ダイエット

糖質と炭水化物・・どちらの制限を優先すべきか?

糖質(糖類)の制限によるダイエット

みなさんこんにちは

パーソナルトレーナーの野上です

今日は「糖質と炭水化物・・どちらの制限を優先すべきか?」というテーマでお届けしたいと思います。

糖質制限ダイエット!!

ダイエットをしたいという方にとっては、もはや定番といっても差し支えのないダイエットの手法であることに間違いないと思います。

そしてその効果は多くのパーソナルジムでも証明されています。

ライザップを始めとして、今や低糖質ダイエット、低炭水化物ダイエットは、広く世間に広まっていると思います。

どんな方でも、今時ダイエットをしようとしたら、まず、夜ご飯の炭水化物を抜こうとするのは専門的な知識がない方でもすぐに思い浮かぶテクニックとなりました。

「低炭水化物ダイエット」と「低糖質ダイエット」って違うの?

というところからなんですが・・・・

前提知識として、「炭水化物」とは、体内で主に「糖質」に変化してエネルギーとして使われるエネルギーです。

じゃあ同じじゃん!と思われるかもですが・・・

微妙に違うんです!(^^)

炭水化物は、確かに「糖」として働くのですが、炭水化物とは正確には「糖」+「食物繊維」なのです。

糖質はシンプルに「糖」だけになります。

低糖質ダイエット、低炭水化物ダイエットはなぜ痩せるのか?

ここで、低糖質ダイエット、低炭水化物ダイエットはなぜ痩せるのか?の基本をおさらいしたいと思います。

炭水化物は体の中に入ると「糖」に変わってエネルギーとして使われます。

なので低糖質ダイエットも低炭水化物ダイエットもダイエットのメカニズムとしては同じになります。

糖質制限ダイエット

糖が体内に入ると、血管の中の糖のスコアが上がります。

これは一般的に「血糖値」と言われるものです。

特に食後30分から45分の間で、この血糖値はどんと上がる傾向になります。

健康診断などで血を採取して測る場合、必ず「今朝は食事をしたのか?」「食後どれくらい経っているのか?」を聞かれるのはこのためです。

すると、インスリンという物質が血管内に分泌されて、糖が体内に吸収されて、血管内の糖のスコアは低下します。

そして体内に吸収された糖はエネルギーとして使われたり、脂肪として蓄えられたりします。

この「食後血糖値」の上がり方が急激であればあるほど、インスリンは大量に分泌されることとなり、結果、脂肪にもなりやすくなります。

したがって、血糖値を急激に上げないようするにはどうすればいいのか?はダイエットに置いてとても重要なポイントを占めます。

「低インスリンダイエット」とはなんでしょう?

そして、食品によってこの食後の血糖値が上がりやすいもの、上がりづらいものとがあります。

この食後に血糖値が上がるスコアは「GI値」と言います。

このGI値が低いものを中心に食べれば、血糖値の急な上昇が抑えられるのでダイエットにとても有利である・・・・・

これで低インスリンダイエットの元となる考え方です。

このダイエットは僕もかなりお客様にすすめていますが、一つ欠点があります。

何かというと、いくら低GI値と言っても、たくさん食べれば結局血糖値は上昇しやすい・・・

当たり前といえば当たり前なのですが、そこは気をつけなければなりません(^^)

なので、GI値の低いものと、それらの糖質の含まれている「量」を両方頭に入れて実践するのが最も効率的とも言えます。

GI値に関しては、このまま検索すればいくらでもサンプルの食品とそのスコアが出てきます。

色々なグラフができきますので是非自分自身の見やすいグラフをお気に入りにしておきましょう(^^)

また、そもそも、糖が入らなければインスリンも分泌されません。

すると脂肪にそもそもなりません。

これが糖質制限ダイエットが成功の理由となっているのです。

また、カロリー的な面からも、人は1日の摂取カロリーの60%を炭水化物や糖から摂取しているので、そこをカットすることが総摂取カロリーの低下に最も効果的であるという側面もあります。

しかし、この糖質制限ダイエット・・・・勘違いしてやっている方も中にはいらっしゃるように思われます。

というのも、糖質制限ダイエットを語る時に、もう一つ出てくるダイエットがあります。

低炭水化物ダイエット

それは「低炭水化物ダイエット」と言われるダイエットです。

W炭水化物・・・例えばラーメン+ライス、みたいな食事をする時に、ちょっと「炭水化物は太るけど・・まいっか!」と頭によぎると思います。

この炭水化物を減らすことを「低炭水化物ダイエット」と言います。

低糖質ダイエットは炭水化物以外の「糖」そのものを減らすダイエットです。

「低炭水化物ダイエット」と「糖質制限ダイエット」はある程度同じ効果があると言って差し支えないのですが・・・・

次のページへ >

オススメ

YouTube Fitnetssfield
チャンネル登録者数1万人突破!

インストラクター&パーソナルトレーナー歴30年の野上が、ブログでは書ききれなかった情報をYouTubeの動画で分かりやすく解説しています。

\ チャンネル登録お願いします /

YouTubeチャンネルはこちら

-ダイエット
-

© 2020 Fitnessfield(フィットネスフィールド)