スポーツの為の筋トレ

一見間違ったフォームでトレーニングしていても実は効果がある?

スクワットの正しいフォーム

皆さんこんにちは

パーソナルトレーナーの野上です

今日は「一見間違ったフォームでトレーニングしていても実は効果がある?」という視点でお話ししたいと思います。

シットアップは足に効くから無駄?

たまに専門家の方々から「「腹直筋」を鍛えたい場合はシットアップよりもっと〇〇のエクササイズの方がよい」みたいなことをよく言われます。

もしくは腹筋にチャット効くフォームで行う事が大切とも言われることが多いです。

なぜそんな事を言われるかというと、シットアップをしたことがある方なら少なからずこう感じたことがある方も多いと思います。

それは腹筋より「足」に効いちゃうんですけど?・

・・っていうケースです。

確かに足に効いてるかもしれないです(^^;

「腹直筋」「だけ」により効かせたかったら、確かにもっといろいろ効果的な腹筋運動のやり方もあります!

でも・・でもですね・・・・

そんなに悪者にしなくてもいいんじゃない?

・・・・なんて思う事もしばしばです。

足に効いてしまうフォームというのは、身体を上げていく時に足首を固定してしまうと大腰筋、腸腰筋といった腰から大腿にかけてつながっている大腿を上げる時に使われる筋肉がかなり使用されてしまう事が原因の一つにあげられます。

腸腰筋

だからなんなの?

でもですね・・・・だからなんなの?って思う事もしばしば感じます。

そんなに腹直筋に「だけ」効くエクササイズが偉いのか?なんて思ったりします。

よくいるんですよ・・・こう言う事言うトレーナー・・・

「そんな腹筋じゃ本当の腹筋には効かないんですよ」・・・・・

って、したり顔でいう方・・・・(^^;

本当に「だからなんなの?」ってたまに思うんですよね(^^;

エクササイズというのはいろいろな目的があってしかるべきです。

腹直筋に「だけ」効かないエクササイズだとしても全体的な身体活動的な視野から見て、無駄なエクササイズなのか?といわれれば決してそんなことは言えないと思います。

いいじゃない!(^^)

腹直筋と腸腰筋の「両方を鍛えるエクササイズ」としてとらえれば!!

まったく腹筋に効かないエクササイズかといわれればそんな事はありません。

腹直筋繊維が伸縮していればちゃんとある程度は効いています。

足に効いていても、やってみればわかりますが「そういうふうに足に効くエクササイズ」って実はあんまりなかったりするのも事実だったりすると思います。

僕も傾斜をつけシットアップしとていると「足に効いてんなー」と思いつつ腹筋しています。

しかしそこはクランチやドローインとは別目的でとらえて「足と腹筋」の両方を鍛える貴重なエクササイズとして取り組んでいます。

怪我を誘発してしまう、まちがったエクササイズは論外としても無駄なエクササイズなんて実はないじゃないか?なんてよく思う事があるんです。

関連YouTube動画 腹筋だけに効くのがそんなに偉いの? そのフォームじゃ腹筋「だけ」に効かないよ? それが何か?

うちのジムのアルバイトスタッフからのご質問について

次にうちのジムのアルバイトスタッフからのご質問についてのやりとりについてご紹介したいと思いますす。

ちなみに、そのスタッフは大学でアメフト部のトレーナーもしているそうです。

質問
すみません。質問なのですが、うちのサークルのウェイトトレーニングで、ラットプルダウン を身体をかなり反らしたフォームでやっているのですが、これはダメですよね?
野上鉄夫
後ろに反動をつけるように反らしてやっているのですか?
質問
あんまり反動をつけているという感じではないですが、後ろにかなり角度が傾いてやっているんです。

しかもかなり重い重さで・・・

野上鉄夫
んー、ありといえばアリだし、なしといえばなしなんですが・・
質問
?
野上鉄夫
ウェィトトレーニング は、動作の延長線上の筋肉が使われます。

例えば、

  • 胸でも斜め上にあげるインクラインベンチブレスは、「胸の上部」を、
  • 真ん前にあげるフラットなベンチプレス は「胸の真ん中」を、
  • 下の方に押すデクラインベンチプレス は胸の下を鍛える

んです。

質問
それと背中との関係は?
野上鉄夫
つまり、背中も、

  • 上から引っ張るラットプルダウン は「背中の下の方の広背筋」を、
  • 前から引っ張るシーテッドローだと、背中の真ん中を、
  • 下から引くベントオーバーローは背中の上の方を

