ダイエット

糖質と炭水化物・・どちらの制限を優先すべきか?

2019年6月10日

糖質(糖類)の制限によるダイエット

皆さんこんばんは!!

毎週日曜日は「ダイエット」をテーマにお届けいたしております。

今日は「糖質と炭水化物・・どちらの制限を優先すべきか?」というテーマでお届けしたいと思います。

糖質制限ダイエット・・・・ダイエットをしたいという方にとっては、もはや定番といっても差し支えのないダイエットの手法であることに間違いないと思います。

その効果は多くのパーソナルジムでも証明されています。

しかし、この糖質制限ダイエット・・・・勘違いしてやっている方も中にはいらっしゃるように思われます。

というのも、糖質制限ダイエットを語る時に、もう一つ出てくるダイエットがあります。

それは「低炭水化物ダイエット」と言われるダイエットです。

W炭水化物・・・例えばラーメン+ライス、みたいな食事をする時に、ちょっと「炭水化物は太るけど・・まいっか!」と頭によぎると思います。

この炭水化物を減らすことを「低炭水化物ダイエット」と言います。

炭水化物は身体の中に入ると「糖」としてエネルギーとなります。

したがって「低炭水化物ダイエット」と「糖質制限ダイエット」はある程度同じ効果があると言って差し支えないのですが・・・・

「糖質制限ダイエット」と「低炭水化物ダイエット」のどちらを優先させるべきか?と言われたらどうでしょう?

ちょっと困りませんか?

これ正解は「糖質制限ダイエットが優先」となります。

なぜか?です。

炭水化物と糖質の大きな違いは、「食物繊維」を有しているかどうかです。

糖質はその名の通り「糖」が中心ですが、炭水化物は「糖+食物繊維」という構成になっています。

炭水化物の中の糖質は色々な過程を経て体内に吸収されますが、食物繊維というのは吸収はされずに大腸まで届きます。

そして、様々な善玉菌のエサとなります。

これが腸内環境を良くしてくれるのですが、炭水化物をカットすると、この大事な食物繊維の摂取量が少なくなってしまうのです。

こういう方いませんか?

今日の夜のご飯、主食であるご飯や炭水化物を抜いたから、ご褒美にちょっと甘いもの食べても、まあいいでしょ・・・・・みたいな・・・・(^^;

それ順番としては逆ですから!(^^;

炭水化物をカットする前に糖質を制限していき、それでも効果が出ないという方は徐々に炭水化物をカットしていくという順番が、正解になります。

また、これはフルーツや果物にも言えます。

朝ごはんは、パンやご飯を抜いて、フルーツや、ヨーグルトにオリゴ糖かけて食べる・・・みたいな・・・・

これも前述した通りの理由でダメです!

食物繊維はお通じをよくするためにもとても大切です。

便通がとどこおれば当然、ウエストは物理的に太くなります。

なのに炭水化物はカットして、糖質は摂取するなんてウエスト細くしたい場合から考えても本末転倒じゃないですか?(^^;

また、脂肪に変わりやすいのも「糖質」の方であり、炭水化物ではありません。

糖にも色々とあり、構造のシンプルな単糖類、そして次にシンプルな二糖類などあります。

これらは吸収がスムーズなので、そのまま脂肪になりやすいと言えます。

それに対して、炭水化物は多糖類と言って、同じ糖でも構造が複雑で、吸収に時間がかかります。

吸収の緩やかな糖を制限して、吸収のスムーズな糖を摂取するなんて、誰が考えてもまずいと思いますよね?

なので、まず食事制限でダイエットをする場合は、「低糖質ダイエット」を基本と考えるようにしましょう。

簡単です。

まず「甘い」お菓子や、果物などの摂取から控えていくのです。

甘いもの我慢するなんてできない!・・・という方は、人工甘味料をうまく使うようにしましょう!

そして、それでも効果が出ない場合は、夕食の炭水化物を減らしていく・・・という手順で進めるようにしてください。

炭水化物の中に服のれている食物繊維はとても体にとって大切なものです。

本末転倒なダイエットをしないようにぜひ注意しましょう!

色々書きましたが、よろしければご参考にしてください(^^)

ではでは!!!

オススメ

YouTube Fitnetssfield
チャンネル登録者数1万人突破!

インストラクター&パーソナルトレーナー歴30年の野上が、ブログでは書ききれなかった情報をYouTubeの動画で分かりやすく解説しています。

\ チャンネル登録お願いします /

YouTubeチャンネルはこちら

-ダイエット
-

Copyright© Fitnessfield(フィットネスフィールド) , 2020 All Rights Reserved.