疲れ・疲労回復

疲労の科学「目の疲れ予防の基本」について

目の歪み

皆さんこんにちは!

パーソナルトレーナーの野上です

今日は「目の疲労」について書こうと思います。

ずっとパソコンやスマホをみていると「目が疲れたなあ」と思うこともしばしばだと思います。

目には「水晶体」というレンズがあり、両端についた毛様体筋という筋肉が厚みを調整してピントを合わせています。

そしてこの過程で自律神経が関わってきます。

どういうことかというと、交感神経が優位・・・・

要するに興奮しているような状態では、レンズが薄くなって遠くにピントが合いやすくなります。

逆に副交感神経が優位・・・

要するにリラックスしているときは、レンズが厚くなって近くにピントが合いやすくなります。

これは太古から、狩りの時には遠くにピントを合わせ、家族団欒の時には近くにピントが合うように習性づけられてきた為に起こる現象です。

しかし、現代では仕事中という交感神経が優位な時にパソコンやスマホ、書類など近くにピントを合わせている時間が長くなり、いわば自然と真逆な状態が目にのしかかっていると思っていただければいいと思います。

それじゃ疲れちゃいますよね。

なので「目が疲れている」と思ったときは、休憩を与えるのはもちろんのこと、少し遠くを見て、目の調整機能を元に戻すようにしていただく事がお勧めです!

瞬き

目の疲れに有効なのは・・・・・「瞬き」です。

目はまず「涙」から酸素や栄養素を取り込み、異物や老廃物を洗い流しています。

「いやー、最近涙腺が弱くって」

・・・・・なんてセリフを聞いたことがある方も多いと思いますが、この涙を出す涙腺どこにあるかご存知でしょうか?

目頭側にある細い穴・・・・いわゆる涙小菅から出ていると思われている方も多いと思いますがそれは違います。

この涙小菅は涙を鼻へ排泄するための管です。

涙腺とは、目の「外側の上」にあり、常に一定量の涙を流し続けているのです。

そして、その涙は目の下に一旦溜まります。

これを上にすくいだして角膜を含めた目全体に行き渡らせて、目の疲労回復に努めるのが「瞬き」の役目なんです。

目を閉じた時に下に溜まった涙をすくって目を開きながら目全体に涙を供給しているんです。

通常この瞬きの回数は概ね1分間に10〜20回ほどであると言われています。

しかしスマホなどをいじっていると、この瞬きは1分間に5〜6回ほどに激減してしまうのです。

また、パソコンやスマホに夢中だと上下に目が完全につむらない「空振り」の瞬きが増加する傾向にあります。

すると目の下に溜まった涙を完全にすくえない瞬きになるので、目に涙が行き渡らず角膜が栄養不足に陥ってしまいます。

もちろん涙が行き渡らないのでドライアイにも陥ります。

こうして常にストレスにさらされた目は、常に緊張状態となり、交感神経が優位になるので涙の分泌量自体も減ってきてしまいます。

このブログをご覧いただいている方のなんと80%以上の方が、スマホで読んでいただいているという解析が出ています。

(3つの解析ソフトの結果みんな同じなので間違い無いでしょう(^^) )

また、一つの記事を読むのに、これくらいの文の量だと1分程度で読み終えられると思います。
(書くのは1時間ほどかかるのですが(泣)

つまりこの記事を読んでいただいている間の1分間の皆様の瞬きは数回程度になっていることが予想されます。

ぜひ、このブログを読んだ後は、一度大きく目を閉じていただいく瞬きを数回ほど意識的に行っていただき、目全体に涙を行き渡らせて目を回復させてあげてください(^^)

次のページへ >

オススメ

YouTube Fitnetssfield
チャンネル登録者数1万人突破!

インストラクター&パーソナルトレーナー歴30年の野上が、ブログでは書ききれなかった情報をYouTubeの動画で分かりやすく解説しています。

\ チャンネル登録お願いします /

YouTubeチャンネルはこちら

-疲れ・疲労回復
-,

© 2020 Fitnessfield(フィットネスフィールド)