ダイエット

痩せるには 走るのがいい? 歩くのがいい?自転車がいい?

足腰・膝

皆さんこんにちは

パーソナルトレーナーの野上です

今日は、まずみなさんとのやりとりを詳しくご紹介しいたと思います。

今日ご紹介するのはこのようなやりとりでした。

質問
走るより、ウォーキングの方が効果あるのですか?
野上鉄夫
行う時間によりけりです。走れる時間が歩く時間の半分よりも多ければ走った方が良いです(^^)

というものです。

いやあ、シンプルなやりとりですが・・深いですよ(^^)

この質問のようにジムでも「走った方がいいの?歩いた方がいいの?自転車がいいの?」と言うご質問はよくいただきます。

正直この質問はかなり現場で多いですね(^^)

この質問を頂くと僕はいつも「体力次第です」と答えています。

どういう事かというと、走っても少しの時間しか走る事のできないのであれば歩いた方がいいケースもあります。

質疑応答で答えたように歩く時間の半分以下の時間しか走る体力がないのであれば、時間が許す限り歩いた方がいいです。

そしてこれは答えにあるように実施する時間によりけりになります

ダイエットにおいて最も重要なのは消費カロリーをいかに稼ぐか?になります。

つまり、走ろうが歩こうが消費カロリーをより多く稼げる方がいいわけです。

もちろん同じ時間実施するのであれば走った方が消費カロリーが大きいのは当たり前です。

しかし、1時間歩ける人はたくさんいますが、1時間走れる方というのは普段からある程度運動している人でないとなかなか難しいと思います。

ではどれくらいの差があるのか?ですが・・・

ここで厚生労働省から発表されている身体活動表(Mets表)から、運動強度をご紹介したいと思います。

安静時を1とした場合、その何倍の運動強度があるのか?ですが・・

ウォーキング

  • 時速 4km 3倍
  • 時速 4.5-5.1km 3.5倍
  • 時速 5.6km 4.3倍

となっております。

それに対して走った場合は、

ジョギング

  • 時速 6.4km 6倍
  • 時速 8km 8.3倍
  • 時速 8.4km 9倍
  • 時速 9.7km 9.8倍
  • 時速 10.8km 10.5倍
  • 時速 11.3km 11倍

といった感じです。

ちなみにウォーングに関しては、通勤・通学程度のスピードだと安静時対比4倍となっているので、僕はいつもウォーキングに関してはざっくり安静時対比4倍と説明させていただいています。

それに対しで走る場合は、1時間8km弱くらいが運動初心者のジョギングペースくらいで見積もっています。

この場合安静時対比約8倍の消費カロリーとなります。

つまり・・・両者の間には2倍の差があると計算すれば概ね間違いないでしょう!!

つまり、1時間歩くのと30分走ることがちょうど消費カロリー的には同じになります。

なので走る時間が歩く時間の二分の一以下しかできないのであれば、歩いた方がいいですよといつもご説明をしています。

ただ、せっかく運動できる時間が確保できるのなら、30分と1時間を単純に比較するのはお勧めではありません。

例えば30分走るのが体力的にギリギリの場合でも運動時間は1時間取れるというのであれば、運動時間自体は1時間実施してもらいます。

その中でジョギング30分、あと30分はウォーキングに当ててもらうのが最もお勧めとなります(^^)

走ろうか?歩こうか?と考えている方は、まず自分ができる運動の時間内で体力と相談し、走れる時間は走って、あとは休むのではなく歩くようにしてください!

ちなみに消費カロリーは1時間じっとしていると、体重とほぼ同じ消費カロリーです。

(正確には1.05を掛けます)

そこを軸に上記の運動強度を掛けると、運動で何kcal消費できたか?が計算できます。

興味がある方は自分の運動での消費カロリーがどれくらいなのか計算してみてはいかがでしょうか?(^^)

次のページへ >

オススメ

YouTube Fitnetssfield
チャンネル登録者数1万人突破!

インストラクター&パーソナルトレーナー歴30年の野上が、ブログでは書ききれなかった情報をYouTubeの動画で分かりやすく解説しています。

\ チャンネル登録お願いします /

YouTubeチャンネルはこちら

-ダイエット
-, ,

© 2020 Fitnessfield(フィットネスフィールド)