ダイエット

格闘家のダイエットの基本的な流れについて

格闘技選手のダイエットやトレーニング

皆さんこんにちは!

パーソナルトレーナーの野上です

今日は「格闘家のダイエットの基本的な流れについて」というテーマでお届けしたいと思います。

僕自身もトレーナーとして同じくK-1系の選手の試合に向けた減量に携わったことがありますが、その減量はボディビルターやフィジーカーの減量とは色々と違うところがあります。

今日は、その両者の違いについて色々とお話ししたいと思います。

格闘家の減量の目的は何か?

もちろんリミットまで体重を落とすことが最初の目的ではありますが、それが最終的な目的ではありません。

格闘家の減量の目的は「相手に勝てる身体を作る」ことを目標にしながら体重を落とすことです。

この点がビルダーやフィジーカーの減量と大きく違うところです。

ビルダーやフィジーカーは「いかに筋肉を落とさず脂肪を落とすか?」に注力します。

しかし格闘家は「筋肉を残せば勝てる」というほど勝負は簡単ではありません。

格闘家の減量は「相手に勝つ」ための減量をします。

そのため時には筋肉を落とすことすらいといません。

なぜ筋肉を落としても勝てるのかというと、格闘家の減量は計量日が一日前にあることがポイントです。

その日のために筋肉すら落としても「1日で体重をリカバー」できるのです。

このリカバーがすごくて、階級にもよりますが、5kg〜7〜8kgを一日で戻してしまえることもあります。

え・・・1日でそんなに体重が変わるの?

と思われるかもしれませんが、ここがポイントです。

ウチのジムにいたK1選手の寺島くんの例で言えば、軽量2日前までであと3kgと言っていました。

2日で3kgというと、普通の人はびっくりするかもしれませんが僕は彼に「めちゃくちゃ順調だね! もう余裕でいけるでしょ」と言っていたら彼も「余裕です」と言っていました。

格闘家の減量とはこういうものなのです。

「ディプリート(Depletion)」

これはどんなことかというと、「糖質を完全にカット」する日を設ける事を言います。「カーボディプリート」とも言いますね。

糖質をそこまで制限するには、いくつかの理由があります。

まず最初の目的はもちろん「脂肪を落とす」ためです。

脂肪を極限まで落とすという意味では、フィジークやボディビルも同じなので、この手法は格闘家のみならず、ビルダーやフィジーカーでも当たり前のように使われるテクニックです。

糖質を完全にカットすれば、脂肪をエネルギーにしなければ身体は動かなくなるので、脂肪をとにかく落としたいという時期には使われるテクニックなのですが、何事も「計画」が大切です。

これをやみくもに行うと「筋肉」まで必要以上落ちてしまいますし、格闘家であれば「練習に必要なエネルギー」も枯渇してしまうので、練習の「質」が落ちます。

なので、ディプリートは「散発的」に行うことが大切です。

1週間に1日とか、やっても2日間だけにして行われる事が多いです。

そのあとに糖質を補給して、必要以上に身体にダメージが蓄積する事を防がなければいけません。

また、もう一つ行われるテクニックに「チート」と呼ばれるテクニックがあります。

「チート」

これは「あえて食べる日を設ける」のです。

減量中は食べちゃ駄目なんじゃないの?

と思われるかもしれませんが、僕の経験上これが結構「落ちる」のです。

というのも人間そんなに我慢が続くわけではありません。

以前うちのジムに在籍していたフィジークのチャンピオンだった選手が、試合前に「今絶世の美女が裸で目の前に立っていても、その後ろに食品棚があったら、迷わずその女性を押しのけて僕は食べ物を食べます!」と言っていました(^^;

その選手曰く「女の人がいなくても死にはしませんが、食べ物がないと人は死んでしまいます」と、餓えたギラギラした目で言っていたのを今でもはっきり覚えています(^^;

まあ、そんな選手の心の拠り所が「チート」なのですが、これ減量的にも実はある程度理にかなっています。

カロリーをたくさん入れると太るのでは?と思われると思いますが、脂肪を燃焼させるためには「身体を動かすエネルギー」が必要なのも事実です。

身体はあまりにも体内のエネルギーが枯渇すると生存維持のためにエネルギーをあまり燃やさなくなってしまうのです。

このエネルギーを定期的に入れてあげることは精神的にも肉体的にもとても重要なことなのです。

先ほどのディブリートをずっと続けないのは、実はこの「エネルギーの枯渇」を防ぐためにも大切なことだからです。

チートを入れるのは減量中であれば、減量初〜中期は1ヶ月に1〜2回、試合月は計量2〜3週間前に1回だけ入れるくらいになります。

そしてディプリートはその倍の数を入れるくらいのケースが多いのではないかと思います。

また、試合前1週間くらいにわざとディプリートを2〜3日間入れて糖質を完全に枯渇させた後、糖質を補給して、筋肉に糖質を吸収させて筋肉を張らせたり(カーボアップ)、エネルギーを充満させる(カーボローディング)させるテクニックもあります。

トレーニングはずっと同じことを続けていると「慣れによるオーバートレーニング」状態に陥り効果が出なくなることもありますが、減量も「同じことを続けていては駄目」なのです。

ぜひ「飴と鞭」を使い分けてご自身のダイエットにお役立てください!

次のページへ >

オススメ

YouTube Fitnetssfield
チャンネル登録者数1万人突破!

インストラクター&パーソナルトレーナー歴30年の野上が、ブログでは書ききれなかった情報をYouTubeの動画で分かりやすく解説しています。

\ チャンネル登録お願いします /

YouTubeチャンネルはこちら

-ダイエット
-, , ,

© 2020 Fitnessfield(フィットネスフィールド)