体幹トレーニング

体幹の科学!「横隔膜呼吸と体幹安定性」について

呼吸と体幹

皆さんこんにちは

パーソナルトレーナーの野上です

今日は「横隔膜呼吸と体幹安定性」というテーマでお届けしたいと思います。

今日は・・・・・難しい?・・・・

・・・・かもしれません(^^;

できるだけ噛み砕いて説明していくつもりです!!(^^;

まず、呼吸です!

ヨガをやられている方・・・・呼吸法を散々やらされると思います。

空手でも「息吹き」と言って、呼吸を腹の底から吐きながら体幹を固定させる呼吸法をやらされると思います。

体幹インナーマッスルトレーニングの基本「ドローイン」も大きく息を吐いて、お腹を凹ますトレーニングです。

このように呼吸とスボーツやトレーニングって、かなり結びつきは強いです。

呼吸法なんて何の意味があるの?

なんて思われるかもですが、そもそも人間は呼吸をしなければ生きていけません!

そしてこの呼吸は「体幹の安定性」と、実はかなり深い関係性があります。

「横隔膜」

呼吸は横隔膜の動きと連動して行われます。

では横隔膜と体幹の安定にはどんな関係があるかですが・・・・

とある研究では慢性腰痛18名と腰痛のない29名を対象に、通常呼吸中及び通常呼吸を行いながら外的負荷に抵抗して行う上半身と下半身の運動中の測定を行なった結果・・・・・

  • 腰痛があるグループは、腰痛がないグループよりも「横隔膜の移動が少ない」ことが判明した

そうです。

また「横隔膜の位置がより高い位置ある」ことが指摘されています。

研究者(Kokar)らによると

  • 横隔膜の呼吸運動は、その安定化の働きと同時に起こる
  • 横隔膜の身体安定化機能が弱い人は、この「呼吸」と「同時性」に障害があり、脊椎文節への過剰な負荷が生じる

と述べています。

・・・・難しいですね(^^;

これを噛み砕くと

呼吸と横隔膜の動きの連動がうまくいかないと、体幹に過剰な負荷がかかりやすくなる!!

という感じでしょうか・・・

別の研究者(O`Sullivan&Beale)によっても、

  • 痛みのある被験者はコントロール群に比べて呼吸率が上昇し、横隔膜の動きが少ないことが示された

そうです。そして痛みのない群は、横隔膜の動きは最大限まで移動(稼動)していたそうです

別の研究では

  • シャベルを持って雪かきする動作をする際、腰背部への負担と呼吸の負担が同時に起こった場合、脊椎に提供されるべき支持力が減少する

ことが指摘されています。これらが何を示しているか?ですが・・・

身体は安定性よりも呼吸を優先するということです。

どういうとかいうと、十分に鍛えられていない運動組織にとって、安定性に大きな変動が生じると体幹の固定が一時的に失われます。

しかし、十分に鍛えられた運動組織を持つ人は呼吸と脊椎の安定化という二つの課題に同時に対応ができます。

その結果、体幹の固定( 安定)にはあまり大きく変化しないそうです。

簡単に言えば、運動不足の人は、呼吸の要求が高まると横隔膜の姿勢支持活動が低下して呼吸を優先させます。

またトレーニングを積んでいる方も、高強度の運動中になり呼吸が苦しくなると、脊柱のコントロールは二の次になり脊椎構造損傷の危険性が増加し、姿勢のコントロールが難しくなります。

そして最適な呼吸パターンが横隔膜の姿勢安定化能力を向上向上させる可能性があります。

アスリートは呼吸法の向上により、コアスタビリテイの減少を抑制しながら活動を延長しトレーニング強度を高めることができるとされています。

次のページではそんな呼吸のパターンについて色々とお話ししたいと思います。

次のページへ >

オススメ

YouTube Fitnetssfield
チャンネル登録者数1万人突破!

インストラクター&パーソナルトレーナー歴30年の野上が、ブログでは書ききれなかった情報をYouTubeの動画で分かりやすく解説しています。

\ チャンネル登録お願いします /

YouTubeチャンネルはこちら

-体幹トレーニング
-,

© 2020 Fitnessfield(フィットネスフィールド)