肩こり・腰痛・痛み

「脊椎分離症」、「滑り症」 「脊椎分離症」「滑り症」NSCAのエクササイズガイドライン

National Strength and Conditioning JAPAN

皆さんこんにちは

パーソナルトレーナーの野上です

今日は、僕の持っているパーソナルトレーナーの資格団体であるNSCAの各種腰痛に対するエクササイズガイドラインをご紹介したいと思います

「筋肉の挫傷をした場合のエクササイズのガイドライン」

まず、腰の筋肉を挫傷した場合のその後の動作の制限は、挫傷した筋肉によって決まります。

例えば脊柱起立筋を挫傷した場合は、腰部を反らすようなエクササイズは、まず厳禁になります。
(ハイパーエクステンション、バックエクステンション等)

また、通常の腰椎前弯を静的に維持しなければならないエクササイズ(ベントオーバーローイング、エレプティカルトレーナー等)は、筋肉の組織回復初期には避けるべきエクササイズとなります。

他に受動的な(外から力を入れるいれられるような)腰椎の屈曲(前屈)の動作は初期は禁忌となります。

要約すると、腰の筋肉を挫傷した場合、損傷初期は安静が一番となります。

その後は軽度の前屈ストレッチ(能動的な)からやがて身体を軽く反らすようなストレッチへと移行していきます。

それらが痛みなくできるようになったら徐々に軽度の有酸素運動で身体を動かす事に慣れていき徐々に軽度の筋トレをして、筋力のリハビリに進むと良いでしょう。

椎間板ヘルニアにおけるエクササイズのガイドライン

椎間板ヘルニアとは、腰椎の間にある椎間板が突出し、神経にあたり痛みやしびれを伴う症状の腰痛を言います。

まず、行なってはいけないエクササイズとして、まず普通の腹筋運動目・・・・

いわゆる「シットアップ」はちょっとお勧めが出来ないエクササイズなんです。

またニーツーチェストなども椎間板症の方はすこし遠慮した方がよいエクササイズです。

そしてスクワット、デッドリフト、すべてのロウイング系の種目も要注意だったりします。

では、どういったエクササイズがよいのかというと、マッケンジー法に代表される腰を少し反らしながら行なうストレッチが実は良かったりします。

また体幹部の筋力の強化に関しては、等尺性、いわば筋肉の長さを変えないで負荷をかける運動がおすすめだったりするんです。

痛みが出ない方ならプランク、サイドプランクなどがこれにあたります。

「脊椎分離症」と「滑り症」のエクササイズガイドラインについて

まず脊椎分離症とは、脊椎の一部分が分離してしまうことを言います。

滑り症とは脊椎が分離したことによって「タガが外れ」脊椎が前方に移動してきてしまう症状を言います。
IMG_3743.jpg

まず脊椎分離症と、滑り症の場合、やっては行けないエクササイズとして「腰椎を伸展する動作」は禁忌となります。

腰はあまり反らさないでくださいという事です。

エクササイズとしては、スクワット、ショルダープレスのような垂直方向に負荷のかかるエクササイズがダメになります。

ではどんなエクササイズが推奨になるかというと、ほとんどの「腹部エクササイズ」に関しては適用となります。

しかも特にクランチや、腹斜筋、腹横筋のエクササイズは推奨エクササイズなんです。

プランク、サイドプランク等も良いです。

また、腰椎を反らさないという前提でパランスボールでのスタビライゼーションエクササイズも推奨されています。

そして先程垂直方向に負荷のかかるエクササイズは禁忌と言いましたが、ウォーキング等の有酸素運動程度の負荷あれば大丈夫ですし、むしろ推奨されています。

ただし、全ての腰痛がそうですが、症状は個人個人違うので、推奨エクササイズであっても痛みが生じてきたのなら、すぐに、中止、さらに痛みのでない範囲にエクササイズを修正する必要があります。

脊椎分離症、滑り症の方はぜひ、ご参考にしながらエクササイズを進めてみて下さい。

色々書きましたがよろしければご参考にしてください(^^)

ではでは!

オススメ

YouTube Fitnetssfield
チャンネル登録者数1万人突破!

インストラクター&パーソナルトレーナー歴30年の野上が、ブログでは書ききれなかった情報をYouTubeの動画で分かりやすく解説しています。

\ チャンネル登録お願いします /

YouTubeチャンネルはこちら

-肩こり・腰痛・痛み
-,

© 2020 Fitnessfield(フィットネスフィールド)