ダイエット

ダイエット なんで女性の方が痩せづらいの?

女性俯く

皆さんこんにちは

パーソナルトレーナーの野上です!・
今回は、女性誌瘦せづらい?についてというテーマでお届けしようと思います。
ダイエットでは良くある質問で、とくに女性の方からあるお話(というよりほとんどクレーム(TT))なんですが・・!

なかなか痩せないんです!・・・と(^^;

実際に見たお客様の実際のダイエット指導の事例

実際に見たお客様の実際のダイエット指導の事例をちょっとだけご紹介したいと思います。
ひとりは男性の40代のお客様でしたが、体組成測定の結果は、内臓脂肪がメタボ基準の2倍以上あるお客様でした。
そして、その次に見たお客様は若い女性のお客様で、内臓脂肪はメタボ基準の半分程度なのですが、皮下脂肪は内臓脂肪から割り出した適正基準(メーカー推奨値)の2倍の皮下脂肪がありました。
実はこの二人、脂肪のつき方としては典型的な例なのでちょっとご紹介させていただきました。
そう、人間は摂取カロリーと消費カロリーの差が、摂取カロリーの方が余剰になると脂肪に変換して貯える動物です。
この脂肪への変換の仕方が、男性と女性によってかなり異なる場合が多いんです。
女性の場合、女性ホルモン、エストロゲンいうホルモンの作用により脂肪が皮下脂肪へ誘導されやすくなります。
また、この脂肪が貯えられる場所にも特徴があり、お腹と脚、いわゆる下半身につきやすい、「洋梨型」といわれる体脂肪のつき方をします。
かたや、男性はエストロゲンの分泌が弱いので、脂肪が皮下脂肪に誘導されにくく、内蔵にたまってしまう内臓脂肪型、とくにお腹に集中してつきやすい事から「リンゴ型」といわれる脂肪のつき方をする方が多いのです。
で、それぞれ対策の傾向がことなり、内臓脂肪型の脂肪のつき方をする方は、食事のコントロール(脂質制限、アルコール制限)をしていただく事が効果が大きいといえます。
(もちろん運動も大事! ここを誤解しないで下さい。)
で皮下脂肪型の方は、食事のコントロールも大事なのですがやはり溜め込んだエネルキータンクである脂肪を消費する為にはエネルギーとしてしっかり使ってあげる事が重要で食事と運動の両面で対策を講じることが大事になってきます。
なので、先程のお客様の説明の内容は、男性の場合は、食事の内容や飲酒の習慣をこまかくリサーチしてお話しする時間が長くなります。
女性の場合は、食事もそうですが、有酸素運動の大切さや、お客様の好みを聞いてスタジオエクササイズでなにかお気に入りが見つかるようなお話をする時間が長くなります。
ダイエットはそのひとその人の脂肪のつき方、生活習慣、運動歴、体重の推移などを細かく聞いて、その人にあったアドバイスが出来るかどうかが成功の大きな分かれ道になります。
皆様も自分にあったダイエット方法をぜひ見つけて下さい!

なぜ女性の方か痩せづらい?

これには理由はいろいろあるのですが、特に周りの男性の方が「1ヶ月運動したら5kgやせたよ」とかいう話を聞いた方が、それに比べて私はガンバっているのに全然やせない、と感じる方が多いのです。
この理由の一つには実は脂肪のつき方に大きく関係しています。
前述したように男性の脂肪はどうしても「内臓脂肪」からついていく傾向にあります。
内蔵脂肪とはその名のとおり内蔵のまわりにつく脂肪です。
この脂肪の特色としては、すぐにつくけど、食事制限や運動をすると比較的早くなくなるという性質を持っているんです。
かたや、女性の脂肪のつく脂肪は、「皮下脂肪」からついて行く傾向にあるんです。

これは、やはりその名の通り皮膚のすぐ下についている脂肪、いわゆるつまめる脂肪です。
この皮下脂肪は、細胞にほとんど血管などが通っていなく一度つくとなかなか落ちないという性質があるんです。
脂肪は最終的には血管にのって無くなっていきます。
皮下脂肪はほとんど血管が通っていないので、無くなって行くのにとても時間がかかるんです。
男性と女性ではつく脂肪に差がある傾向にあるので、落ち方に差がつく傾向にあります。
もちろん、実は女性でも内臓脂肪がついている方もいますし、男性でも内臓脂肪より皮下脂肪の方がついている方もいます。
そういう方はやはり男性的、女性的脂肪の落ち方をする傾向にあると言えます。
もし、自分がどちらのタイプか気になる方は体組成測定器で内臓脂肪のレベルを測って見ると良いともいます。
そして、このお腹の脂肪には落ちやすい「内臓脂肪」と落ちにくい「皮下脂肪」については、実はこれ「ホルモン」というものも関係しているんです。
女性ホルモンというものがあるのですが、これが実は脂肪を皮下脂肪に誘導する役目を果たしているんです。
男性は女性ホルモンが少ないので脂肪を皮下脂肪に誘導できず、内臓回りにつく傾向があるんですね。
じゃあ、女性ホルモンが少なくなればやせれるのか?といった簡単なお話ではありません。
皆さんご存知の通り、女性は閉経すると極端に女性ホルモンの分泌が少なくなります。
閉経を迎え、女性ホルモンの分泌が少なくなった後、皆様全員皮下脂肪が少なくなっているでしょうか?
なってないですよね?
僕はもう1000人以上体組成計でみなさんの脂肪を測ってカウンセリングしていますが、シニア層の女性と若い世代の女性のお腹の脂肪のつき方にははっきりとした違いがあります。
シニア層の女性の内臓脂肪は、ほぼ男性並みの数字を示す方が爆発的に多くなるんです。
若い世代の方は明らかに内臓脂肪が少なく、皮下脂肪に脂肪が偏ってつく方多いです。
つまりシニア層の女性の方は脂肪が皮下脂肪に誘導されず、内臓にたまっていってしまうんです。
ちなみに、皮下脂肪が多くてもそれ程疾患的には怖い事はあまりないのですが、内臓脂肪が多くなると、動脈硬化、脳梗塞、心筋梗塞を起こす確率が飛躍的に高くなります。
つまり、心筋梗塞や脳梗塞は比較的男性の場合、中高年くらいの年齢でもおきやすいのですが、女性もシニアの年齢になると多くなってくる理由がこれです。
ところで、なんだ皮下脂肪落ちないじゃん・・て思わないでくださいね(^^;
摂取カロリーと消費カロリーのバランスである程度経てばしっかりと落ちますので!

内臓脂肪は落ちやすく、それは男性の脂肪のつき方で、皮下脂肪は落ちにくく、それは女性につきやすい脂肪ということですが、ある程度時間が経てば利用法ともしっかり落ちます(^^)

よろしければご参考に(^^)
ではでは!

オススメ

YouTube Fitnetssfield
チャンネル登録者数1万人突破!

インストラクター&パーソナルトレーナー歴30年の野上が、ブログでは書ききれなかった情報をYouTubeの動画で分かりやすく解説しています。

\ チャンネル登録お願いします /

YouTubeチャンネルはこちら

-ダイエット
-,

© 2020 Fitnessfield(フィットネスフィールド)