食欲のコントロール

女性の方が食欲を止められないのはなぜ?そしてお腹が減った時にどうする?

なんで女性の方が痩せづらいのか?

皆さんこんにちは!

パーソナルトレーナーの野上です

今日はお腹がすいた・・・

何か食べたい・・・

そんな「食欲」をテーマでお届けしたいと思います

「女性の方が食欲を止められないのはなぜ?」

レプチン

食欲についてですが、ある興味深いデータがあります。

それは「レプチン」というホルモンです。

これは脂肪細胞から分泌されるもので、脳の視床下部という場所に取り付くことで食欲を減退させ、脂肪の燃焼を促進してくれるというとてもありがたいホルモンです。

しかし、実はこのレブチンも万能ではありません。

どういうことかというと、太っている方というのはこのレプチンが太っていない方に比べて多く分泌されているんです。

あれ?食欲を抑えてくれるホルモンなのに、太っている人はそれが多く分泌されている?

なんかおかしくない? と思われると思います。

このレプチン、視床下部にある受容体にくっつくことで初めて食欲を減退させることができるのですが、この受容体の数・・・・

なんと太っていると減ってしまうのです!

この理由はまだわかっていないのですが、考えられていることの一つにホルモンというのは少量が体内に存在するだけでその力を発揮する性質をもっています。

これが大量に存在してしまうと、その効果が働きすぎないように体内で調整するのではないかと言われています。

この場合、レプチンが多すぎると食欲減退が激しくなりすぎて、生命維持に危険を及ぼすようなことになってしまうので受容体の数を少なくしているのではないかと考えられています。

皮下脂肪と女性

そしてこのレプチン・・・内臓脂肪ではなく、皮下脂肪から産生されています。

なにが言いたいかというと、女性と男性では同じ体脂肪率、体脂肪量であっても、皮下脂肪と内臓脂肪のつき方にそれぞれ傾向が違います。

女性ホルモンの多い女性は、脂肪を皮下脂肪の方に誘導します。

男性は、脂肪を内臓の方に誘引しやすい傾向にあります。

つまり女性の方が比較的皮下脂肪が多い・・・つまりレプチンの分泌が多い・・・

そしてレプチンが多すぎると受容体の数が少なくなって、シプチンがたくさん出ていても効果がすくなくなる・・・

このレプチンの効果が効くかどうかを専門用語で「レプチン抵抗性」といいます。

そしてこれが効かない状態を「レプチン抵抗性が高い」といわれます。

つまり女性の方がこのレプチン抵抗性高い・・・・

つまり食欲を抑えることができない状態になりやすいのです。

よく「別腹」というセリフを女性がよく使いますが、もしかしたらレプチンが効いていない状態なのかもしれません(^^;

もちろんこれはあくまで「傾向」の話で、男性の方で肥満の方にももちろん同様のことが言えます。

皮下脂肪が少ない方は、もともと食欲を抑制しやすく(レプチンが効きやすい)、脂肪が多い方は食欲が止めずらい(レプチンが効きにくい)という傾向にあるんですね。

皮下脂肪が多い方には、なんともやりきれない感じだと思いますが、この「負の連鎖」とでもいえる食欲と脂肪の連鎖を断ち切るには、「皮下脂肪を減らす」ということがもっとも近道といえるのです。

もうこうなると卵が先かひよこが先かみたいなレベルの話になりますが、そういう意味ではライザップを始めとする「短期ダイエット」も僕はあまり否定的ではありません。

とにかくなんでもいいから体脂肪を減らすことによって、レプチンが効く状態にすれば、その後の食事に関してもある程度食欲抑制の効果が期待でき、体型の維持が期待できるからです。

次のページではそんな食欲ですが、「お腹が減った時の対処」についてご紹介したいと思います。

次のページへ >

オススメ

YouTube Fitnetssfield
チャンネル登録者数1万人突破!

インストラクター&パーソナルトレーナー歴30年の野上が、ブログでは書ききれなかった情報をYouTubeの動画で分かりやすく解説しています。

\ チャンネル登録お願いします /

YouTubeチャンネルはこちら

-食欲のコントロール
-, ,

© 2021 Fitnessfield(フィットネスフィールド)