ストレッチ・柔軟

誰でもすぐに柔らかくなる? ストレッチしなくても肩が回り、めっちゃ身体も反りやすくなります!

身体を反らす

皆さんこんにちは!

パーソナルトレーナーの野上です。

今日はストレッチをテーマにお話しようと思います・・・が・・・・

今回はちょっとしたマジックというか一発芸を披露したいと思います(^^)

「肩」の柔軟性を向上させる!

まず肩をぐるぐる回してみて下さい。

どちらか回しづらい方を選びます。

次に回しづらいほうの「鎖骨の上の皮」をつまんで下さい。

「つまんで」「ちょっと引っ張りながら」「プルプル振ります」

これを鎖骨の肩の方向もしくは胸の方向どちらからの方向でもいいので、鎖骨の上の3回位往復するように、鎖骨の上全部を「つまんで」「ちょっと引っ張りながら」「プルプル振ります」を繰り返して下さい。

鳥の皮を剥ぐようなイメージで行なうようにします。

健康運動指導士のセミナー内では有名な「皮剥ぎ」と呼ばれるものです。

皮膚と脂肪組織、骨と間の癒着を剥がす事により各層間同士の潤滑をよくすることにより柔軟性を増すというテクニックです。

実際にやって見ると、回しずらいほうの肩がとても軽く回るようになっていると思います。

癒着しやすい場所というのは身体に必ず存在します。

例えば肩をトントンとたたくときの場所、首から肩にかけてのてっぺん一帯や鎖骨の上といった「突起になっている部分」が、皮膚の骨に対する圧力が高い部分なので(ようするに出っ張っているから)、自然と組織間の「癒着」が激しくなります。

鎖骨の上の皮膚をいろいろ引っ張っていき(大体片方5往復くらい)、次に肩の一番上の一帯である首から肩にかけてのてっぺんを首から肩にかけて引っ張ってプルプル振るのを片方5往復程度行ないます。

両方行なったら再び身体を反らしたり、身体を左右にひねってみて下さい。

どうです?

身体をひねるのも楽になっている方も多いと思います。

次のページへ >

オススメ

YouTube Fitnetssfield
チャンネル登録者数1万人突破!

インストラクター&パーソナルトレーナー歴30年の野上が、ブログでは書ききれなかった情報をYouTubeの動画で分かりやすく解説しています。

\ チャンネル登録お願いします /

YouTubeチャンネルはこちら

-ストレッチ・柔軟
-, ,

© 2020 Fitnessfield(フィットネスフィールド)