ストレッチ・柔軟

身体が柔らかいとスポーツパフォーマンスは必ず上がる?の誤解について

ラダートレーニング(階段トレーニング)について

身体が柔らかいとスポーツパフォーマンスは必ず上がる?の誤解について

みなさんこんにちは

パーソナルトレーナーの野上です。

今日はスポーツにおけるストレッチの危険な側面をご紹介したいと思います。

危険といっても怪我の危険とは違います。

パフォーマンスの低下という意味での危険です。

今日はこの点についてご紹介していきたいと思います。

スタティックストレッチ

スタティックストレッチというストレッチがあります。

これは静的ストレッチといって、じっとしながらゆっくりと関節稼働域を広げる事を目的とするストレッチです。

かなりポピュラーな、一般の皆さんがストレッチと効けばまず一番に想像するストレッチだと思います。

で、なにがパフォーマンス低下かというと、この「ゆっくり」という所がキーワードなんです。

なぜ「ゆっくり」行うのかというと勢いをつけて筋肉を伸ばそうとすると「伸張反射」という反射がおこり筋肉を収縮させようとする働きが筋肉に起こってしまうのです。

伸ばしたいのに収縮しちゃ伸びる物も伸びないということで、この「伸張反射」を起こさない為に「ゆっくり」と筋肉をだましだまししながら伸ばしていきます。

これを続けて行くとどうなるかというと、筋肉をだましているわけですからそのうちある程度の筋肉の長さまで筋肉を伸ばしても「伸張反射がおきない」状態になってしまうのです。

ここが問題です。

つまり勢いをつけて筋肉を伸ばしても、急激な筋肉の収縮の反射が起きないということになってしまうんです。

これですね・・・・あまりスポーツのパフォーマンス上はよろしくなかったりするんですよね。

なぜなら、人の身体は通常どんな動作でもこの「伸張反射」をつかって動作しているからです。

イスから起き上がる時ですら「よいしょ」と一旦身体を軽く前方に倒して、背中やお尻を少し伸ばして軽い伸張反射を誘って、立ち上がるのが普通です。

どの筋肉もゆっくりとしか動かさないで伸張反射を伴わないで立ち上がろうとするとただ立ち上がるのだけでも神経をつかいながら立ち上がらなければなりません。

伸張反射って実はかなり大事です。

ジャンプの時なんてこれの塊で飛んでいるようなものなので・・・。

筋肉をスタティックストレッチばかり行っていると身長反射が鈍ってしまってパフォーマンスが落ちてしまうケースがあるんです。

実際めちゃくちゃ身体が柔らかい方って、その筋肉が伸長している時に、伸びている筋肉を反射的に収縮させるのが苦手な方ってけっこういたりします。

力の入れどころがわからないみたいになるんですが、これは伸張反射を誘因出来ないケースです。

ストレッチと怪我の関係について

柔軟性が高いと怪我をしづらいと良く言われますが、実はこれもある程度を超えて柔軟性が高まると逆に怪我のリスクが高まったり重篤化するケースも考えられます。

いままで伸びなかった領域迄筋肉が伸ばされた所で意図しない外からの強烈な負荷がかかって怪我をしたら、伸びきった所での受傷なので怪我の重篤化につながる可能性が高いのです。

バレエや、体操、相撲などの柔軟性が特別に必要なケースを除き「ある程度」の柔軟性の向上は大切ですが、過度に柔らかすぎる身体をもとめるかどうかは、いろいろ考えた方がいいです。

ぜひ皆さんがおこなっているスポーツにある程度必要な柔軟性はどれくらいか?というのを判断していただき、それに必要なストレッチを適量に導入してみて下さい

次のページへ >

オススメ

YouTube Fitnetssfield
チャンネル登録者数1万人突破!

インストラクター&パーソナルトレーナー歴30年の野上が、ブログでは書ききれなかった情報をYouTubeの動画で分かりやすく解説しています。

\ チャンネル登録お願いします /

YouTubeチャンネルはこちら

-ストレッチ・柔軟
-,

© 2020 Fitnessfield(フィットネスフィールド)