鍛えるんですけど・・・・

アメフトのために、色々な筋肉をつけたくてわざと「普段できない角度に引く」ということで背中をわざと反らして色々な筋肉をつけたい!という目的でやっているのなら「アリ」です。

でも「ただ重いものを引くためにちょっと反動をつけてそういう角度で引いている「だけ」なら「無し」です

「アリ」の場合では同じラットプルダウン でも「身体を反らさない」ラットプルダウンのフォームと「身体を反らしてわざと角度をつけて」やるフォームと両方やって入るはずです。

また他にもシーテッドローとベントオーバーロー、デッドリフトと色々な角度に引くトレーニングをして背中を多角的にトレーニングして「肉の山」を作っているはずだけど・・・

そこがちゃんと目的を持ってやっているかどうか「判別」する事がポイントだと思います

質問
次のトレーニングの時によく観察して、また、本人にも目的を確認してみます。

一見間違ったフォームでトレーニングしていても・・・実は効果がある?

ここで解説するまでもなく、このやりとりのまんまですね(^^)

さらに付け加えるのならそのラットプルダウン の回数が、1回から3回程度・・・・・

つまりめっちゃ重たい重さで反動をつけてトレーニングしているのか?

それとも回数を6回から12回くらいで、複数セット1分程度のインターバルで「筋肉に効かせながら」トレーニングをしているのか?

これでその選手がしっかり目的を持ってやっているのかどうか?がわかります。

もちろん「色々な筋肉を山のようにつけたい」ということでしたら後者が正解です。

前者は筋肉の肥大ではなく筋力アップのトレーニングです・・・(^^;

アメフトのような競技は一つの方向に強くて、筋肉もその方向にのみ強く出力できるだけではダメです。

まさに色々な方向に筋トレして「肉の塊」のような筋肉のつき方をしていないと怪我に直結します。

そのためには「色々な種目」をトレーニングすることはとても大切です。

しかしそもそも「そういう目的」を持ってさらに「正しいトレーニング内容」でトレーニングをしているのか?

それともただ単に「なんとなくやっている」のか?

これがそのスポーツにとって有益なトレーニングなのか?いまひとつそうでないのか?の分かれ道となります。

ぜひみなさんも「正しい目的」と「正しい内容」でトレーニングをするようにしてください(^^)

関連YouTube動画 このフォームダメですか? ジムで良く見るラットプルダウンあるある!!!

そしてちゃんと目的を持って、その延長線上の筋肉を鍛えたいと言うときは多少基本的なフォームから外れるのはありです。

身体をより細かく鍛えていきたい!という方は、ぜひご参考にしてください

このようにいろいろな所をいろいろとなやり方で鍛えていくのはとても大事な事だと思います。

とくに最近はファンクショナルトレーニングという、ちょっと複合的な動作を行なうエクササイズが非常に注目されております。

「ある特定の筋肉「だけ」を「特定のエクササイズ」で鍛えていくだけがエクササイズではない」という考え方が主流になりつつあります。

この考え方にはとても共感しますね。

筋トレ、有酸素、柔軟、ジャンプ系、いろいろなスポーツ系・・・

いろいろ鍛えていく事がとても大事に思えたりしています。

もちろん、そのエクササイズを行なう「目的」はしっかりと見定めて行なう必要があり闇雲におこなうのはお勧めできません。

しかし、しっかりと目的をもってやっていただければ、あまたあるエクササイズはすべて「あり」だと思います。

最初に紹介した「足に効いてしまう腹筋」についても、いろいろな体幹運動のバリエーションの一つとして捉えてもらいたいと思います。

そしてそのなかのバリエーションの一つに「普通に行う腹筋(シットアップ)」トレーニングをもれてみて下さい(^-^)

色々と書きましたが、よろしければご参考にして下さい!

ではでは!(^^)

オススメ

YouTube Fitnetssfield
チャンネル登録者数1万人突破!

インストラクター&パーソナルトレーナー歴30年の野上が、ブログでは書ききれなかった情報をYouTubeの動画で分かりやすく解説しています。

\ チャンネル登録お願いします /

YouTubeチャンネルはこちら

-スポーツの為の筋トレ
-, ,

© 2021 Fitnessfield(フィットネスフィールド)