?

ほっぺだろうが、腕だろうが、お腹だろうが・・・

この「皮膚の下」にある脂肪なので「皮下脂肪」と呼ばれています。

皮膚がつまめるので、そのすぐ下にある皮下脂肪も一緒につまめます。

それに対して、例えば、お客様、今僕が「肝臓つまんでください」と言って、つまめますか?

お客様 ・・・無理です(苦笑い)

ですよね(^^) さらに小腸つまんでくださいとか言っても無理ですよね?(^^)

内臓脂肪というのは肝臓や小腸の周りについている脂肪です。

肝臓や小腸をつまむことなんてできないですから、その周りにある脂肪もつまめたりはしません。

なので、「身体の奥にあるつまめない脂肪」が内臓脂肪なんです。

と、いつも説明しています(^^)

大抵これでお客様は納得していただける方が多いのですが、では内臓脂肪と皮下脂肪はどんな関係にあるのか?です。

これもお客様に言っている台詞をそのままご紹介します。

内臓脂肪の目安は腹部断面積が100㎠以上です。これ以上になるとメタボリックと判断されます。そして、内臓脂肪が多いと、心筋梗塞や脳梗塞のリスクが高まります

それに比べて皮下脂肪は、あまり悪さをしません。ただし、外側につく脂肪なので、女性の場合スタイルに直結してしまうというデメリットがあります」

と説明しています。

そして、脂肪のつき方には4種類あります。

・上半身型

・下半身型(洋ナシ型)

・お腹集中型(リンゴ型)

・全身まんべんない型

です。

一般のフイットネス系の本には、リンゴ型と洋ナシ型をあげて、女性は洋ナシ型、男性はリンゴ型が一般的で、さらに女性は年齢を重ね女性ホルモンが少なくなってくると、リンゴ型にもなってくると言われます。

他の二つは僕が測定していく中で、割と見かけるので、勝手に名前をつけました(^^;

説明の通り、身体に対して悪さをするのは圧倒的に内臓脂肪の方です。

しかし、実はもう一つさらに身体に悪さをする脂肪があります。

それは「異所性脂肪」とうものです。

これは何かというと、わかりやすいところでは「霜降り」です。

牛肉などのお肉・・・・みなさんあまり実感無いかもしれませんが、あれはいわゆる牛の「筋肉」です。

その筋肉の中に脂身がついている・・・これが異所性脂肪で、牛だけでなく、これは人間にもつきます。

皮下脂肪や内臓脂肪でおさくり切らなかった脂肪が、最後に本来つくはずのない筋肉の中にまでついてしまった脂肪・・・これが異所性脂肪です。

これが身体の色々なところ・・・例えば心臓の筋肉などについてしまうと大変です。

また、肝臓についてしまうと、肝硬変や肝臓ガンの原因になったりもします。

ただ、本来つくはずのないところにつく脂肪で筋肉の近くについている関係上、運動などで真っ先に使用されてなくなる脂肪でもあります

ちゃんとケアすればOKなので、しっかりと運動と食事のコントロールをして、怖い異所性脂肪&内臓脂肪に対処するようにしましょう(^^)

色々書きましたが、よろしければご参考にしてください(^^)

ではでは!

-ダイエット

Copyright© Fitnessfield(フィットネスフィールド) , 2019 All Rights Reserved.