球技のスピード

強いシュートを撃てるようになる為には

サッカーで強いシュートを打つ方法

皆さんこんにちは

パーソナルトレーナーの野上です

今日はみなさんとのやりとりについて詳しくご紹介している日となっております(^^)

今日はこんなやり取りをご紹介したいと思います。

質問
質問なんですけど、サッカーにおいて、強いシュートを撃てるようになる為には、なにをするべきなのでしょうか?
野上鉄夫
股関節とひざ関節の「バネ」を鍛えること(プライオメトリックトレーニング)、体幹を「固める」トレーニングも必要です(^^)
質問
体幹は一般的なものでいいんですか?

それと、プライオメトリックトレーニングの具体例を教えていただけるとありがたいです

野上鉄夫
体幹はプランクなどの静的なものと動的なもの両方やりましょう(^^) プライオメトリックは最初はタックジャンプなどからでいいと思いますよ(^^)

というものです。

サッカーのシュートを強く打ちたい!

そんなサッカー少年のみならず、草サッカーをしている方もこのように考えている方多くいらっしゃるのではないでしょうか?

サッカーのキックやシュートと言っても実はいくつかのシュートやケースがあると思います。

まずボールが動いていない、いわゆるボールが「プレース」された状態から、助走をつけてける「フリーキック」があります。

しかし、同じプレースキックでも、PKのようなシーンのシュートでは、遠くにけるフリーキックとはややシュートのフォームが違います。

もっとコンパクトな(インサイドキックを使うケースもあるので)フォームになりますよね。

ドリブルしながらのシュートでも、ディフェンダーがいないフリーな状態でのシュートと、相手と競り合いながらシュートを打つ場合ではやはりフォームは色々変わってくると思います。

時にはディフェンダーを背負って振り向きざまにシュートを打つなんてシーンもありますよね(^^)

股関節のパワー

まず、フリーキックや、ドリブルからマークのいない状態でのシュートのようにフォームを大きくできる場合は、「股関節」を大きく使うことがポイントになります。

どうしてもシュートのシーンを思い浮かべると、ひざ下に目が行きがちですが、大きな出力を発揮するのは「根元」となる股関節周辺の大きな筋肉群になります。

これらが発揮した「パワー」を「ひざ下に伝達させていく」のが本来の理想になります。

そしてここでいう「パワー」とは「力×スピード」のことを指します。

高重量で行うスクワットやデッドリフトはたまた、シュートの動作に直結するレッグエクステンションというマシントレーニングでも、高重量&低速トレーニングばかりしていては「スピードを伴った力」を養うことはできません。

これらのトレーニングは「基礎筋力」を養うことと理解し、スピードトレーニングも併用して行きます。

特に「バネ」のように足の筋肉を使うのはとても大事な要素になるので、「プライオメトリックトレーニング」というジャンプ系のトレーニングも必要になってきます。

ジャンプをするという動作は瞬間的に「ひざ関節を伸ばす」動作になります。

シュートももちろん「ひざを瞬間的に伸ばす動作」ですので、この動作力を上げるのには必要なトレーニングになってきます(^^)

特にひざ下のバネに関しては、PKや相手と競りながらシュートを打つという「コンパクトなフォーム」の時には重要な筋力になります。

次のページへ >

オススメ

YouTube Fitnetssfield
チャンネル登録者数1万人突破!

インストラクター&パーソナルトレーナー歴30年の野上が、ブログでは書ききれなかった情報をYouTubeの動画で分かりやすく解説しています。

\ チャンネル登録お願いします /

YouTubeチャンネルはこちら

-球技のスピード
-,

© 2021 Fitnessfield(フィットネスフィールド)