油や脂肪を知ろう

ダイエット なんで女性の方が痩せづらいの?

女性俯く

皆さんこんにちは

パーソナルトレーナーの野上です!・

今回は「女性は瘦せづらい?」というテーマでお届けしようと思います。

ジムでのダイエット指導では良くある質問です。

とくに女性の方から「なかなか痩せないんです!」・・・とはよく言われる話です(^^;

実際に見たお客様の実際のダイエット指導の事例

実際に見たお客様の実際のダイエット指導の事例をご紹介したいと思います。

ひとりは男性の40代のお客様でした。

体組成測定の結果、内臓脂肪がメタボ基準の2倍以上あるお客様でした。

そしてその次に見たお客様は若い女性のお客様で、内臓脂肪はメタボ基準の半分程度なのですが、皮下脂肪は内臓脂肪から割り出した適正基準(メーカー推奨値)の2倍の皮下脂肪がありました。

実はこの二人、脂肪のつき方としては男女典型的な例なのでちょっとご紹介させていただきたいと思います。

人間は摂取カロリーが消費カロリーより余剰になると脂肪に変換して貯える動物です。

そしてこの脂肪への変換の仕方が、男性と女性によってかなり異なる場合が多いのです。

女性の場合、女性ホルモンであるエストロゲンいうホルモンの作用により脂肪が皮下脂肪へ誘導されやすくなります。

またこの脂肪が貯えられる場所にも特徴があり、お腹と脚・・

いわゆる下半身につきやすい「洋梨型」といわれる体脂肪のつき方をします。

一方男性はエストロゲンの分泌が弱いので、脂肪が皮下脂肪に誘導されにくく、内蔵に溜まってしまう「内臓脂肪型」・・

とくにお腹に集中してつきやすい事から「リンゴ型」といわれる脂肪のつき方をする方が多いです。

その為それぞれ対策の傾向がことなります。

内臓脂肪型の脂肪のつき方をする方は、食事のコントロール(脂質制限、アルコール制限)をしていただく事が効果が大きいと言えます。
(もちろん運動も大事です! ここは誤解しないで下さい。)

皮下脂肪型の方は食事のコントロールも大事なのですが、やはり溜め込んだエネルギータンクである脂肪を消費する為には、エネルギーをしっかり使ってあげる事が重要です。

そのため食事と運動の両面で対策を講じることが大事になってきます。

先程のお客様の説明の内容は、男性の場合は、食事の内容や飲酒の習慣をこまかくリサーチしてお話しする時間が長くなります。

女性の場合は、食事もそうですが、有酸素運動の大切さやお客様の好みを聞いてスタジオエクササイズでなにかお気に入りが見つかるようなお話をする時間が長くなります。

ダイエットはそのひとその人の脂肪のつき方、生活習慣、運動歴、体重の推移などを細かく聞いて、その人にあったアドバイスが出来るかどうかが成功の大きな分かれ道になります。

皆様も自分にあったダイエット方法をぜひ見つけて下さい!

次のページでは今回のメインテーマであるなぜ女性の方が痩せづらいのか?について色々お話したいと思います。

次のページへ >

オススメ

YouTube Fitnetssfield
チャンネル登録者数1万人突破!

インストラクター&パーソナルトレーナー歴30年の野上が、ブログでは書ききれなかった情報をYouTubeの動画で分かりやすく解説しています。

\ チャンネル登録お願いします /

YouTubeチャンネルはこちら

-油や脂肪を知ろう
-,

© 2021 Fitnessfield(フィットネスフィールド)