筋力トレーニング

球技でのプレー速度向上

球技に必要な筋力・能力の向上

球技でのプレー速度向上

皆さんこんにちは

パーソナルトレーナーの野上です

今日は「球技でのプレー速度向上」というテーマでお届けしようと思います。

バスケットやサッカーのようにボールをもったまま走るという競技は、陸上競技のようにまっすぐをひたすらスピードアップして走るようにはいかないものです。

そして、その時のスピードは、まっすぐを速く走っている時より確実に遅くなるはずです。

なぜ遅くなるのか?

ひとつの理由としては、当然ボールをコントロールしながら走るのでスピードが落ちる面があります。

ここを向上させるにはボールにいかに慣れるかがまず重要になることは間違いありません。

そして、もう一つの理由は「そもそも走るフォームがまっすぐ走る時と明らかに違うから」ということが挙げられます。

どういうことかというと、対人相手にボールをいかに取られないように工夫しながら走るか?が必要であるので「上半身の動き」と「「下半身の動き」が別々に動くことが原因に挙げられます。

これはボールを持った時だけでなく、オフザボールの時のポジション取りの動き、デイフェンス時の相手の動きを予測しながら動くときなど多岐にわたりよくあるケースです。

短距離ダッシュのようなフォームで走っていると、上半身と下半身の動きの連動が一緒のため、相手に簡単に次の動きが読まれてしまいます。

また相手がフェイントをかけたら、簡単に自分は方向転換が効かない走りになっているので、相手に抜かれやすくなってしまいます。

球技では「上半身は動かず下半身だけが動く」(捻って別の方向に動きだしをいれる)、「下半身は動いていないのに上半身が動く」(フェイントをいれる)、等、上半身と下半身が別々の動きをしながら走るフォームに迫られます。

この動きに慣れることがプレー中のスピードの向上を担うのです!

普段どういうトレーニングをしたら良いか?

まずラダー・・・「はしご」ですが、縄ばしごを地面に置くか、はしごの絵を地面に書いて行っていただいても大丈夫です。

はしごの目を使いながら

  • ジグザグに走ったり、
  • 上半身の向きはそのまま下半身をいろいろな方向に方向転換させらがら走ったり、
  • 折り返したり、
  • 横に走ったり

など様々な走りを「ます目」で行います。

上半身と下半身が別の動きを素早くできるようトレーニングして体の動きを慣れさせることはとても重要なトレーニングです。

次のページへ >

オススメ

YouTube Fitnetssfield
チャンネル登録者数1万人突破!

インストラクター&パーソナルトレーナー歴30年の野上が、ブログでは書ききれなかった情報をYouTubeの動画で分かりやすく解説しています。

\ チャンネル登録お願いします /

YouTubeチャンネルはこちら

-筋力トレーニング
-,

© 2020 Fitnessfield(フィットネスフィールド)