ストレッチ・柔軟

ストレッチ よくある柔軟性についての勘違い

ストレッチと柔軟性について

皆さんこんにちは

パーソナルトレーナーの野上です

今日はストレッチについてよくある勘違いをちょっとご紹介したいと思います。

「股割り」の誤解

股割り・・・よくある、足を伸ばして開脚して座り、前屈してどのくらい前屈できるか? 頭や肩、胸!?が床につくかどうかというヤツです。

実は僕も昔空手をやっていた名残で、こんないい年のおっさんになっても未だにがんばれば胸くらいは床に着きます。

年取ったら柔軟性が落ちるのはまちがいないですが、ちゃんと継続していれば結構維持できたりするんです(^ ^)

で、何の勘違いを言いたいのかと言うと、要するにこれが出来たら「身体が柔らかいのか?」ということなんです。

もちろん柔らかいでしょ?と思われる方もいるとおもいます。

実はこの股割りがある程度出来る僕ですら全身の柔軟性が高いだなんて思っていないんです。

むしろ普通くらいかな?なんて思っています。

どういう事かというと、一般に長座での前屈や股割りができると「身体やわらかいねー」なんて思う方がほとんどだと思いますが、それはちょっと違うんですよということを言いたいのです

身体にはたくさんの関節があり、それぞれの関節の可動域はある程度決まっています。

そしてそれらは一つの動作の柔軟性が高いからといって、体の全てが柔らかいなんてことはないんです。

僕も、身体をひねったりする動作や、腸腰筋の柔軟性は全然普通の感じですし、肩関節周りに関しては筋肉が邪魔をして今ひとつ柔らかい状態とはいえません。

つまり柔軟性というのは、特にスポーツをする方にとって全身全ての柔軟性が重要です。

そしてある関節の稼働域が柔らかくても他の関節は実は平均以下なんて事はよくあるんですよね。

時には、そのバランスの悪さが原因で怪我をしてしまうケースもあるかもしれません。

なので、まず身体を柔らかくしたいという時は出来るだけ全身満遍なく、いろいろなストレッチをする必要があります。

長座体前屈や開脚しての股割りばかりやっていても効果は限定的です

ぜひ、ストレッチはいろいろな場所を満遍なく行ないましょう!

筋トレ

次に筋トレとストレッチについてです。

まず、筋トレは稼働域全体を使っておこなうエクササイズを取り入れる事により柔軟性を向上させる効果があります。

しかし、ここにちょっと落とし穴が。

高負荷でなおかつ稼働域全体よりせまい範囲で実施することを強調した筋トレは実は実は柔軟性を反対に低下させてしまうんです。

したがって、筋トレは稼働域全体を使って実施されるべきなんです。

次に柔軟性を低下させやすいのは、筋トレのバランスの悪さからくる場合もあります。

筋トレには、主動筋と拮抗筋というものがあります。

これは簡単に言えばメインで使っている筋肉とその反対側にある筋肉の事です。

筋トレはある部分だけを発達させたいと思う事が多く、(例えば腕を太くしたいからと二頭筋ばかり行なう)、そういう場合例えば上腕二頭筋の反対の三頭筋のストレッチに影響を与えたりするんです。

柔軟性を保ちつつ筋トレをする場合は主動筋、拮抗筋の両方をバランスよく鍛える必要があるんです。

ぜひ、関節稼働域を広く、また筋肉をバランスよく鍛えていただき柔軟性のある筋肉を作っていきましょう!

次のページへ >

オススメ

YouTube Fitnetssfield
チャンネル登録者数1万人突破!

インストラクター&パーソナルトレーナー歴30年の野上が、ブログでは書ききれなかった情報をYouTubeの動画で分かりやすく解説しています。

\ チャンネル登録お願いします /

YouTubeチャンネルはこちら

-ストレッチ・柔軟
-,

© 2021 Fitnessfield(フィットネスフィールド)