スポーツの為の筋トレ

災害現場で役立つストロングマン系エクササイズとは?

タイヤフリップ

ストロングマン系エクササイズ

皆さんこんにちは!

パーソナルトレーナーの野上です

今日は「ストロングマン系エクササイズ」というテーマでお届けしたいと思います。

ストロングマン・・・・えーっと・・強い人?

筋肉モリモリのマッチョな人のエクササイズ?

そんなイメージを持たれる方も多いと思いますが(^^;

ちよっと違うんです。

ある程度あっていますが、ボディビルダーのような彫刻のような筋肉のついている方のことではなく・・・

例えば消防士さん、自衛隊の皆さん、建築現場などで身体を酷使するような方々、レスキュー隊の方、警察官・・・・

そのような方々をイメージしてもらうといいと思います。

バーベルやダンベル、トレーニングマシンで規則正しいフォームで大きな力を発揮する・・・

もしくは、ルールが決まったフィールドで、高いパフォーマンスを発揮する・・・

のではなく・・・・(^^;

ルール無用の、どんなシュチェーション(自然災害や震災、火災現場など)になるかもわからない状況で、人を担いだり、重いものを長時間運んだり・・・・

時にそれはバーベルやダンベル、球技のボールのように持ちやすいものではなく、持つ場所もないような重いものを、なんとかもちあげたり、引きずったり、押したり・・・

筋肉を肥大させるとか、高くジャンプするとか、綺麗な道を速く走るとか、そういう目的ではない、・・・・

それこそ極限の状況下で、高いパフォーマンスを発揮する目的で行われるトレーニングが「ストロングマン系エクササイズ」です。

アクション映画のヒーローが人を助ける時みたいな感じですね(^^)

映画だとそういうシーンって、筋肉モリモリの人の立ち位置って、割と「使えない筋」みたいなポジションであっけなく死んじゃったりします(^^;

ストロングマン系トレーニングとは正直、どこの筋肉鍛えているのかわからないトレーニングだと思います。

こういうトレーニングってある意味で「使える筋肉」を養成できるトレーニングなんですよね(^^)

僕がたまに揶揄する言葉に「使えない筋」という言葉あります。

例えば雪かきをするとか、土木作業や湾岸作業・もしくは配送・引越し作業などの現場を思い出してみてください。

こういう現場にいきなりボディビルダーが配置されたらどうなると思いますか?

筋骨隆々、普段からとんでもない重さをとんでもないセットで、いろいろな種目数をやり込んでいる猛者でも・・・・・・

結構すぐに疲れて泣きを入れる・・・・

そんなシーンて結構多いんです。

よく「使う筋肉が違う」なんて表現を使われますが、あれはある意味であっています。

バーベルでのベンチプレスがどんなに上がっても、スクワットで200kgフルスクワットできても、こういう作業シーンでは活躍できるのは「最初だけ」のことが多いです。

そもそも「一つの筋肉に効かせながらトレーニングすることに慣れてしまっている方」ほどダメです(^^;

なぜならこういう現場シーンでは「いかに全身をうまく使って疲れないように作業するのか」がポイントなんです。

しかし一つの筋肉「だけ」を使うトレーニングに慣れている人ほど、こういういろいろな筋肉を協調させてパワーを発揮させなければならないシーンは苦手です。

つい、パワーのある筋肉を使おうとするか、もしくは「筋肉に効かせながら作業してしまう」ので筋肉がすぐに疲れちゃうんです。

こういうストロングマン系のトレーニングは、ある意味でバーベルなどで養った筋肉を「いろいろと使えるようにする」トレーニングだと思ってください。

もちろんボデイビルダーが使えないだなんていっていないですよ!

こういう方達は、元となるポテンシャルが常人離れしています。

あとはこういうトレーニングに「慣れてもらう」だけでもう常人離れしたパフォーマンスを簡単に発揮できるのです。

そう、普段からこういうトレーニングを「やっていない」だけの話で、ちょっとやったらとんでも無く豹変します!

今日はそんなストロングマン系エクササイズの代表種目だけご紹介したいと思います。

関連YouTube動画 災害時等で役立つ筋トレ! ストロングマン系エクササイズ! 現場でカッコいい男になろう!!

「ストロングマン系エクササイズ」の代表種目をご紹介

「トラックプル」もしくは「スレッドドラッグ」

そんな種目聞いたことないんだけど?

という方がほとんどだと思います(^^;

簡単です。

「トラック」を「プル」・・・

つまりトラックを引っ張る!!

えっと・・・・あのトラック?

そうです!!道で走っている車のトラックのことです(^^)

ええっ?トラック引っ張るって???と思われるかもですが(^^;

ギアニュートラルにいれていれば、軽トラくらいならなんとかできたりするもんですよ(^^)

IMG_3779.jpg

実際このトレーニングをするのはボクサーの井上直也選手か、昔亀田兄弟もやっていたような・・・・

まあ、でもあまり一般的ではないですので・・・危険ですし(^^;

そこでスレッドドラッグ!

これは「スレッド」つまり「そり」を引っ張るのです。

ハーネスと言うベルトを身体に装着して、それと「そり」をロープでつなぎ、両手両足を床につけ4点で引っ張ります!

そりがなかったら大きなタイヤでもいいでしょう(^^)

これならグランドでできます(^^)

IMG_3778.jpg

ぜひみなさんも「強い人」を目指してストロングマン系のエクササイズにチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

色々書きましたがよろしければご参考にしてください(^^)

ではでは!!

関連記事

・ストロングマン系エクササイズと「筋肥大」の関係について

・せっかく鍛えた筋肉が「使えない筋」にならないために!サンドバッグトレーニングのご紹介

サンドバックトレーニング各種目の正しいやり方について 

オススメ

YouTube Fitnetssfield
チャンネル登録者数1万人突破!

インストラクター&パーソナルトレーナー歴30年の野上が、ブログでは書ききれなかった情報をYouTubeの動画で分かりやすく解説しています。

\ チャンネル登録お願いします /

YouTubeチャンネルはこちら

-スポーツの為の筋トレ
-,

© 2021 Fitnessfield(フィットネスフィールド)