ストレッチ・柔軟

パーソナルトレーナーの猫背を直す 簡単ストレッチ5選

猫背・円背(えんぱい)の予防・改善

パーソナルトレーナーの猫背を直す 簡単ストレッチ5選

皆さんこんにちは

パーソナルトレーナーの野上です。

今日は、猫背に効くストレッチを色々とご紹介していきたいと思います。

猫背対策ストレッチはいかに「肩甲骨を寄せるか?」がポイントです。

今回ご紹介するストレッチで色々な形で肩甲骨を寄せて見ましょう

ストレッチ1

まず足を揃えて立ちます。

そして両腕をそれぞれ斜め下に伸ばし、手を広げた状態にします。

このまま、手を後ろの方に引っ張られるように後方へ引きます。

この時肩はすくませたりしません。

肩は落としながら行いましょう。

また、とても大事ポイントに親指の方向があります。

親指は上を向くようにして下さい

つまり手のひらは身体の正面側を向く事になります。

肩甲骨を寄せるイメージで引き、これ以上引けないと思った所で10秒キープ。

3セットを目標に行いましょう!

どこでも簡単に行えますので、ぜひこまめに行って下さい!

ストレッチ2

まず腰に手をあてて立ちます。

そのまま肘を後方へ動かします。

肘と肘が身体の後ろ側でくっつくイメージで肩甲骨を寄るように行いましょう!

これだけです!

ゆはり10秒キープを3セットを目安に行ってみて下さい。

または動きながら筋肉をほぐすダイナミックストレッチもこの動作では出来ます。

肘を後方に引いて10秒キープ・・・・ではなくて、すぐに戻してまたすぐ肘を引いてを繰り返します。

もちろん全て手は腰に置いたままです。

動きながら行うのですが、20回を3セット目安に行うとよいでしょう。

もう一度注意点ですが肘を引くのと同時に肩甲骨を大きく動かすように意識して、肩甲骨同士を寄せます。

それぞれどこでも簡単に1分程の時間で行えますのでぜひ試して下さいね(^^)

ストレッチ3

両腕を万歳するよう上に伸ばしていただきます。

そのまま、肘を曲げていきながら腕を降ろします。

このときの腕をおろす軌道が、目一杯身体の後方になるように引きながら降ろしていって下さい。

肘が一番下に来たときは、肘と肘が後方でぶつかり合うようなイメージで行いましょう。

この時に10秒程キープ!

そして手をまた上に戻して下さい。

これを3セット行いましょう。

ストレッチ4

さりげないストレッチをご紹介したいと思います。

いままでのストレッチは、いかにもストレッチしていますとか、エクササイズしていますという感じが出ていたと思います。

これらはさすがに駅のホームで電車を待っているときとか、行列に並んでいるときの隙間時間とかに行うのはちょっと恥ずかしい方もいるかも知れません。

そこでさりげなく出来る猫背対策ストレッチのご紹介です(^^)

まず片方の手を身体の後ろに回し、反対の腕の肘を持ちます。

そして肘を引っ張りつつ、肘をもたれた方の腕は、反対の腕の肘をもちます。

両手でそれぞれの肘を、身体の後ろで持つのです。

きつい方はそれぞれ上腕部分でも構いません。

これだけです。

これだけでも相当肩甲骨が寄っている事が感じていただけると思います。

イスに座りながら背もたれの後方でも簡単に出来ます。

しかも「ストレッチしています感」なんてほとんど出ないと思います(^^)

肘ではなく上腕部分を持ちあうのであれば、歩いているときや階段を登っている時でも可能です!

マメに肩甲骨を寄せて。胸を張る張った姿勢をとる癖をつけましょう。

ストレッチ5

手を頭の後ろに組みます。

そのまま、肘を後方に引いて下さい。

これだけです!

腕は、頭の後ろに組んだままです。

今までは腕が肩より低いポジションで肘や肩甲骨を引いていましたが、次は上腕が肩より上の位置で引く事がポイントになっています。

これにより、今迄とはまた違う刺激を肩甲骨に与える事ができます。

これもオフィス等で気軽に行えますので、今迄の肩甲骨を寄せるストレッチ同様ぜひ気軽に行ってみて下さい。

ただ、このストレッチは今迄のものよりは、肘を後方に引く(肩甲骨を引く)のがちょっと難しいと思います。

いままでのストレッチで肩甲骨を引く動作に慣れてから行ってもらいたいと思います

どれも簡単に出来るものばかりですので、猫背に悩んでいる方はよろしければご参考にしてください!

ではでは!

オススメ

YouTube Fitnetssfield
チャンネル登録者数1万人突破!

インストラクター&パーソナルトレーナー歴30年の野上が、ブログでは書ききれなかった情報をYouTubeの動画で分かりやすく解説しています。

\ チャンネル登録お願いします /

YouTubeチャンネルはこちら

-ストレッチ・柔軟
-

© 2021 Fitnessfield(フィットネスフィールド)