体幹トレーニング

立って体幹をひねって鍛える「トランクローテーション」について

ウエストひねる

立って体幹をひねって鍛える「トランクローテーション」について

みなさんこんにちは

パーソナルトレーナーの野上です

今日は「トランクローテーション」という種目についてお話ししたいと思います。

この種目の名前を聞いたことない方も多いと思います。

簡単にいうとこういう種目です。

僕の動画で申し訳ないですが(^^;

まず、この種目は立った状態でケーブルを持ちます。

そのまま腕を伸ばして構えます。

マシンの方に上半身をひねってから、そこから反対方向に体幹をひねりながら行う種目です。

ゴルフをやる方や野球をやる方には結構人気のある種目なんですが・・・

これをうちのジムでも結構間違ってやっている方が散見されます。

そこで、ちょっと今日はこの種目の注意点について、少しお話をしようと思います。

トランクローテーションの注意点

まず、この種目の一番の特徴は「立って身体を捻る」点にあります。

これがですね・・・なかなかないんですよ(^^;

大抵の体幹トレーニングというのは、普通は寝て行うものです。

腹筋(シットアップ)、足上げ腹筋(レッグレイズ)、プランク・、サイドプランク・・

みんな床に寝て行う種目ばかりです。

マシンで体幹を鍛える種目に関しては、大抵「座って」行うものがほとんどです。

しかし、日常生活から何かのスポーツをする時って・・・

大概「立って」行いますよね(^^;

基本的な筋力を鍛えるために、寝たり座ったりしながら体幹の色々な筋肉を鍛えることはとても有効です。

しかし、そこで鍛えた筋肉を実際に筋肉を出力しなければならないシーンでちゃんと活かすには「立って筋肉を出力させる」ことはとても大事なんです。

足で踏ん張りながら体幹も力を発揮する・・・なかなか寝たり座っていたりではできません。

その点このトランクローテーションは、バッチリ立ちながら身体を捻られる珍しい種目です。

しかし、いくつか気をつけなければなりません。

上半身

まず上半身の注意点なのですが「体幹をしっかり使って動作する」ことがポイントです。

何を当たり前な・・と思われるかもですが、結構できていない方多いです。

なぜならまず「腕だけ」でこれを行う方がとても多いです。

胸郭はあまり動かさず、肩甲骨・肩・腕を使ってケーブルを引っ張ってしまうパターンです。

ポイントは「鎖骨の付け根」と両腕を伸ばしてグリップしているポイントを一直線にすることです。

そして常に鎖骨の付け根、つまり胸の中央と手先の向きが一直線上にあるのなら、腕と一緒に必ず胸郭も同じように回るので腕や肩で動作することを防げます。

腕や肩はむしろこの場合「固定」させることが大切です。

下半身

次に注意ポイントは「下半身」です。

これもですね・・・「下半身ごと」回してしまう方が多いんですよ(^^;

骨盤も体幹と一緒に右や左に回ってしまっては、肝心の「体幹部分」はねじれません(^^;

ねじれなければこの場合「体幹トレーニング」としての効果は今一つになってしまうので、ちょっとこれもダメなんですね(^^;

この場合「骨盤は正面で固定する」ことが大切です。

椅子に座って捻る系のマシンだと自然とこれができるのですが、立って行う場合どうしてもある程度自由が効いてしまうので骨盤も動きやすくなってしまいます。

この場合むしろ、骨盤に関しては上半身と逆に回すくらいの感じがいいかもしれません。

体幹部分はしっかりと「ねじれている」状態を作り出してトレーニングをするようにしてください。

やってみると結構難しい「トランクローテーション」ですが、立って捻る数少ない種目になります。

よろしければご参考にしてください(^^)

ではでは!

オススメ

YouTube Fitnetssfield
チャンネル登録者数1万人突破!

インストラクター&パーソナルトレーナー歴30年の野上が、ブログでは書ききれなかった情報をYouTubeの動画で分かりやすく解説しています。

\ チャンネル登録お願いします /

YouTubeチャンネルはこちら

-体幹トレーニング
-, ,

© 2020 Fitnessfield(フィットネスフィールド)