疲れ・疲労回復

「疲労」と「体の歪み」と「噛み合わせ」の密接な関係

噛み合わせと健康の関係

皆さんこんにちは

パーソナルトレーナーの野上です

今日は「疲労」と「噛み合わせ」の密接な関係 というテーマでお届けしたいと思います。

身体の不調と噛み合わせというのは、一見何の関係もないようでいて、実は結構密接に関係したりしているものです。

顎を動かす筋肉は主に「開閉口筋」と言われる筋肉ですが、それ以外でも実は100を超える筋肉が動員されています。

そのためそれらの筋肉を動かす神経も無数に存在し、それらが組織的につながって連携されています。

しかし、噛み合わせが悪かったり、顎の位置がずれていると、それに近い位置にある頭蓋骨や脛骨は大きな影響を受けます。

もちろん顎を動かす無数の神経らも影響を与え、時に偏頭痛や、肩こり、首の痛みの原因にもなったりします。

人はバランスを「頭」で調整する

右利きの人の重心は自然に左に偏りやすいということをご存知でしょうか?

これは、右利きの人が腕を横にあげた場合を例にとると、当然このときは腕の重み分右側に重心が傾きます。

すると人間は自然と体幹部分の重心を左にずらして全体のバランスをとるようにします。

右利きの方は右腕を上げる機会がどうしても多いので、自然と身体はバランスをとろうと左に重心を傾ける機会が多くなります。

うちのクラブの体組成測定器BOCAでも、傾向的に左右の足の筋肉量は左足の方が多い方が多いです。

そして、人はこのバランスの悪さを最後に首から上の頭の部分で調整するものなのです。

頭部というのは重量があるのでちょっとした動きでも姿勢や重心の揺らぎ、傾きを調整することができます。

そしてこの頭部ですが咀嚼する部分・・いわゆる顎周りにはとても強い筋肉が集まっています。

ワニもライオンもそうですが、生命に直接関わる「噛む力」は身体のどの部分よりも強力だったりします。

したがって、この部分には自分で想像する以上の筋肉がありかなりの重量を有しています。

この「下顎」の重みをバランサーとして巧みに使いこなして、人は直立二足歩行のバランスをキープしています。

IMG_4816.jpg

  • 姿勢が悪く、重心に極端な偏りがあったりすると自然と「噛み合わせ」は悪くなる傾向にあります。
  • 逆に噛み癖などにより「噛み合わせが悪い」と姿勢や重心に悪影響を与えることもあります。

噛む

噛むという行為は、当然ある種の「運動」です。

顎の「筋肉」を「脳からの指令」で動かしているのは、他の運動と基本何ら変わりません。

使っている筋肉か胸か足ではなく「顎」に変わっているだけです。

そして他の運動がただ闇雲に筋肉を動かしているのではなく、脳でその動きを精密にコントロールされているのと同様、「噛む」という行為もその強弱を食べ物の硬さによって脳からコントロールされながら行っています。

美味しいものを食べている時はそんなこと気にしないで食べているのが普通だと思いますが(^^;

ちょっと難しいことを書くと、咀嚼を反射的にコントロールしているのは「三叉神経」と言われるものです。

神経は外界の環境変化を感じる知覚神経と筋肉などに脳の指令を伝えて思い通りに動かす運動神経に大別されます。

三叉神経は左右12対あり、知覚神経と運動神経をミックスしたものです。

知覚神経は頭部の皮膚全体に広がり、運動神経は顔面の筋肉を支配して咀嚼や表情を司ります。

知覚神経として働く神経細胞が食べ物の硬さを感知し、運動神経として機能する神経細胞が咀嚼の度合いを調整します。

このいろいろ複雑な作業をしている三叉神経を司るのはもちろん「脳」なのですが「噛み合わせ」が悪いと咀嚼の制御が大変になり、三叉神経を介して「脳にストレスが蓄積」されてしまうのです。

ちなみに、「姿勢」と「重心の制御」も知覚神経と運動神経の協調によって行なわれます。

咀嚼の異常で脳にストレスが溜まると、知覚神経と運動神経の連携が崩れて、全身の歪みにつながりやすくなります。

ほぼ無意識に行われている「咀嚼」ですが、知らず知らずのうちに静かに脳にストレスを溜めるケースがあると言うことなんですね(^^;

ちなみに余談ですが、顔面の筋肉は「内臓筋」とも言われ、内臓の不調も出やすくなります。

次のページへ >

オススメ

YouTube Fitnetssfield
チャンネル登録者数1万人突破!

インストラクター&パーソナルトレーナー歴30年の野上が、ブログでは書ききれなかった情報をYouTubeの動画で分かりやすく解説しています。

\ チャンネル登録お願いします /

YouTubeチャンネルはこちら

-疲れ・疲労回復
-, , , ,

© 2020 Fitnessfield(フィットネスフィールド)