姿勢・身体の歪み

身近なものを使って骨盤の歪みを治していこう!

女性ダイエットウエスト

みなさんこんにちは!

パーソナルトレーナーの野上です

今日は「身近なものを使って骨盤の歪みを治していこう!」というテーマでお届けしたいと思います。

ちなみに言っておきますが、「骨盤そのもの」は「歪みません!」

骨盤は言うなれば一つの大きな骨の塊ですので、それ自体が大きく歪むというのはありえないんです。

(仙腸関節という関節があるので、ごくわずかに歪むことはある)

なので「骨盤の歪みを治す」というのは、「骨盤の傾きを治す」と言い換えた方がしっくりくるんです。

そして骨盤の歪みに限らず、身体の歪みというものは、身体の筋肉の

  • 硬いところ
  • 弱いところ

の組み合わせで起こることがほとんどです。

骨盤が傾いている方向の下側の筋肉が硬い!

では、骨盤の歪み、傾きはどうして起こるかというと・・・・

手っ取り早く言えば、骨盤が傾いている方向の下側の筋肉が硬い!というケースがまず考えられます。

これを方向別で言えば、例えば骨盤が前に傾いている・・・

つまりおへそ側が下に下がっている場合はおへそ側の骨盤の下の筋肉が硬くて骨盤を「引っ張っている」ので、骨盤の前が下がるということになります。

では、おへそ側の骨盤の下の筋肉って?と思われるかもですが・・

これは、太ももの前の筋肉、つまり大腿四頭筋ってやつです(^^)

この筋肉が硬いと骨盤を前を下に引っ張ってしまうんです。

骨盤が横に傾いている時も、後ろに傾いている時も全て同様に考えていただいていいと思います。

つまり片方の横に下がっている場合は、そちらの方向の太ももの横の筋肉が硬いのです。

後ろに下がっている、つまりお尻が下がっている場合は、その下の太ももの後ろの筋肉が硬いのです。

それぞれ、骨盤を下に引っ張る原因となるわけです。

ではその硬いところを伸ばせばいいの?となりますが、まあ「硬いところ」へのアプローチとしてはそれでOKです。

硬いところを柔らかくするには、そう!ストレッチです(^^)

ただし、今日は普通のストレッチに、身の周りのものを使ってもう一工夫して、さらに硬くなった筋肉を伸ばしてあげたいと思います!

空き缶を使ってみる

使うのは「空き缶」です!

すぐに潰れてしまうような薄いのではなくちょっと硬いほうが良いです!

みなさん「コンプレッションストレッチ」というのをご存知でしょうか?

コンプレッション・・・・これは直訳する「圧縮」という意味です。

まあ、この場合は「押す」と「圧迫」でいいと思います。

最近流行りの身体をビチッと圧迫するウエアをコンプレッションウェアと言いますが、あれですね(^^)

でもストレッチで圧迫? 押す?

どうやんの? と思われるかもですが・・(^^;

コンプレッションストレッチを語るときにイメージしてもらいたいのは「輪ゴム」です。

輪ゴムを筋肉に見立ててもらいイメージしてください。

普通のストレッチは輪ゴムを引っ張るように筋肉を伸ばしていますよね(^^)

輪ゴムをピンと伸ばしながら・・・・さらに指で輪ゴムの真ん中を押すとどうなりますでしょうか?

さらに輪ゴムが伸びる」状態になりますよね?

これがコンプレッションストレッチの考え方なんです。

つまり、普通のストレッチをして、さらにそのストレッチで伸びている筋肉を外側から押してあげて筋肉をもうひと伸ばしする・・・・・

この「もうひと伸ばし」するアイテムを、空き缶で行います(^^)

簡単です!

例えば、太ももの後ろのストレッチは普通に足を伸ばして座って前屈するストレッチですが、空き缶を太ももの後ろに敷いてこのストレッチを行うのです!

これだけで「もうひと伸ばし」できるという寸法です。

大腿四頭筋のストレッチなら、うつ伏せに寝て、足首をもち、そのままお尻に引っ張るストレッチがあります。

このときに太ももの前に空き缶を敷いて、このストレッチを行う・・・

と言った感じです(^^)

太ももの横は、空き缶を太ももの横に敷いて、横に寝るだけでも結構痛いくらい伸びますので太ももの横は慎重に行ってください(^^;

次のページでは骨盤前傾の逆、骨盤後傾についてご紹介したいと思います。

次のページへ >

オススメ

YouTube Fitnetssfield
チャンネル登録者数1万人突破!

インストラクター&パーソナルトレーナー歴30年の野上が、ブログでは書ききれなかった情報をYouTubeの動画で分かりやすく解説しています。

\ チャンネル登録お願いします /

YouTubeチャンネルはこちら

-姿勢・身体の歪み
-, , ,

© 2020 Fitnessfield(フィットネスフィールド)