スピード・アジリティ

スピードアップ 「トップスピード」を上げるトレーニングに切り込む!

スプリント(短距離競争)

皆さんこんにちは!

パーソナルトレーナーの野上です。

今日はスピードアップをテーマにお話ししたいと思います。

スピードアップには主に2つの重要な要素があります。
それは「加速」と「トップスピード」です!
基本的にはこのどちらかがかけていても、スポーツシーンに於いては不利になる事は間違いないと思います。

アシステッドスプリント

まず基本から・・・・!

加速局面に対しての有効なトレーニングの代表選手として「レジスティッドスプリント」というものがあります。

これは要するに「坂道を「駆け上がる」ダッシュ」のことを言います。

坂道という抵抗( レジスタンス)を筋トレ的に利用して、筋力アップをはかり、「加速力」をつけるトレーニングとして広く知られているトレーニングです。
いろいろな競技の練習に取り入れられていると思いますし、プロ野球やプロボクサーの練習風景にもよく出てきますよね(^^)
他にも、人が後ろからやや引っ張って走るような抵抗のかけ方もあります。

これはレジステッドトーイングと言います

つづいて「トップスピード」を高める練習の代表選手は「アシスティッドスプリント」という練習方法です
これは要するに「坂道を「駆け下りる」ダッシュ」のことを言います。
坂道を利用して駆け下りる事によって、いままでに出せる事の出来ない領域のスピードを傾斜という「アシスト」を使って出す事により、「トップスピードの向上」を目指すトレーニング方法の代表選手なんですね。
速い選手に引っ張ってもらうようなやり方もあります。

これはアシステッドトーイングと言います

これは、陸上競技の短距離選手なら、この練習をした事のある方も多いと思います。

でですね、この「レジスティッドスプリント」と「アシスティッドスプリント」は、本当に「加速力向上」「トップスピード向上」の万能とトレーニングなのか?
という、ちょっとディープなネタを話して行こうと思っています。
こういうフリをすると、答えは予想出来ると思いますが、実は万能といわれれば「NO」なんです(^^;
それは何故なのか?

「坂道」のトレーニングにおいて

最大の難関は、その坂道の「傾斜角度」は本当に適正なのか?という問題が浮上します。
下り坂を疾走するアシステッドスプリントからですが、実はこれを研究したデータがちゃんとあります。
諸説あるものの、アシステッドスプリントに使う計尺角度はおおむね2%から7%の傾斜が実験データによる推奨範囲の限界です。
ただし、3%を超えると、傾斜の助けによるストライドのスピードの向上はあがらなくなり、ストライドの長さのみが長くなる傾向になります。
そうすると一歩一歩にかえってブレーキがかかる可能性が高いのです。
そのためアシステッドスプリントで利用される傾斜角は2〜3%程で実施していただくのが無難かも知れないです。

次に加速力向上のためのレジステッドスプリント、いわゆる坂道を駆け上がるトレーニングの傾斜角の推奨格です。
まず、ランニングフォームを変える事なく加速力をあげられる角度は、スタート能力と加速に関しては8%という急勾配が推奨です。
またスピード及びスピード持久力の向上に関しては、1〜3%の傾斜角を、また、3%の傾斜角は股関節の筋力向上にもとても有効的であるというデータがあるのです。

でですね・・・・ここで問題が・・・・・
みなさん、傾斜の角度を計測できる機械ってもってますか?
ちなみに僕は持ってないです(苦笑)
普通の人はもってないですよね?
そしてもうひとつ問題が・・・
そんな都合のいい角度の傾斜が必ず身の周りにあるのか?ということです。
よし!今日はスタートダッシュの練習のために8%の傾斜てトレーニング!
次の日はトップスピードの為にぴったり3%の傾斜でトレーニング!!
なんてできますか?
坂道は自然がつくりだすものて、坂道の間でも微妙に傾斜角度は変化するのが普通です。
また、ある程度の距離(とくにダウンヒル)が必要ですが、そんな都合のいい話が日本全国にどこにでもあるのかというと微妙ですよね。
さらに、山の地域の方は、冬は雪になってしまう方、とても多いですよね?
坂道トレーニングどころではなくなってしまうなんて方、実は多いのではないでしょうか?
これらが、坂道トレーニングの有効性を知りつつ、そりトレーニングが万能かのようには利用できない理由なんです。

そしてここで一つ補足が・・・。

「アシスティッドスプリント」ですが、スプリントをアシスト・・つまり「補助」してくれれば実はどんなトレーニングOKなのです。

次のページでは坂道トレーニング以外の「アシスティッドスプリント」をご紹介していきながらこの問題に切り込んで行きたいと思います!

次のページへ >

オススメ

YouTube Fitnetssfield
チャンネル登録者数1万人突破!

インストラクター&パーソナルトレーナー歴30年の野上が、ブログでは書ききれなかった情報をYouTubeの動画で分かりやすく解説しています。

\ チャンネル登録お願いします /

YouTubeチャンネルはこちら

-スピード・アジリティ
-,

© 2020 Fitnessfield(フィットネスフィールド)