ダイエット

ダイエットQ&Aの代表的なやりとりをご紹介

トレーナーやインストラクターについて

皆さんこんにちは

パーソナルトレーナーの野上です。

今日はコメントいただいた方に対しての対処を書かせていただこうと思います。

実際の指導事例は、みなさんにも勉強になると思います!

やりとりその1

今日ご紹介するのはこんなやりとりでした。

質問
こんばんは☆胸の周りや脇などを 鍛えると こじんまりになれますか?レディースLサイズの胸回りパンパン(笑)(^^) どんな筋トレがいいのですかね?
野上鉄夫
筋トレというより有酸素運動の方がオススメです。まず時間が許す範囲でジョギングやウォーキングをして脂肪をなくすようにしましょう(^^)
質問
でも 筋肉が少なすぎるので ドクターに筋トレする様に言われたんですけど 筋トレの後に 有酸素運動を入れたらいいですか?(^^)
野上鉄夫
はい(^^) 筋トレ後に有酸素運動は鉄則です(^^)

まず膝をついての腕立て伏せ、腹筋から始めてみてはいかがでしようか?(^^)

その後にウォーキングORジョギングを30分行いましょう!

筋トレの回数は体力次第です(^^)

質問
以前 痩せた時に サイズがSサイズだったのに体脂肪が 増えて↑なんだろ~と思ってたんですけど 意味が 理解できましたぁ(^^)

今回は アドバイスどーりに 筋トレ、ストレッチ、有酸素運動をしてるので 大丈そうですね(^^)♪

というものでした。

解説

今回はダイエット指導の模範となるようなやりとりでした。

まず「筋トレをすることによって胸回りなどがこじんまりとするか?」についてですが・・・・

基本筋トレというのは、脂肪を落とす直接的な役割は担いません。(間接的には影響あり)

まずサイズダウンを目的とする場合は「脂肪を減らす」ということを最大の目標にすべきです。

そして脂肪を直接的に落とすトレーニングはジョギングやウォーキング、自転車を代表とする「有酸素運動」になります。

食事のコントロールと有酸素運動の積み重ねで、1日に摂取したカロリーと動いて消費したカロリーに、マイナス(消費カロリーの方が大きい状態)をつくり、そのマイナス分を脂肪が燃えてカバーするという絶対的な構図を作り出すことが大事です。

よく筋トレをしてその部分が細くなると勘違いされる方多いですが、そもそも筋トレは「筋肉に負荷をかけて鍛えて大きくする」ことが根本的な目標のトレーニングです。

なので筋トレをして「筋肉のサイズダウンを図る」ということ自体にそもそも無理があるんです。

本来の効果と真逆の効果を期待してしまう方が実際とても多いです。

低い強度の筋トレでそれほど筋肉を追い込まなければ筋肉が太くなることありません。

しかしそれならいっそ有酸素運動レベルまで強度を落として消費エネルギーを稼いだ方がサイズダウンの効果が高いといえます。

ただし筋肉がついた方が、ダイエット後のリバウンドを防ぐ観点からはとても有効です。

したがって筋トレを併用しながら有酸素運動を行うことはとても大事なことです。

しかし、この方は筋肉がなさすぎて、医師に指導されて筋肉もついた方がいいというレベルです。

そこて家庭でできる膝をついた腕立てと腹筋で上半身の初歩的な筋トレを促し、下半身は有酸素運動自体で筋肉を動かしてもらうことをお勧めしました。
(腕立て伏せは体の前面を主に鍛えますが、ある程度背中側の筋肉も動員されるので超初心者には「上半身全般を鍛えるトレーニングといっていい」と僕は思っています)

医師に言われるほど筋肉かない方はおそらくこのレベルの筋トレでも相当きついでしょう。

また、筋トレの後に有酸素運動をすることは、筋トレによる

  • 成長ホルモンの分泌

と、有酸素運動による脂肪の燃焼効果を図るパロメーターの一つである

  • 遊離脂肪酸の分泌量

が、その逆の順番で行うよりはるかに「両方とも」高い数値を示すことがわかっています。

これは今や鉄板ともいえる代表的なトレーニングコースです。

したがって軽い筋トレ後30分程度の体力に合わせた有酸素運動を行うというのは、トレーニング初心者にはもっともお勧めなコースといえます。
(トータル4〜50分程度のトレーニングコースになります)

次のページへ >

オススメ

YouTube Fitnetssfield
チャンネル登録者数1万人突破!

インストラクター&パーソナルトレーナー歴30年の野上が、ブログでは書ききれなかった情報をYouTubeの動画で分かりやすく解説しています。

\ チャンネル登録お願いします /

YouTubeチャンネルはこちら

-ダイエット
-, ,

© 2020 Fitnessfield(フィットネスフィールド)