ストレッチ・柔軟

ストレッチ「朝のストレッチ」と「夜のストレッチ」のやり方の違いについて

朝のストレッチ

みなさんこんにちは!

パーソナルトレーナーの野上です

ストレッチをする時間は人によって様々だと思います。

今日は「朝のストレッチ」と「夜のストレッチ」の違いというテーマでお届けしようと思います。

目的の違い

まず「朝のストレッチ」と「夜のストレッチ」の両者ではストレッチを行う目的が違います。

朝のストレッチの目的を体を目覚めさせる1日のウォーミングアップ的な目的でとらえます。

夜に行うストレッチはこれから就寝に向かうリラックスを目的としたストレッチとするべきです。

なので夜間仕事をしていて、朝になったら寝るという方はちょっと除外です(^^;

そしてまず行う手順に若干違いがあります。

とくに大事なのは「体勢の順番」です。

ストレッチには、

  • 立って行う(スタンディングストレッチ)
  • 座って行う(シッティングストレッチ)
  • 寝て行う(ライイングストレッチ)

という「体勢別」に、いろいろわけられています。

さらに寝て行うストレッチも

  • 仰向け
  • うつ伏せ
  • 横向き

とあります。

さらに座って行うストレッチも椅子で行うチェアストレッチと床で行うフロアストレッチなどに分かれます。

朝行うストレッチはこの体勢の流れを「寝て行う」→「座って行う」→「立って行う」の順に行います。

要するに睡眠の状態から徐々に立っていくようにしていきながら体を少しずつ「動けるモード」に持っていきます!

動きも最初は小さな動きからはじめていき、徐々に大きく、最後は立ってすこし大きな動きをいれるダイナミックストレッチに移行していきます。

すると体が目覚めていく感覚になっていき、1日を快適に過ごせるようになるでしょう。

逆に就寝時は、立って行うスタンディングストレッチから徐々に座って→寝てというようにもっていきます。

動きも大きなものから徐々に静かにゆっくりと伸ばすものに変えていくのです。

これにより副交感神経を優位にする・・・すなわち、身体を「おやすみモード」に誘導していくと質のいい睡眠がとれる可能性が高くなります。

朝行うストレッチ、夜行うストレッチ、それぞれ目的がやや違いますのでやり方や手順をそれぞれの目的によって変えてみていただくとよいと思います。

朝のストレッチと夜のストレッチの呼吸法の違い

ストレッチって、よく睡眠前におこなうと良い眠りにつけると書かれている書物もあると思います。

しかしやってみると逆に目が覚めてしまうようなこともあったりしないでしょうか?

また逆に、目覚めてからストレッチをやるとまた眠くなりますでしょうか?

ストレッチをして眠くなるなら、目覚めの時にうーんと背伸びしたら眠くなっちゃうことになりますよね?

実はこれ、呼吸法がちょっと関係しているんです。

睡眠をうながす為には副交感神経という神経が優位になる必要があります。

逆に眠気を覚ましたい時は、交感神経が優位になる必要があるんです。

いわば眠気にはスイッチがあって、スイッチが入ったり切れたりして、眠くなったりも、まったく眠くなかったりと状態が切り替わるんです。

で、これとストレッチの何が関係するかというと「腹式呼吸」と「胸式呼吸」で変わって来ます。

「腹式呼吸」というのは、お腹までしっかりと呼吸を入れて大きく呼吸する呼吸法で「胸式呼吸」というのは胸で呼吸する比較的浅い呼吸法です。

ストレッチで思いっきりいろんな所を伸展させすぎてしまうと呼吸って思わず止まったり、浅い小さな呼吸になったりしませんか?

これは胸式呼吸をしてしまっています。

そして胸式呼吸をすると、交感神経が優位になってしまうんです。

目一杯痛いの我慢してストレッチして、胸で小さく浅い呼吸なんてしていたら、目が覚めていくに決まっています。

目覚めにうーんって背伸びしている時は、呼吸って止まってたりしませんか?

もしくはかなり浅い呼吸で行なっているはずです。

これは身体が目を覚ます為に自然と身体がこのように行うのです。

そして、腹式呼吸をしているとこちらは逆に副交感神経がだんだん優位になっていきます。

例えば昂った気持ちを落ち着かせたい場合は、深呼吸しませんか?

これは腹式呼吸です。

なのでストレッチをする際は、実は呼吸の仕方によって眠気は覚めもすれば、眠くなったりもするんです。

ただストレッチをするだけではなく、朝行うストレッチと夜行うストレッチの目的にあった呼吸法や手順でストレッチをするようにしてもらうとしっかりと効果がでます。

よろしければぜひご参考にしてください!

ではでは!

オススメ

YouTube Fitnetssfield
チャンネル登録者数1万人突破!

インストラクター&パーソナルトレーナー歴30年の野上が、ブログでは書ききれなかった情報をYouTubeの動画で分かりやすく解説しています。

\ チャンネル登録お願いします /

YouTubeチャンネルはこちら

-ストレッチ・柔軟
-

© 2020 Fitnessfield(フィットネスフィールド)