ダイエット

ダイエットの科学「消化管抑制ポリペプチド」と低インスリンダイエットの落とし穴

霜降りの神戸牛

みなさんこんにちは

パーソナルトレーナーの野上です

今日は「消化管抑制ポリペプチドって知ってる?」というテーマでお届けしたいと思います。

もうテーマを聞いて「なんじゃそりゃ?」と思う方がほとんどだと思うのですが(^^;

ダイエット的にはとても大事なことなので興味がある方は知っていても悪くないと思います。

消化管抑制ポリペプチドについて

「消化管抑制ポリペプチド」と一気に言われると、いきなり耳を塞いでそんな難しそうな単語覚えたくもないわい!と言いたくなる気持ちもわかります(^^;

しかし、ちょっと分解していくとわかりやすくなります(^^)

「消化管」・・・を、「抑制」・・・

ん? もしかして最近、特保とかで見る「脂肪の吸収を抑える」というやつ?

んー、まあ近いといえば近いかもです。

消化管抑制ポリペプチドとは脂肪が小腸から吸収される時に十二指腸から分泌される物質です。

どんな働きをするのかというと「脂肪」という最も高エネルギーの物質が身体に入ると、「超高エネルギー物質が入ってきたぞ!」と身体に知らせるサインを出します。

すると・・どうなるかというと・・・

消化管の機能を抑制させるのです!

つまり余分なエネルギーの摂取を抑える働きがあるのです。

油物・・例えば大盛りのカツ丼とかめちゃくちゃ腹持ちがいいですよね?

これはこの「消化管抑制ポリペプチド」の働きによって消化活動が減速するために起こることなのです。

おおっ! もしかして、それ薬にして飲めばめっちゃ痩せるんじゃないの?

なんて思われる方も多いと思いますが・・・・

やっばり世の中そんなにうまくいきません!(^^;

どういうことかというと、マウスの実験で、

  • 消化管抑制ポリペプチドを作ることのできないマウス
  • 普通のマウス

に高脂肪食を与え続けたそうです。

上記の流れだと「消化管抑制ポリペプチド」を作るこのできないマウスの方が消化管の働きを抑制してくれないわけですから、当然太りやすくなる・・・・

と誰もが思うと思いますが・・・

結果は全く逆のことが起こったそうです。

  • 「消化管抑制ポリペプチド」をカットしたマウスはそれほど太らず、普通のマウスの方が2倍以上太ってしまったそうです。

また他にも人間には様々な「食べるのを抑制する」働きがあります。

例えば人間が太ってしまった場合、脂肪細胞から「レプチン」という物質が多く分泌されます。

これは直接脳の摂食中枢に働きかけて「太っちゃったから食べるのをやめよう」と働きかけるありがたい物質です。

ちなみに肥満者はこの働きが弱い方が多いのです。

これもやっばりマウスの実験で、このレブチンの分泌がされないマウスに実験をしたところレプチンをカットしたマウスはめちゃくちゃ太ったそうです。

レブチンの効かない人間の肥満者と同じ様な感じです。

・・・しかし・・・・

この「レブチン」と「消化管抑制ポリペプチド」の両方をカットしたマウス(マウスかわいそうだな(^^; )に高脂肪食を与えたところレブチンだけをカットした場合より太らなかったそうです。

ん?

「消化管抑制ポリペプチド」って痩せ薬みたいなもんじゃないの?

なんでそれをカットした方が太らないの?

と思われるかもですが、どうやら長期的に高脂肪食を与えた場合「消化管抑制ポリペプチド」は、なんと「肥満を助長させる働きがある」ようなのです。

なのでこれを痩せ薬として逆に飲んだら太っちゃいますのでダメですよ!(^^;

(まあ、そんな痩せ薬ないと思いますが)

まあここでは「消化管抑制ポリペプチド」というものがあるんだな程度に覚えておいてもらえればと思います。

次のページではこの消化管抑制ポリペプチドとインスリンの関係についてご紹介したいと思います。

次のページへ >

オススメ

YouTube Fitnetssfield
チャンネル登録者数1万人突破!

インストラクター&パーソナルトレーナー歴30年の野上が、ブログでは書ききれなかった情報をYouTubeの動画で分かりやすく解説しています。

\ チャンネル登録お願いします /

YouTubeチャンネルはこちら

-ダイエット
-, , , ,

© 2020 Fitnessfield(フィットネスフィールド)