ダイエット

「水太り」と「むくみ」とその対策について

女性俯く

皆さんこんにちは!

パーソナルトレーナーの野上です

今日は・・・・「水太り」について、お話ししたいと思います。

僕はよく「水は脂肪にならない」ということをお客様にも言いますし、つぶやいたりもします。

・・・・しかし・・・・

水を飲んでも「体重が増える」という方は・・・いますよね・・・

ここを否定するつもりはありません(^^;

水を飲んで「体重が増える」・・・

ある意味口から物を入れているので当たり前といえば当たり前です。

500mlのペットポトルの水分を飲み干せば、必ず500gは体重が増えているはずです。

問題は摂取した水分が体から抜けづらく、ずっと留まってしまう・・・

そんな場合を「水太り」と言えるかもしれないです。

「なんで水太りが起こるのか?」

人の体の中では水分と塩分が密接に連動しています。

海の中から進化してきた生物なので、海水に近い体液のバランスを陸に上がった今でも保持しているからです。

塩・・・僕らはナトリウムと表現することが多いですが、体のなかに抱え込んだ体液の量はナトリウムイオンの濃度によって増減します。

ナトリウムの濃度が低いと体液の量が減って脱水状態となり、逆に高ければ体液の量が増加し、いわゆる水太りの状態になります。

例えば、飲み会で大量に水分を摂取した場合、本来その水分は体外に排出されます。

しかしこれが翌日まで体内に溜まっているのは、同時に塩分も多く摂取することによって体内に水を留めているからなんです。

水太りを起こしやすい人の特徴は

  • スナック菓子が好きである
  • お酒が大好き
  • 濃い味付けが好き
  • 1日食事を控えると体重が元に戻る
  • よく喉が乾く

が挙げられます。

よく女性が「私水を飲むだけでも太っちゃって」・・・・

とダイエットの相談に来られる方多いですが、この場合、上記の項目を質問すると大抵当たっていたりします(^^;

しかも複数・・・いや全部の時もわりとありますね(^^;

飲み会の後、体重が一気に2kgからい増えて「どうしよう?」と相談に来る方も、ちょいちょいいますが、その場合「一回の飲み会で脂肪が一気に2kgも合成されるなんてことはありません」とアドバイスします。

だって、脂肪は1kg7200kcal・・・・

2kg増やそうとしたら14400kcal余剰にエネルギー摂取した計算となりますが、これを1日で余剰させる(特に1回の飲み会で余剰させる)のは、あまりに現実的ではありません。

そう言う方には「体内に水分が止まっているだけなので、今日はバッチリ汗をかいてください」とアドバイスします(^^)

汗をかくことによって塩分は放出されます。

そしてそのあとに水分を適度に補給しても、塩分が出ている状態なので水が体内に溜まることはありません。

脂肪を減らすのはわりと時間がかかる作業です。

したがっててっとり早く「体重を減したい」場合は、塩分の薄い食事をすることにより体内の余計な水分を放出し体重を減らすテクニックはとても有効です。

日本人は、その食生活上「塩分」の摂取が比較的多い民族です。

なので、少し塩を少なくしても健康上問題が出るという方は少ないと思います。

よろしければご参考にしてください(^^)

念を入れて書きますが、抜くのは「塩分」であって「水分」ではありません!

水分はできるだけマメに摂取することは大切です。

さらに激しい運動・スポーツをしている方は日常的に塩分の排出がされていますので、そういう方は、夏の汗をたくさんかく時期などは飴などで塩分を多く摂取するということは大切になってきます!

あくまで普段あまり運動をしていなくて、(むしろそういう方が塩分が体内に溜まって「水太り」になっていると思われる)、汗をあまりかいていない方向けのアドバイスだと思ってください(^^)

次のページでは水太りとよく間違えられる「むくみ」について色々とお話ししたいと思います!

次のページへ >

オススメ

YouTube Fitnetssfield
チャンネル登録者数1万人突破!

インストラクター&パーソナルトレーナー歴30年の野上が、ブログでは書ききれなかった情報をYouTubeの動画で分かりやすく解説しています。

\ チャンネル登録お願いします /

YouTubeチャンネルはこちら

-ダイエット
-, , ,

© 2020 Fitnessfield(フィットネスフィールド)